このエントリーをはてなブックマークに追加

ネパール・カトマンズで運命の再会

大昔にヒマラヤを越えた僧侶、河口慧海の足跡をたどる
ガイド・記録 2018年03月12日

カトマンズ・タメル地区

カトマンズのタメル地区(写真/稲葉 香)

今回の遠征は、まずネパールのアッパームスタンを歩き、ドルポ入域地点まで戻る。そしてアッパードルポ〜ロードルポを歩いた。その行程は500kmを越え、2016年8月17日から10月24日のおよそ2カ月に渡った。

同行してくれたのは、友人の伴久美子(以下、伴ちゃん)と、清水玲子(以下、玲子さん)。伴ちゃんは前回のドルポ遠征にも参加し、旅の全行程を共にする。登山隊に初参加の玲子さんはアッパームスタンのみの参加となる。2人とも私の思いを理解してくれているドルポ遠征の経験者だ。

前回記事:私がヒマラヤ最奥の聖地ドルポと「慧海ルート」を歩く理由
 

8月18日 ネパール・カトマンズに到着

8月17日に伴ちゃんと大阪を発ち、上海〜昆明を経由して、8月18日に無事に“荷物とともに”カトマンズに到着。というのも、前回2012年のドルポ遠征では大変な目に遭った。伴ちゃんのザックが丸ごと盗まれたのだ。

私のザックもライターが入っていたために、中国で数日間足止めをくらった。私のザックは戻ってきたからまだいいが、伴ちゃんは冬靴から何まで登山用具一式が盗まれてしまった。カトマンズで一から買い直すことになり、出だしからまともに寝れないぐらい忙しかったーー。

そんな事があったので、今回は荷物があるだけで思わず拍手が湧く。玲子さんともカトマンズで合流し、第一関門クリアだ。

カトマンズに無事到着

8月19日 運命の再会

カトマンズの馴染みの店に顔を出し再会を喜ぶ。翌日から遠征に向けた本格的な準備が始まった。まずはエージェントとの最終交渉。エージェントにはガイドやポーター、レンタル道具の手配や登山許可書の手続き日程の調整をお願いした。

出発の半年ほど前に直接会って打ち合わせを行い、その後メールでやりとりをしていたが、日本のように計画通りにいくことはめったにない。何度確認しても間違っていたり予定が変わっていたりする。

うまくいかない、それがネパール。現場での交渉が勝負になるので、何事も柔軟に対応できる余裕が必要だ。

今回の遠征は、経費削減のために小規模のキャラバンスタイルで行った。テントや寝袋、雨具、登山靴などの個人装備は全て持参し、現地ではキッチン用具を借り、ダイニングテントやトイレテントなどを省いた。

レンタル装備の確認中

レンタル装備の確認している様子

レンタル装備の確認を済ませた後、改めて登山隊のメンバーで顔合わせをする。隊員の伴ちゃん、玲子さんに加え、現地ガイドとキッチポーターを含めたネパール人スタッフ4名の合計7名で旅をする。

偶然なことに、ガイドは過去にポーターとして大西 保さんたち西北ネパール登山隊とともにドルポを旅している人で、キッチンポーターは私も参加した2009年の西北ネパール登山隊の遠征で共にヒマラヤを歩いている人だった。この再会は、まるで大西さんが引き合わせてくれたようだった。

2016年登山隊メンバー

今回のメンバー(アッパームスタンの道中にて)

現地ガイドと言っても、彼らは地図をもたない。山を読んでいるのか、直感なのか、そこで生きてきた人にしかない、鋭い勘のようなもので歩いている気がする。日本でいうマタギのようなものなのか。ドルポのような辺境地になると、ガイドさえも道を知らないことが多い。大西さんの隊と共に歩いた彼らはとても頼もしい存在だった。

ガイド
教えてくれた人

稲葉 香(いなば かおり)

登山家、写真家。ネパール・ヒマラヤなど広く踏査、登山、撮影をしている。特に河口慧海の歩いた道を調査。大阪千早赤阪村にドルポBCを設営し、山岳図書を集積している。ヒマラヤ関連のイベントを開催するなど、その活動は多岐に渡る。 http://www.dolpo-hair.info/dolpobc.html

同じテーマの記事
河口慧海ゆかりの地ボダナートからジョムソンへ行く
100年以上も前に仏典を求めて日本人として初めてチベットに潜入した僧侶、河口慧海。その足跡を辿って日本を発った稲葉香さん率いる遠征隊は、カトマンズからアッパームスタンに向けて進む。
私がヒマラヤ最奥の聖地ドルポと「慧海ルート」を歩く理由
今から100年以上も前に、仏典を求めて日本人として初めてチベットに潜入した僧侶、河口慧海。彼は鎖国状態だった当時のチベットに入国するために、ヒマラヤ奥地の標高5,000以上もある峠をいくつも越えた冒険家でもある。そんな慧海の足跡を辿ってネパール・ヒマラヤなどを広く踏査・登山・撮影し、慧海の歩いた道を調査する女性がいる。登山家・写真家の稲葉 香さんだ。この連載では、2016年に歩いた「慧海ルート」の記録を掲載したいと思う。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2018年9月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す!
小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す! 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 秋山PICK UP ITEM! ファイントラック 
秋山PICK UP ITEM! ファイントラック  寒暖差が激しい秋、低体温症のリスクを軽減するfinetrackのスキンメッシュ。『秋山JOY』連動企画でその秘密を紹介
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定!
優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定! 沢山の方に参加いただいた「飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト」。525点の写真の中から入賞作品を発表!
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。身体のケア、リカバリーはどうしてるの? そのノウハウを訊きました
NEW 分厚いミッドソールのトレッキングシューズ
分厚いミッドソールのトレッキングシューズ 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は「ホカ オネオネ」のミッドカットモデルをインプレ。ミッドソールの推進力に注目!
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!