このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本3百名山ひと筆書き グレートトラバース3」に挑戦中の田中陽希さん。スタートから約1ヶ月。旅先インタビュー第1弾!

田中陽希さん「日本3百名山ひと筆書き」旅先インタビュー
その他 2018年02月10日

本年1月1日から、日本三百名山を歩き通す人力旅「日本3百名山ひと筆書き グレートトラバース3」に挑戦中のプロアドベンチャーレーサー、田中陽希さん。1ヶ月が経過し、今、どこでどんな旅をしているのか、お話を伺いました。田中陽希さんの挑戦を一緒に応援しよう!

POINT
  • 2月5日現在、8座まで到達!
  • 四季のある日本を体感! 九州でも山に雪が積もりました
  • 各地の「日本一」を、たくさん見つけました!!

こんにちは。田中陽希です。

――(編集部)旅のスタートから1ヶ月経過しました。コンディションはいかがですか? ――

疲れが出て筋肉の張りを感じることもありますが、故障はなく、体調は良いです。

2018年1月1日。屋久島の海岸から長い長い旅がスタートした

 

―― 竹島* からなかなか次に進めず、ハラハラしました ――

あのあたりの海に詳しい方から「この時期は1週間あっても数日しか安定した日がない」と聞いていました。これまで2回の百名山の旅では、ゴールの日程を決めていたので、こういう時に焦ってしまったり、精神的に疲れてしまったりしたのですが。今回は「スケジュールに縛られない」と決めていたので、落ち着いていました。まさか10日の停滞になるとは思いませんでしたけど。
行けるかなと思って、漕ぎ出したけど海が荒れて途中で引き返した日もありました。百名山の時、利尻水道のカヤック横断で怖い経験をしていましたので、安全を優先しました。停滞は長かったですが、竹島で得るものも大きかったです。

* 屋久島から鹿児島までカヤックでの海峡横断の際に経由する島

海が荒れてしまい竹島で10日間の停滞となった

 

―― 山はここまで8座* 。「三百名山」では、高隈山が初めてでしたね ――

2度目の山が多かったですが、季節が違うので新鮮でした。冬なので登る人も少なく、登山者に出会うことも少なかったです。
そのなかで、高隈山は、初めて登った「三百名山」の山でした。
未体験の山ですので、五感を通して山を感じようと思いながら登りました。複数のピークがある山なので、地元の方に話を聞いて、どう登ったら良いかを考えて、主要な7つのピーク全てに立つことにしました。一日で7つのピークに登る人はあまりいないそうですが、初めての山を全身で感じることができました。


初めての「三百名山」、高隈山では7つのピークすべてに登った(手に注目)

 

―― 雪の山にも登りました ――

これまでの2回の旅では、冬は歩いていなくて、その意味でも「日本の四季を楽しむ」というのが、今回のテーマでもあったのですが、九州でもこんなに雪が降るんだ、と改めて感じました。雪が降ったばかりの山、それも九州で体験できるとは思わなかったので、これまでにない体験になりました。

市房山の新雪で「雪パック」を楽しむ陽希さん(Instagramでは動画も見られます)

 

―― 各地の「日本一」を訪ねたいとも話していましたね ――

日本一の◯◯とか、日本で最初のとか、歩いているからこそ、目に入ってくるものがあります。ウミガメの産卵地、最南駅、最南の屋外アイススケート場、たい焼き、軽トラ市などなど…、こんなところにも「日本一」があるの? と楽しんでいます。
今日は宮崎県の椎葉村にいますが、ここにも「日本で最初の大規模アーチ式ダム(編集部注:高さ100m以上)」というのがありました。電力需要が大都市とは違うのに、こんなところに「日本で最初」ができたのか、と考えると興味深いです。 「自称」というのもあれば、正しい調査に基づくもの、歴史的に認められているものなど、いろいろですが、これからも「日本一探し」を楽しんでいきます。


今回の旅のテーマのひとつとして、各地の「日本一」を味わっている

 

―― 長い旅を楽しんでいる様子ですね。これからの抱負を聞かせてください ――

今回は、「ゴールの日を決めない」「スケジュールに縛られない」を念頭に、日本の山のよい姿を見ようと考えています。日本の山を通して、日本の風土や、山とつながる生活、季節の変化を感じながら、自分の旅を楽しんでいます。三百名山を一気踏破する挑戦であることは変わらないのですが、山と山の間は、最短距離ではなく、興味のあるところは寄り道しながら、進んでいきたいと思います。

