このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の「登山靴」選びは何を基準にすればいい? 4歳の娘と富士登山に行ってわかったこと・感じたこと

子供と一緒に山、行こう! 親子登山のススメ
登山技術 2018年10月04日

子供は何歳から登山できるのだろうか? 例えば、日本一の富士山なら――。「いきいき登山ガイド・ヤッホー!! さん」こと芳須勲ガイドが、この夏、4歳の娘と富士登山に挑戦。経験談から子供と登山を振り返る。今回は、子供の登山靴選びと装備の工夫について考える

 

2018年夏、4歳の娘と剣ヶ峰に立ち、無事下山できました。一度も抱っこなどせず、すべて自分の足で、笑顔のまま登りきった娘の姿。私にとって、生涯忘れることのできない「最高の思い出」となりました。

登山ガイド・健康運動指導士の目線から見ても、さまざまな面でたくさんの発見がありました。その経験をここでは説明してきますが、いつか親子で富士登山にチャレンジしたいという方は、ご参考にして頂ければと思います。

今回は子供の登山靴選び編です。

★前回記事:子供は何歳から富士山に登れる? 4歳の娘と富士登山に行ってわかったこと

 

登山靴にするか運動靴にするか

うちの娘の足のサイズは16.5cm。このサイズであれば、いくつかのメーカーで登山靴を販売しているようですが、今回の富士登山は、あえて運動靴を使うことにしました。

この理由は、娘は足首が柔らかく、しなやかに歩くことができるので、わざわざ重く硬い登山靴を履いて、子供本来のしなやかな動きを邪魔しない方がよいと考えたからです。

運動靴であれば普段から履き慣らしておくことができるので、山で靴擦れなどをおこす心配もありません。また、子供の足はすぐにサイズアウトしてしまうので、簡単に買い換えられる運動靴の方がよいと考えました。

まずは、子供靴専門のシューフィッターさんがいる靴屋さんに行き、しっかりと足の形を測定していただき、娘の足に一番フィットする運動靴を購入しました。

 

運動靴で富士登山をする場合の問題

富士山では細かい石や砂が多いので、すぐ靴の中に入ってしまい、痛くて登れなくなります。そのため通常は、下の写真のように、登山靴+ゲイター(スパッツ)をつけて、砂の侵入を防ぎます。

運動靴では簡単に砂が入ってしまうので、ゲイターに代わるものが必要です。そこで、「芋掘り体験」などでおなじみ、靴の上から親の靴下を履くという作戦をとってみました。

この作戦は大成功!! まったく小石が入ることなく、快適に登れたようです。

しかし、半日くらい歩くとボロボロに破れてきます。替えの靴下を2~3足は用意しておく必要があります。それでも使い古しの親の靴下なので、ゲイターを購入するより安く済みます。

 

運動靴で雨は大丈夫なのか?

これが一番の問題でした。もともと、娘に最高の思い出を作ってあげたかったので、「絶対に雨の降る日には登らない」と決めていました(雨が降ってしまうと景色も見られず、4歳にとって、ただの苦行になってしまいます)。

そのため、何日も予備日を考え、雨の降りそうにない日を選んで登ったので、一度も雨に降られずに済みました。それでも万が一雨に降られた時を考え、靴の上にかぶせるシューズカバーを持っていきました。

結局、雨に降られなかったので使用していませんが、靴下と同じように半日も歩けばボロボロになってしまうのではないかと思います。

 

今回は、4歳の娘のために、以上のことを考えて運動靴にしましたが、小学生になってから登るのであれば、しっかりと防水加工された登山靴+ゲイターのほうが無難ではないかと思います。安全で楽しい思い出を作ってください。

次回は子供の「練習登山」について、書きたいと思います。

 

※本記事は、いきいき登山ガイド・ヤッホー!!さん。の「山ごはん」のブログより、許可を得て転載(一部編集)させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は、こちらからご確認ください。

 

登山靴 登山グッズ トレーニング
教えてくれた人

いきいき登山ガイド・ヤッホー!!さん

本名:芳須勲。横浜市金沢区在住。管理栄養士・健康運動指導士・登山ガイドの資格を持ち、中高年登山者の健康づくりを、栄養と運動の両面からサポート。
山ごはん・アウトドア料理を得意とし、災害時における野外炊飯法などの講習会も各地で行なっている。
著書:山登ABC「登山ボディのつくり方」(山と溪谷社)、山登りABC「もっと登れる山の食料計画」(山と溪谷社)など。
⇒ホームページ

同じテーマの記事
連載第2回「ベビーキャリーを使った親子登山」のすすめ。それでも失敗した山行で気づいたこととは?
八ヶ岳山麓に住む信州登山案内人の石川高明さんによる親子登山連載。第2回は「ベビーキャリーを使った親子登山」の勧め。3歳くらいまでのお子さんなら、ベビーキャリーがおすすめ、とのことですが、登山経験の豊富な石川さんでも、親子登山では失敗があったという。そこで得られた気づきとはいったい何か。
今年こそ親子で登山を始めよう! 信州登山案内人・石川高明さんに聞く「親子で登山・トレッキング」
八ヶ岳の山麓に住む信州登山案内人の石川高明さん、ガイドをしている中で、親子登山、ファミリーハイキングについての質問をされることが多いとか。
そこで、これまでのご自身の体験をもとに「親子登山のノウハウ」を紹介する連載をスタートします。
今年こそ親子で登山をしたいという方、ぜひ読んでみてください。
4歳の娘と富士登山するための練習登山の進め方、コース選びのポイント
この夏、4歳の娘と富士登山に挑戦した芳須勲ガイド。事前に準備したこと、考えたこと――。多くのファミリー登山者に、参考になるノウハウが満載の経験談。今回は練習登山編をお届けする。
家族で100名山踏破Vol.3 子供の成長と家族の絆を高めた5年間の百+αの旅
「家族全員で百名山踏破」の旅で得たもの、それは百以上の思い出と、家族の絆と子供たちと家族の成長だった――。登山プランから達成の瞬間の様子、そして思い出話までを、インタビューから振り返る。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年4月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
春、サクラの名所高尾山へ!
春、サクラの名所高尾山へ! 春になると一挙に華やぐ高尾山。サクラ、スミレをはじめとして、さまざまな春の花が彩ります。