このエントリーをはてなブックマークに追加

「リード」を安全に楽しむために心がけてほしい3つのポイント

山で必ず役立つ! 登山知識の処方箋
登山技術 2018年02月09日

「クライミング競技」の中で最も馴染みのあるのはボルダリングだが、登山者であればぜひ「リード」にトライして欲しい。今回はリードにトライする際の基礎的な注意点について説明する。

ますます人気高まる「スポーツクライミング」

2020年の東京オリンピックの正式種目に決まった「スポーツクライミング」。最近マスコミなどでスポーツクライミングが取り上げられる機会が急に増えてきました。クライミング施設も次々に増えて、今では全国のボルダリングジムの数も500を超えたとか・・・。

オリンピックのスポーツクライミング競技には、「ボルダリング」「リード」そして「スピード」の3種目があることは、皆さんご存じかと思います。

その中で皆さんにとって一番なじみがあって人気が高いのは、ボルダリングではないでしょうか。クライミングシューズとチョークバックさえあれば、一人でも楽しめるという手軽さが人気の理由かと思います。
一方、なじみの薄いのがスピードです。ただ、スピードは競技性が高いだけに、これから施設が増えてくると人気が高まることが予想されます。

そんな中で、ロープを使って2人で登るのが基本のリードは、これからスポーツクライミングを始めるという方にとっては、ボルダリングに比べると道具や技術の面で、ややハードルが高い種目です。

しかし、ボルダリングにはない「高さ」という魅力、そしてその高さを克服してこそ味わえる達成感があります。

登山の技術にも精通するものなので、正しい知識と技術を身につけて、ぜひリードを楽しんでほしいものです。

 

「リード」を安全に楽しむために心がけてほしい3つのポイント

そこで今回は、リードを安全に楽しむための3つのポイントを説明します。以下の3項目をしっかり行うことで、安全性は一挙に高まります。簡単なことですが、意外と忘れられがちなことなので、ぜひもう一度チェックしてみてください。

 

①登り始める前はお互いチェックをしましょう

登る人をクライマー、ロープをもって確保する人をビレイヤーと呼びます。登り始める前には、この二人でチェックをしあいましょう。
ロープが正しく結ばれているのか、装備の装着ミスがないか、ということを確認することを習慣にしましょう。

 

②ロープの末端には結び目を作りましょう

スポーツクライミングの場合、クライマーとビレイヤーが両端のロープをお互いに結びあうことはほとんどありません。
そこでビレイヤー側のロープの末端には、必ず結び目を作ります。何かの拍子に、確保器からロープがすっぽ抜けることがないようにしましょう。

 

③ビレイヤーは必ずグローブを着けましょう

グローブを着けることで、不意にロープが流れた際に、手の火傷を防ぐことができます。また、ロープ操作のミスが起きるリスクを軽減します。革製のしっかりしたグローブをお勧めします。

 

ちょっとしたミスが思いがけない怪我に結ぶつくことがあるスポーツクライミング。ぜひ、基礎・基本を身につけ、生涯スポーツとして、スポーツクライミングを楽んでみてはいかがでしょうか。

 

クライミング
教えてくれた人

長野県山岳総合センター

長野県大町市にある長野県立の施設。「安全で楽しい登山」の普及啓発を主目的に、「安全登山講座」と動植物・地形地質をはじめ山の自然を総合的に学べる「野外活動講座」を、年間約60講習開催。講習参加者のうち、長野県外の方が約6割を占める。

⇒長野県山岳総合センター

同じテーマの記事
冬本番、備えは大丈夫? 近年の雪山遭難事故の傾向から考える、雪山との付き合い方
雪山でしか行けない場所、雪山でしか楽しめない登山――。雪山は登山者のテリトリーは大きく広げる。しかし夏山と比較すれば、そのリスクも大きい。雪の性格を知り、安全登山を心がけよう。
始めましたか?「冬山に向けての準備」。雪が降る前から始まる冬山登山の計画
秋が少しずつ深まり、標高の高い山で初雪や初氷の声が聞こえてくる時期だ。冬の足音が少しずつ聞こえてきた今から、冬山の計画を立てておこう。冬山登山は、雪が降る前から始まっているからだ。
登山における判断能力とは? リスクとハザードの認識と自分の能力を知り、的確な登山行動を!
遭難事故のニュースが絶えない夏山シーズン、その原因はどんなところにあるのか? 登山中の安全を確保するために必要な「判断能力」について今回は説明する。
上手な水分摂取が、安全登山のカギ! 飲み方、摂取量、タイミングなど、熱中症にならない水分補給法
夏山で特に注意が必要なのが「熱中症」や「脱水症状」。山は平地以上に熱中症のリスクが高い場所。水分の取り方をはじめ、摂取量、水を飲むタイミングや予防策など、登山中の水の取り方について指南。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。