このエントリーをはてなブックマークに追加

雪山に持っていく水の量は? 雪山での水分補給を考える

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
道具・装備 2019年01月14日
雪山へ持っていく水の量

質問:今月、はじめて雪山登山へ連れて行ってもらいます。雪山に持っていく水の量って、何を基準にどれくらい用意したらいいですか?

 

意識的に水分を摂取しよう

どんな雪山に登るか・・・によって、状況は大きく変わりますが、夏と違って大量に発汗することは少ないので、“喉の渇きに応じて飲む”だけなら夏山より遥かに水分補給の量は減るはずです。

ただ、意識的に水分を補給しないと血液の濃度が濃くなることもあります。血流が悪くなり手足の先が冷えやすく凍傷になる可能性が高まること、また、血栓ができやすくなることを忘れないでください。基礎代謝に必要な水分も考えて、休憩の時、泊りであれば朝晩の食事時などは意識的に水分を摂るようにしたいものです。

 

携帯用の水(お湯)は保温ポットで

雪山の場合、気温が氷点下になる場合が多く、ペットボトルやプラティパスなどで長時間“水”を持ち歩くことは難しいです。ザックの外にぶら下げるなどするとたちまち凍ってしまいます。テルモスなどの保温ポットで携帯する必要があり、保温ポットでも必ずザックの中に入れるべきです。僕の場合、テルモスに古靴下を被せて保温性を高め、ザック内にしまっています。水の量の目安としては、行動中の飲料用として1日700ml以上は持ちたいです。

 

夏の水場は凍結しているケースが多い

水場は、大きな谷などであれば使えるでしょうが、夏でも水量の少ない水場は寒気の強い雪山では多くが凍結し、利用できない場合がほとんどです。通年営業の山小屋では水(お湯)を有料で分けてもらえます。テント泊の場合は、飲料用の他に炊事に使う水も含めて、一般的には雪を融かして使うことになります。コンロ、コッフェルの準備の他に、想像以上に燃料も消費することをお忘れなく。

テント泊では、朝夕の食事用、お茶などの飲料用、翌日の行動用など、一人あたり2.5L程度は水が必要。雪を融かすのも大変な仕事

 

料理・食料 雪山・冬山
教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
雷注意報が出たら山に行かないほうが良い? 登山中の恐ろしい雷雨。落雷被害に遭わない行動とは
耳を裂くような大音量の雷鳴、激しい降雨、時には雹が混じり周囲の様相も一変。山で雷、雷雨とであう恐ろしさは、凄まじいものがある。では、山で落雷事故に遭わないためにはどうしたらよいのか。今回は山岳ガイドの山田さんに提唱をいただく。
山のトイレ事情。「青空トイレ」のときに、気に留めておきたい3つのこと
お腹が弱く、登山中によく便意をもよおすという‟インドメタシン配合”さんから、やむおえず「青空トイレ」のとき、紙は持って帰るが、モノはどうなのだろう?という疑問が届いた。野生動物も、野に放っているのだから人間だって良いのでは・・・と。
ショルダーベルトが当たる鎖骨が痛い! 鎖骨にひびかない背負い方、パッキング方法を考える
テント登山派で、重い荷物を持って歩いている‟セットアッパー”さん。痩せ型体形のせいか、とにかくショルダーベルトが当たる鎖骨が痛いそう。今回は、昔、同じ悩みのあった山岳ガイドの山田さんがその悩みに回答する。
花粉症だけど春の山へ行きたい。東京近郊で花粉の少ない山ってあるの?
風の冷たさが和らぎ、外へ出かけたい気持ちの高まる春。その一方で花粉の飛散が始まり、山へ行きたいけど花粉症が辛くて・・・という方も多いだろう。そんな悩みを持つ登山者のひとり‟くしゃみ大魔王”さんの質問に山岳ガイドの山田さんが回答!
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年6月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...