このエントリーをはてなブックマークに追加

森に生きるクマ|北信州飯山の暮らし

ずくなし暮らし 北信州の山辺から
その他 2020年07月13日

日本有数の豪雪地域、長野県飯山市へ移住した写真家・星野さん。里から森と山を行き来する日々の暮らしを綴ります。第6回は、森に深く関わっていくきっかけになった出会いについて。

文・写真=星野秀樹

 

 

ある日、森の中、クマさんに出会った。

そのクマは、沢筋に残った雪渓の脇で、なにやら新鮮なアオものを漁っていた。僕に気づいたか、気づかなかったか分からないけれど、もちろん「お逃げなさい」などとは決して言わず、やがてゆっくりと、対岸のヤブ斜面を登り始めた。

僕が鍋倉山の森へ本格的に通うようになったのは、2005年2月のこと。その2年前に、とあるスノーシューイベントが縁で、飯山へ足を向けるようになったのがそもそものきっかけだ。当時の僕は「自分の森」をあちこちと探し歩いている最中だった。まだ神奈川県に住んでいるころだったので、丹沢や富士山麓へ、時間を見つけては森探しに出かけたものだが、どうしてもしっくりくる森に出会うことはなかった。
結局僕が探していたのは、雪+森=ブナ、という公式だった。雪が好きで、森に興味があって、となれば選択肢はブナ林しかない。そこに縁が、鍋倉の森へと僕を導いてくれたのだった。
そうして出会ったこの森は、原生林ではない。手つかずの大自然などでは決してない。小さくて、人の暮らしの気配がして、だから、豪雪地帯なのに暖かい。人の暮らしと地続きの森の大きさが、心地よく、僕にはちょうどよい広さに感じられた。

小さな沢を挟んだ対岸の、ちょうど僕の目線の高さに落ち着いたクマは、周辺の笹ヤブを踏み固めると、ゴロリと横になって昼寝を始めた。時折大きく寝返りを打つ以外はほとんど動きもなく、ヤブの中で腰を据えて眺める僕も、思わず居眠りをしてしまう。
雪解けの沢音。ブナの若葉を揺らす風。目の前のヤブでさえずるミソサザイ。
森で、「今」を、クマと共有して過ごす贅沢。
この時、時間と空間のすべてが、僕とクマ、森のすべての物たちだけのものになった。

 

 

森に通い始めて3年もたったころ、しかし、心地よかった森の大きさが、なんだか地味で、面白みのないものに感じられ始めた。アラスカの原生自然を撮り続けた写真家の作品。カナダでガイドを始めた友達の話。そんなものが、地味なヤブ森に通う自分に、嫉妬や迷い、焦りを抱かせたのだった。
ちょうどそんな時だったのだ。
森で、クマに出会ったのは。

クマは昼寝を終えて、再び沢底へ下り始めた。自分の退路が断たれる危険を感じて、すぐに荷物をまとめて下山にかかったものの、すでにクマが、僕の向かう先で昼寝後の食事を始めていた。
さすがに危険を感じ、自分の存在を、手を打ってクマに知らせる。あまり驚かさないように、控えめに。しかしこちらの意に反し、ゆっくりと、堂々と、僕に向かって歩き始めた。
大きい。黒々と美しい毛並み。
もっと大胆に手を打ち、自己主張する。しかしクマは、不思議なほどに自分の存在を僕にさらしながら、さらにゆっくりと近づいてくる。
そして突然、何の前触れもなくクマは進路を変えると、急なヤブ斜面へと消えていった。

以来、僕は、つまらない嫉妬心を抱くことなく、この森に通い続けている。あんな大きな生き物を、この森が育んでいることを知ったから。小さくて地味だけれども、多様で美しい森であることに気づかされたから。
あの日アイツは、僕にそのことを教えてくれたのだ。

 

 

●次回は8月中旬更新予定です。

星野秀樹

写真家。1968年、福島県生まれ。同志社山岳同好会で本格的に登山を始め、ヒマラヤや天山山脈遠征を経験。映像制作プロダクションを経てフリーランスの写真家として活動している。現在長野県飯山市在住。著書に『アルペンガイド 剱・立山連峰』『剱人』『雪山放浪記』『上越・信越 国境山脈』(山と溪谷社)などがある。

歴史・文化
同じテーマの記事
紅葉の匂い|北信州飯山の暮らし
日本有数の豪雪地域、長野県飯山市へ移住した写真家・星野さん。里から森と山を行き来する日々の暮らしを綴ります。第9回は、関田山脈を彩る紅葉の話。
厄介でもあり、楽しくもあり…里で出会うケモノたち|北信州飯山の暮らし
日本有数の豪雪地域、長野県飯山市へ移住した写真家・星野さん。里から森と山を行き来する日々の暮らしを綴ります。第8回は、家の天井で、畑で…里のそばに現れるケモノたちの話。
小さな村の、小さな祭り|北信州飯山の暮らし
日本有数の豪雪地域、長野県飯山市へ移住した写真家・星野さん。里から森と山を行き来する日々の暮らしを綴ります。第7回は、村のお祭りについて。
山菜とソウルフード|北信州飯山の暮らし
日本有数の豪雪地域、長野県飯山市へ移住した写真家・星野さん。里から森と山を行き来する日々の暮らしを綴ります。第5回は、春から初夏の食卓に並ぶ山菜の話。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。