このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の「登山靴」選びは何を基準にすればいい? 4歳の娘と富士登山に行ってわかったこと・感じたこと

子供と一緒に山、行こう! 親子登山のススメ
登山技術 2018年10月04日

子供は何歳から登山できるのだろうか? 例えば、日本一の富士山なら――。「いきいき登山ガイド・ヤッホー!! さん」こと芳須勲ガイドが、この夏、4歳の娘と富士登山に挑戦。経験談から子供と登山を振り返る。今回は、子供の登山靴選びと装備の工夫について考える

 

2018年夏、4歳の娘と剣ヶ峰に立ち、無事下山できました。一度も抱っこなどせず、すべて自分の足で、笑顔のまま登りきった娘の姿。私にとって、生涯忘れることのできない「最高の思い出」となりました。

登山ガイド・健康運動指導士の目線から見ても、さまざまな面でたくさんの発見がありました。その経験をここでは説明してきますが、いつか親子で富士登山にチャレンジしたいという方は、ご参考にして頂ければと思います。

今回は子供の登山靴選び編です。

★前回記事:子供は何歳から富士山に登れる? 4歳の娘と富士登山に行ってわかったこと

 

登山靴にするか運動靴にするか

うちの娘の足のサイズは16.5cm。このサイズであれば、いくつかのメーカーで登山靴を販売しているようですが、今回の富士登山は、あえて運動靴を使うことにしました。

この理由は、娘は足首が柔らかく、しなやかに歩くことができるので、わざわざ重く硬い登山靴を履いて、子供本来のしなやかな動きを邪魔しない方がよいと考えたからです。

運動靴であれば普段から履き慣らしておくことができるので、山で靴擦れなどをおこす心配もありません。また、子供の足はすぐにサイズアウトしてしまうので、簡単に買い換えられる運動靴の方がよいと考えました。

まずは、子供靴専門のシューフィッターさんがいる靴屋さんに行き、しっかりと足の形を測定していただき、娘の足に一番フィットする運動靴を購入しました。

 

運動靴で富士登山をする場合の問題

富士山では細かい石や砂が多いので、すぐ靴の中に入ってしまい、痛くて登れなくなります。そのため通常は、下の写真のように、登山靴+ゲイター(スパッツ)をつけて、砂の侵入を防ぎます。

運動靴では簡単に砂が入ってしまうので、ゲイターに代わるものが必要です。そこで、「芋掘り体験」などでおなじみ、靴の上から親の靴下を履くという作戦をとってみました。

この作戦は大成功!! まったく小石が入ることなく、快適に登れたようです。

しかし、半日くらい歩くとボロボロに破れてきます。替えの靴下を2~3足は用意しておく必要があります。それでも使い古しの親の靴下なので、ゲイターを購入するより安く済みます。

 

運動靴で雨は大丈夫なのか?

これが一番の問題でした。もともと、娘に最高の思い出を作ってあげたかったので、「絶対に雨の降る日には登らない」と決めていました(雨が降ってしまうと景色も見られず、4歳にとって、ただの苦行になってしまいます)。

そのため、何日も予備日を考え、雨の降りそうにない日を選んで登ったので、一度も雨に降られずに済みました。それでも万が一雨に降られた時を考え、靴の上にかぶせるシューズカバーを持っていきました。

結局、雨に降られなかったので使用していませんが、靴下と同じように半日も歩けばボロボロになってしまうのではないかと思います。

 

今回は、4歳の娘のために、以上のことを考えて運動靴にしましたが、小学生になってから登るのであれば、しっかりと防水加工された登山靴+ゲイターのほうが無難ではないかと思います。安全で楽しい思い出を作ってください。

次回は子供の「練習登山」について、書きたいと思います。

 

※本記事は、いきいき登山ガイド・ヤッホー!!さん。の「山ごはん」のブログより、許可を得て転載(一部編集)させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は、こちらからご確認ください。

 

登山靴 登山グッズ トレーニング
教えてくれた人

いきいき登山ガイド・ヤッホー!!さん

本名:芳須勲。横浜市金沢区在住。管理栄養士・健康運動指導士・登山ガイドの資格を持ち、中高年登山者の健康づくりを、栄養と運動の両面からサポート。
山ごはん・アウトドア料理を得意とし、災害時における野外炊飯法などの講習会も各地で行なっている。
著書:山登ABC「登山ボディのつくり方」(山と溪谷社)、山登りABC「もっと登れる山の食料計画」(山と溪谷社)など。
⇒ホームページ

同じテーマの記事
4歳の娘と富士登山するための練習登山の進め方、コース選びのポイント
この夏、4歳の娘と富士登山に挑戦した芳須勲ガイド。事前に準備したこと、考えたこと――。多くのファミリー登山者に、参考になるノウハウが満載の経験談。今回は練習登山編をお届けする。
家族で100名山踏破Vol.3 子供の成長と家族の絆を高めた5年間の百+αの旅
「家族全員で百名山踏破」の旅で得たもの、それは百以上の思い出と、家族の絆と子供たちと家族の成長だった――。登山プランから達成の瞬間の様子、そして思い出話までを、インタビューから振り返る。
家族で100名山踏破Vol.2 意思統一、装備、経済編~ 現実的な難題をいかにして乗り越えたのか?
「家族全員で百名山登頂」を達成するには、家族全体の意思統一はもちろん、時間・経済事情など現実的な問題も立ちはだかる。いかにしてその苦難を乗り越えたのか? ご主人へのインタビューからその模様を振り返る。
家族全員日本百名山完登! 百の山・百の頂・百以上の想い出に、家族みんなで挑戦記
「子供と一緒に山へ」「家族で一緒に登山」は、登山愛好者の楽しみの1つだ。そんな山の楽しみ方が大いに膨らみ、家族全員で日本百名山登頂を目指し、約5年の歳月で達成した家族がいる。その奮闘の模様をインタビュー、5年間の足跡を振り返る。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。