火の国・熊本も峠でこの積雪! これも日本の自然の魅力

 

取材日:2018年2月5日
写真提供:グレートトラバース事務局

 

関連リンク

人力10,000kmの山旅。日本3百名山ひと筆書きに挑戦中の田中陽希さんを応援しよう!
もっと知りたいという方は、ウェブサイトで。
グレートトラバース事務局ウェブサイト
http://www.greattraverse.com/

 

まとめ (山名は「ヤマケイオンライン」の山の紹介ページへのリンクします)

宮之浦岳 [2018年1月2日]

開聞岳 [2018年1月15日]

桜島* [2018年1月17日]

*桜島は登頂できないので、最も近づける展望所まで。

 

高隈山 [2018年1月19日]

霧島山 韓国岳 [2018年1月24日]

高千穂峰 [2018年1月25日]

尾鈴山 [2018年1月29日]

市房山 [2018年2月2日]

 

記事一覧

田中陽希さん「日本3百名山ひと筆書き」旅先インタビュー

 

記録・ルポ 日本の山
教えてくれた人

田中 陽希さん

1983年、埼玉県生まれ、北海道育ち。学生時代はクロスカントリースキー競技に取り組み、「全日本学生スキー選手権」などで入賞。2007年よりチームイーストウインドに所属する。陸上と海上を人力のみで進む「日本百名山ひと筆書き」「日本2百名山ひと筆書き」を達成。イーストウインドの次期キャプテンとして期待される。 2018年1月1日から「日本3百名山ひと筆書き グレートトラバース3」に挑戦中! http://www.greattraverse.com/

同じテーマの記事
田中陽希さんが再びビッグチャレンジへ! 2018年元旦「日本3百名山全山ひと筆書き」に旅立つ
2014年に「日本百名山ひと筆書き」、続く2015年に「日本2百名山ひと筆書き」を成し遂げたアドベンチャーレーサーの田中陽希さん。NHK BSプレミアム「グレートトラバース」を通して、多くの人たちに勇気と感動を与えた陽希さんが、2018年1月1日に新たな挑戦の旅へと出発する。
特別インタビュー 『グレートトラバース』田中陽希、次なる挑戦を語る(後編)
NHK BSの番組『グレートトラバース』として、そのチャレンジが全国的に大きな話題を呼んだ田中陽希さん。特別インタビュー後半では「日本三百名山全山ひと筆書き」に続き、イーストウインドの活動について、熱い想いを語った。
特別インタビュー 『グレートトラバース』田中陽希、次なる挑戦を語る(前編) 
NHK BSの番組『グレートトラバース』として、そのチャレンジが全国的に大きな話題を呼んだ「日本百名山ひと筆書き」「日本二百名山ひと筆書き」。アドベンチャーレーサーとしてチームイーストウイドに所属し、世界大会に挑み続ける田中陽希さんの今後に迫る!
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2018年2月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「洗えるビデオカメラ」に高画質4Kモデルが登場!
「洗えるビデオカメラ」に高画質4Kモデルが登場! 【モニタープレゼント企画】防水・防塵・耐衝撃・耐低温が魅力のJVC「エブリオR」に、4K対応モデルのGZ-RY980が登...
NEW 『山と溪谷』誌面連動 歩き方講習会 開催!
『山と溪谷』誌面連動 歩き方講習会 開催! 『山と溪谷』3月号と連動の「膝を痛めない、疲れない歩き方講座」。3月に机上・実践の計3回開催。詳細はこちらから
NEW 雪・氷の登山道でゲイター付きブーツを試す
雪・氷の登山道でゲイター付きブーツを試す 山岳ライター・高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はスカルパのゲイター付きブーツを、長野県・御座山でチェック!
NEW 紅葉写真コンテスト2017 受賞作品発表
紅葉写真コンテスト2017 受賞作品発表 紅葉写真コンテスト2017に沢山のご応募をありがとうございました。361枚の写真から受賞作品が決定!!
NEW 梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
雪がたっぷりな今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪がたっぷりな今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう! 年が開けるごとに話題となる年号に関する山。今年は干支んお「犬」に注目。犬に関連する山に登る登山計画を今から考えておこう!
雪山入門に適した奥多摩の山々
雪山入門に適した奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、雪山デビューに最適。東京に雪が降った日は奥多摩を目指せ!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
雪が降ったあとは高尾山で雪遊び!
雪が降ったあとは高尾山で雪遊び! 都民の憩いの場の高尾山は、冬でも活気に溢れています! 雪が降った後は、雪山登山を楽しめるかも!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報