このエントリーをはてなブックマークに追加

秋山に向けて準備をしよう! 「新しい登山様式」での秋山登山のポイントは?

好日山荘おとな女子登山部 リレー連載
基礎知識 2020年08月30日

いよいよ山の秋が近づいてきました。コロナ禍で「新しい登山様式」が求められるなかで迎える秋山。何に注意したらよいのでしょうか。好日山荘おとな女子登山部のなっちゃんが、秋山に向けた準備について、教えてくれました。

 

こんにちは、おとな女子登山部なっちゃんです。7月末にようやく梅雨が明けたと思ったら、夏山ハイシーズンもあっという間に過ぎ去ってしまいましたね。

みなさんは今年の夏はどこの山へ登りましたか? 私は体調管理や感染症対策を意識しながら、近場の里山をハイキングして楽しみました。

なみへ~と一緒に東京都・御岳山のロックガーデンを散策


毎年、「夏が終われば登山もおやすみ・・・」という声も耳にしますが、秋の山登りにも魅力がいっぱいあります!! 「食欲の秋」ということでご飯もより美味しく感じますし(笑)、夏とは違った景色も楽しめます。

関東からは日帰りでも楽しめる北アルプス・焼岳の紅葉も見事です!


その一方で、夏山とは違うリスクもあります。事前に夏山・秋山の違いをしっかり確認して、行動予定や装備を見直してみましょう!

 

夏山と秋山の違いは?

①日照時間が短い

「秋の日はつるべ落とし」ということわざの通り、これからの時期は日に日に日照時間が短くなってきます。日の出は遅くなり、日の入り時刻は段々と早くなります。

秋シーズンはアルプスなどの高山ではなく、近場の低山へ登る方も多くいらっしゃるかと思います。夏山では何気なく歩いていた樹林帯や谷筋も、日照時間の短い秋には15時過ぎにはとても暗く感じます。日照時間が短いことを考慮し、コースタイムに無理がないか確認も必要です。

背の高い樹林帯の北八ヶ岳。暗くなるのが早く感じます


その為、必需品であるヘッドランプは特に忘れないよう準備して頂きたいアイテムでもあります。出発前には、故障していないか・電池は入っているか・予備の電池はあるか・・・等、しっかり確認しましょう。

私はメインのヘッドランプに加え、予備のヘッドランプもエマージェンシーキットに入れています。万が一ヘッドランプが故障してしまった時に、十分な準備があると安心です。備えあれば憂いなし、ですね。

最近では、充電池が標準装備のモデルもあります

 

②気温の低下、天候の急変

秋は台風や秋雨前線による大雨が多いシーズンです。

さらに、日照時間が短くなるにつれ、気温も低下し、天候が急変しやすく、冷たい雨が降ることもあります。北アルプスなどの高山では10月に入れば降雪することも。

10月上旬の北アルプス。気温が低く、朝方には霧氷ができることも


日中は夏のような陽気でも、天候が崩れて雪が降ってくることもあるので、事前に天気図の確認や現地の情報を聞いて防寒着などの適切な装備の準備も必要です。

山行計画をたてる段階でも、防寒着やエマージェンシーグッズの準備・無理のないコースタイム計画・エスケープルートや避難場所の確認をしておくとより安心ですよ。

 

コロナ禍での「新しい登山様式」とは?

みなさんも日々の生活で、感染症対策に気をつかわれていることと思います。新しい生活様式における日々の生活を充実させるために、心と身体をリフレッシュできる登山・ハイキングを楽しみたいですよね。好日山荘では、安心・安全・快適な山歩きを楽しむための「新しい登山様式」を提案しています。

その中から登山へ出掛ける際のちょっとしたアドバイスをご紹介いたします。

 

①「早出早着」で出掛けよう

登山の基本である「早出早着」ですが、いつもより少し早く出発して混雑しない時間帯に登るのがおすすめです。電車やバスの時間には左右されますが、自家用車で行ける近所の低山ハイキングなどは少し薄暗い時間からスタートするのも狙い目です。

ヘッドライトをしっかり装着し、薄暗い中のスタート。日が昇って行くと共に標高を上げていくのも気持ちがいいですよ。

夜明けとともに歩き出してみましょう


ただし、人と時間をずらすということは、人が少ないというリスクも出てきます。

例えば・・・

  • 登山道を間違えないよう地図の用意、歩きながらのルートファインディングをする。
  • 万が一ケガをしたときは、自分自身で応急処置ができるようエマージェンシーキットの装備を整えておいておく。
  • 秋に行動する熊との遭遇に注意。熊鈴やラジオで音を出して歩く、熊スプレーを準備する。

など、あくまで自分でリスク回避できるよう準備をしっかり行いましょう。

早出早着を推奨していますが、慣れている山や、ケーブルカーで下山ができるなど行程を短縮できるような山では、少しスタートを遅らせて歩くことで、「密」を避けることができます。

ケーブルカーを使って時間短縮! コースタイムが調節しやすくなります


私が8月に歩いた東京都の御岳山では、駅からのバスを1本遅らせたり、よく使われるコースとルートや時間をずらしたりすることで、お盆期間中にも関わらず、のんびり歩くことができました。

時差登山で楽しんだ御岳山のロックガーデン♪
まだ日の長い夏・ケーブルカーもあったので、あえて遅めにスタート


基本はあくまで「早出早着」ですが、山によっては、「時差登山」も有効ですので、使い分けましょう。

 

②装備の軽量化で安全登山

「新しい登山様式」では、普段の山道具に加えて、感染予防のための衛生装備が追加されます。必要なものは全て装備した上で、大きな負担にならないよう、ひとつひとつの装備の軽量化を考えてみませんか?

