このエントリーをはてなブックマークに追加

雪山登山をお勧めしないタイプの人っているの!? 山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(4)

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
登山技術 2017年12月28日

向き不向きを気にすることはありますか? 普段は気にしていなくても、それが危険のともなうアクティビティ“雪山登山”であれば考えてみてもいいかもしれません。そこからみえる安全雪山登山とは?

雪山登山をお勧めしないタイプの人っているの!?

質問:
夏にはテン泊で縦走などを楽しんでいます。一緒に登山をしている友達を雪山に誘ったら「夏山はいいけど、雪山は別だよ。キミはボンヤリしていて危険だから、絶対に雪山はやめた方が良いよ!」と言われました。雪山に行くべきではない人・・・僕はそのタイプですか?

 

「雪山も行ってみたい!」という気持ちを行動に移そうとした矢先に身近な友人からのダメ出し、それはショックですよね。ボンヤリしていると言われたあなたは雪山に行くべきでない人でしょうか? その結論を出す前に“雪山ならではの危険を引き起こす要因”とは何か考えましょう。

 

 

まず厳しい寒さ。日中に陽が出ていれば気温が高い日もありますが、積雪があるので指先・足先からの冷え、冷気による寒さで体感温度は気温よりグッと低くなります。また内陸部でも標高の高い山では年に数回は気温がマイナス20度を下まわる日があり、長時間の山行となれば、それは寒いものです。

ふたつ目はルートファインディングの難しさ。日本の山、特に日本海側の標高の高い山は世界屈指の豪雪地帯です。ドカ雪が降れば一晩にして山の様相を一変させます。登山道が雪にすっぽり覆われる程の積雪量のときは地形や雪質を読み、安全なルートを見つけなくてはいけません。

危険を引き起こす主な要因はこのふたつ。他にもサポートの少なさ、雪崩の可能性、歩行の困難さなどあります。

雪山に向かない人がいるとしたら、例に挙げたような困難に対する想像力が欠けている人ではないでしょうか。「まさか、こんなに寒いとは思わなかった!」では遅いのです。美しい樹氷の森の写真を見て「行きたいなぁ」と思ったら、樹氷が形成される程の寒さ(-5℃以下の気温のとき風のあたるほうに大きく成長すると言われている)を想像し、その寒さへの対策について考える事が大切です。“不向き”と言われたあなたは大丈夫ですか?

また、僕が実際に会った人で雪山に連れていくには心配だと思ったタイプは、「凍結した斜面が続くけど大丈夫?」と聞いたときに「はい。アイゼンとピッケルを買ってきました。」と即答した人。冬山装備はもちろん必要ですが、それらは使いこなせなければ意味がありません。お金を出しても手に入らない、技術と経験こそが大切です。

とは言ってみたものの、絶対に必要なことは雪山を楽しむための“体力”“精神力”、それと“雪山へ行きたいという気持ち”。夏山を縦走して楽しむだけの体力があるのであれば、起こり得る状況を想定した準備をしっかりして、余裕をもった計画を立てることで、あなたも「雪山登山者」になれると思います。

教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
緊急時でも慌てずに判断を。雪山で下降路がわからなくなった時の行動は?
雪山、特に山頂付近で下降路がわからなくなることがあります。下山の方角が判らない、急斜面で自信が持てない時に、確信の持てないままやみくもに下山を強行するのはとても危険です。では、そんな時は、どのような行動をとったら良いでしょうか。
日没が早い秋に多い“下山遅れ”。下山できなくなった時は無理をせず、ビバークする選択も
日没が早い秋に多い“下山遅れ”。ヘッドランプを持っていたとしても、ライトの灯りでは周囲の状況を正確に把握するのは難しく、同時に、“下山不能”の可能性も高まります。では、本当に下山する道がわからなくなってしまった場合はどうすれば良いのか、山岳ガイドの山田さんに聞きました。
登山中でも自分の現在位置、方向を教えてくれる便利なGPS地図アプリ。その付き合い方を考えよう
昨今、登山の世界で必需品になったかのように見えるGPS機器。自分のいる位置・方向を教えてくれる便利なツールを多くの人が使っていますが、これがあれば地形図は不要? 今回は、GPS機器との付き合い方を考える。
地図を見ればいろいろな景色が見えてくる。登山に大切な「地図」の話
安全登山のためだけでなく、登山の楽しみを広げるためにも身につけておきたいのが「地図読み」です。今回は山岳ガイド山田さんに、かつての登山者と地図の関係と地図読みのはじめ方について話を伺いました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

雨のち晴
(日本気象協会提供:2018年12月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは?
軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは? 「山の道具研究者所 アウトドアソックス編」をリニューアル! 今回は登山スタイルに合わせた靴下の選び方を特集します。第一弾...
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 2017年の年越しを山小屋で過ごしました
2017年の年越しを山小屋で過ごしました ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
雪山の学び場、八ヶ岳へ
雪山の学び場、八ヶ岳へ バラエティに富んだコース、アルペンムード漂う山々、そして営業小屋。雪山を学ぶなら八ヶ岳がオススメだ。