このエントリーをはてなブックマークに追加

「リード」を安全に楽しむために心がけてほしい3つのポイント

山で必ず役立つ! 登山知識の処方箋
登山技術 2018年02月09日

「クライミング競技」の中で最も馴染みのあるのはボルダリングだが、登山者であればぜひ「リード」にトライして欲しい。今回はリードにトライする際の基礎的な注意点について説明する。

ますます人気高まる「スポーツクライミング」

2020年の東京オリンピックの正式種目に決まった「スポーツクライミング」。最近マスコミなどでスポーツクライミングが取り上げられる機会が急に増えてきました。クライミング施設も次々に増えて、今では全国のボルダリングジムの数も500を超えたとか・・・。

オリンピックのスポーツクライミング競技には、「ボルダリング」「リード」そして「スピード」の3種目があることは、皆さんご存じかと思います。

その中で皆さんにとって一番なじみがあって人気が高いのは、ボルダリングではないでしょうか。クライミングシューズとチョークバックさえあれば、一人でも楽しめるという手軽さが人気の理由かと思います。
一方、なじみの薄いのがスピードです。ただ、スピードは競技性が高いだけに、これから施設が増えてくると人気が高まることが予想されます。

そんな中で、ロープを使って2人で登るのが基本のリードは、これからスポーツクライミングを始めるという方にとっては、ボルダリングに比べると道具や技術の面で、ややハードルが高い種目です。

しかし、ボルダリングにはない「高さ」という魅力、そしてその高さを克服してこそ味わえる達成感があります。

登山の技術にも精通するものなので、正しい知識と技術を身につけて、ぜひリードを楽しんでほしいものです。

 

「リード」を安全に楽しむために心がけてほしい3つのポイント

そこで今回は、リードを安全に楽しむための3つのポイントを説明します。以下の3項目をしっかり行うことで、安全性は一挙に高まります。簡単なことですが、意外と忘れられがちなことなので、ぜひもう一度チェックしてみてください。

 

①登り始める前はお互いチェックをしましょう

登る人をクライマー、ロープをもって確保する人をビレイヤーと呼びます。登り始める前には、この二人でチェックをしあいましょう。
ロープが正しく結ばれているのか、装備の装着ミスがないか、ということを確認することを習慣にしましょう。

 

②ロープの末端には結び目を作りましょう

スポーツクライミングの場合、クライマーとビレイヤーが両端のロープをお互いに結びあうことはほとんどありません。
そこでビレイヤー側のロープの末端には、必ず結び目を作ります。何かの拍子に、確保器からロープがすっぽ抜けることがないようにしましょう。

 

③ビレイヤーは必ずグローブを着けましょう

グローブを着けることで、不意にロープが流れた際に、手の火傷を防ぐことができます。また、ロープ操作のミスが起きるリスクを軽減します。革製のしっかりしたグローブをお勧めします。

 

ちょっとしたミスが思いがけない怪我に結ぶつくことがあるスポーツクライミング。ぜひ、基礎・基本を身につけ、生涯スポーツとして、スポーツクライミングを楽んでみてはいかがでしょうか。

 

クライミング
教えてくれた人

長野県山岳総合センター

長野県大町市にある長野県立の施設。「安全で楽しい登山」の普及啓発を主目的に、「安全登山講座」と動植物・地形地質をはじめ山の自然を総合的に学べる「野外活動講座」を、年間約60講習開催。講習参加者のうち、長野県外の方が約6割を占める。

⇒長野県山岳総合センター

同じテーマの記事
春をもたらす「春一番」。山ではその前後に、さまざまな危険が生じてくる
2月も中旬を過ぎると、春の話題が少しずつ増えてくる。その象徴的なものが「春一番」だ。街にいれば春一番は「暖かく強い南風」だが、雪山で吹く春一番は登山者に大きな危険をもたらす。春一番の際の登山の注意点について説明する。
来シーズンに向けてステップアップ! マイペース登高能力テストで登山体力をチェックしよう
冬を迎え、登山は一休みという人も多いと思うが、新年は来シーズンに向けて登山レベルをアップしてみてはいかがだろうか?
冬山登山の準備はできましたか? 冬山用具は購入後に扱い方の訓練をしっかりと!
アイゼン・ピッケルはもちろん、冬山用具は様々な種類・タイプがあり、まさに千差万別。その中でもアバランチギア(雪崩に対応した装備)は、扱い方の訓練をしっかり行わないと、まったく価値のないもになってしまうものです。
山を安全に歩くために必要な「バランス力」と「脚筋力」を確認して鍛えよう!
安全に登山を行うには、十分な体力・筋力が必要となるのは言うまでもない。ところで、登山に必要な筋力についてご存じ? 登山道を歩くために特に重要とされる「バランス力」と「脚筋力」について確認して、安全登山につなげよう。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2018年2月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「洗えるビデオカメラ」に高画質4Kモデルが登場!
「洗えるビデオカメラ」に高画質4Kモデルが登場! 【モニタープレゼント企画】防水・防塵・耐衝撃・耐低温が魅力のJVC「エブリオR」に、4K対応モデルのGZ-RY980が登...
NEW 『山と溪谷』誌面連動 歩き方講習会 開催!
『山と溪谷』誌面連動 歩き方講習会 開催! 『山と溪谷』3月号と連動の「膝を痛めない、疲れない歩き方講座」。3月に机上・実践の計3回開催。詳細はこちらから
NEW 雪・氷の登山道でゲイター付きブーツを試す
雪・氷の登山道でゲイター付きブーツを試す 山岳ライター・高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はスカルパのゲイター付きブーツを、長野県・御座山でチェック!
NEW 紅葉写真コンテスト2017 受賞作品発表
紅葉写真コンテスト2017 受賞作品発表 紅葉写真コンテスト2017に沢山のご応募をありがとうございました。361枚の写真から受賞作品が決定!!
NEW 梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
雪がたっぷりな今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪がたっぷりな今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう! 年が開けるごとに話題となる年号に関する山。今年は干支んお「犬」に注目。犬に関連する山に登る登山計画を今から考えておこう!
雪山入門に適した奥多摩の山々
雪山入門に適した奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、雪山デビューに最適。東京に雪が降った日は奥多摩を目指せ!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
雪が降ったあとは高尾山で雪遊び!
雪が降ったあとは高尾山で雪遊び! 都民の憩いの場の高尾山は、冬でも活気に溢れています! 雪が降った後は、雪山登山を楽しめるかも!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報