例えば、バックパックやトレッキングポールも、ひとつずつ見直せば、軽量化を図れます。

写真左:カリマー/リッジ30 (1,540g) 生地やハーネスの作りが全体的にしっかりとしている。
写真右:カリマー/ランクス28(960g) 軽量で高強度な生地を採用している。


同じブランドのバックパックでも、モデルが違えば2Lの差はあるものの、580gも軽くできます。

バックパック自体の重さに不安のある女性は、軽量モデルを選択するのもおすすめです。しかし、軽ければいいというものではなく、軽量モデルはパッドが薄くなる等仕様もかわってくるので、お店でしっかりフィッティングして身体に合うものを選んでくださいね。

写真左:LEKI/トレイルライトAS(約244g/1本) 従来のオーソドックスな形。シャフトの素材はアルミ。
写真右:LEKI/Black Series マイクロバリオカーボン(約204g/1本) 三段折り畳み式で軽量カーボンシャフトを採用


こちらも素材等を選べば1本約40gの軽量化が可能です。わずかな差に感じますが、使っていると手にかかる負担の違いが分かります。また、ご近所ハイクで使う場合、1本のみ使って軽量化させるのも手です。

折り畳み式は日帰りのバックパックにも収納できるので、電車での移動時や岩場や鎖場の通過でバックパックに外付けしないで済みます。引っかかる心配がないので、個人的にはとてもおすすめです◎

そのほかにも、バーナーやクッカーの素材、テントやシュラフなどの素材を見直すだけで少しずつ軽量化を積み重ねることができます。

無理のない範囲から、少しずつ軽量化してみてはいかがでしょうか?

 

③テント泊はベースキャンプ型で

今年の夏はテント泊デビューをした方がとても多かったように感じます。

テント泊の魅力については、前回、つじまいが力説してくれているので、ぜひそちらもご覧ください。

「新しい登山様式」として、おすすめしているのは「ベースキャンプ登山」です。

戸隠キャンプ場を拠点に、高妻山の登山


昨年までのような頻度で山に行けず、体力に自信がない・・・という方もいらっしゃると思います。そんな時は、いきなりテント泊縦走をするのではなく、ベースキャンプを拠点にして、山自体は日帰り装備で登ることをご提案します!

ベースキャンプ登山のおすすめフィールドは、好日山荘のホームページにも掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

過去に開催したおとな女子登山部の立山テント泊ツアー。雷鳥沢をベースキャンプに登山ができます


山の秋は近づいています。秋山に向けて準備し、安心・安全に紅葉登山を楽しみましょう!

紅葉の山情報、装備の情報は、お近くの好日山荘スタッフにぜひご相談くださいね♪

秋の尾瀬ヶ原は気持ちの良い気候で、のんびり歩けます♪
登山計画
教えてくれた人

なっちゃん(好日山荘おとな女子登山部)

埼玉県生まれ。学生時代にいわゆる「山ガールブーム」をきっかけに山登りを始める。好日山荘に入社してからは、アルプスのテント泊・雪山登山とどっぷり山浸りに。最近はハードな山行よりも、ゆったり楽しめる山登りにシフトチェンジ中。山登り+下山後の観光のちょい旅がマイブーム。好きな山域は尾瀬。
⇒おとな女子登山部メンバーはこちら

同じテーマの記事
冬こそ美味しい! 楽しい! 「山ごはん」を始めよう! 基本の道具や山ごはんのコツを紹介します
好日山荘おとな女子登山部によるリレー連載。今月のテーマは、山ごはん。初冬の低山ハイキングは、山ごはんにもピッタリ。おとな女子登山部あややさんに、山ごはんのコツを教えてもらいました。
コロナ禍で「山の力」が落ちてしまった私。山登りは「初心」に帰って
登山専門店・好日山荘の女性スタッフ有志による「好日山荘おとな女子登山部」。今回は、登山歴20年以上というニコさんが、コロナ禍での登山の中断とその後の復帰登山で経験されたことから、初心に帰って、安全に登山を楽しむことの大切さについて、教えてもらいました。
苦境に負けない!! 「安全・安心・快適」に小屋泊登山を楽しもう!
好日山荘おとな女子登山部によるリレー連載。今回は、コロナ禍での安全対策を考えながら、山小屋泊登山の楽しさや、山小屋活用のメリットについて、白馬岳への小屋泊登山の実体験を踏まえて、好日山荘名古屋駅前店勤務のもっちーさんが教えてくれました。
おとな女子登山部つじまいさん力説! 「女子のためのソロテント泊」のはじめかた
好日山荘おとな女子登山部によるリレー連載。今月は、好日山荘なんば店勤務のつじまいさんによる「女子のためのソロテント泊」。北アルプスから日本海まで、13日かけてソロでテント泊縦走した経験もあるつじまいさんに、「女子」「ソロテント」のためのはじめの一歩について、教えてもらいました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年11月25日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド
秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド ウールの弱点を克服したアンダーウエア「メンズ ソリューション150メリノベースレイヤー クルー」の機能とは?
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...