このエントリーをはてなブックマークに追加

呼吸筋のリセットで体幹を安定させて、疲れ知らずのボディをつくろう!

登山ボディをリセット&メンテナンス!
登山技術 2019年02月12日

呼吸には「腹式呼吸」と「胸式呼吸」の2種類があるのをご存じだろうか。意識的に呼吸を整えれば、体幹を整え、姿勢を整えるということにつながり、ケガの予防や疲労の軽減も期待できるという。今回はより深い「深呼吸」を意識する方法を伝授する。

 

ふだん何気なく行っている呼吸は、肺が自らの力で膨らんだり縮んだりするのではなく、周りにある筋肉の活動よって行われています。

呼吸にかかわる筋肉(呼吸筋)はたくさん存在しますが、代表的な筋肉が「横隔膜」と「外肋間筋」です。横隔膜は名称に“膜”とありますが、れっきとした筋肉です。胸郭の下部にあるドーム型の筋肉で、収縮すると胸腔を広げて空気を取り込み、弛緩すると胸腔が狭まり、空気が排出されます。これを一般的に腹式呼吸と呼んでいます。

外肋間筋は、肋骨の間にある筋肉で、収縮すると肋骨を挙上して胸郭を広げます。これによって胸腔が広がり空気を取り込みます。外肋間筋が弛緩すると胸郭が狭まり、空気が排出されます。これが胸式呼吸と呼ばれています。

通常の呼吸では腹式、胸式どちらも使われている 画像素材:PIXTA


実際の呼吸では、腹式、胸式どちらか一方を使っているのではなく、併用して呼吸をしています(安静無意識の状態では腹式7割、胸式3割程度の割合で呼吸しています)。無意識の呼吸の場合、息を吸うときには上記の筋肉を使いますが、吐くときは筋肉を緩めるだけで呼気が外に出ていくため、いずれの筋肉も働いていません。

これに対し、意識して息を吐くときには「腹横筋」や「内肋間筋」といった筋肉が働きます。なかでも腹横筋は重要で、お腹のわきにあるコルセットのような筋肉です。

お腹のわきにあるコルセットのような筋肉が「腹横筋」 画像素材:PIXTA


意識して息を吐くことで腹横筋が収縮してコルセットが固定されるため、体幹を安定させることができます。よく「運動時の呼吸は、吐くことを意識せよ。」といわれるのは、速やかに呼気を排出することと、体幹を安定させること、2つの意味を持っているからです。

 

日常生活で、あまり運動をしなかったり、意識した深呼吸をしなかったりすると、呼吸筋の動きが悪くなってしまうため、いざ登山をした時にも息苦しさを感じやすくなります。また、呼吸を整えるということは体幹を整え、姿勢を整えるということにつながるので、ケガの予防や疲労の軽減も期待できます。

今回は日常生活で浅くなってしまった呼吸を3STEPでリセットして、横隔膜や腹横筋を強化させるような、より深い「深呼吸」を意識してみましょう。

 

【STEP1】腹式呼吸を意識する

膝を立て、仰向けに寝ます。

お腹に手を当てます。

ゆっくり大きく鼻から息を吸って、お腹を膨らませます。

ゆっくり大きく口から息を吐いて、お腹をへこまします。

これを3回繰り返します。

 

【STEP2】胸式呼吸を意識する

膝を立て、仰向けに寝ます。

みぞおち横の肋骨に手を当てます。

ゆっくり大きく鼻から息を吸って、胸郭を開きます。

ゆっくり大きく口から息を吐いて、胸郭を狭めます。

これを3回繰り返します。

 

【STEP3】腹式呼吸、胸式呼吸どちらも使って深呼吸をする

腹式呼吸、胸式呼吸を意識できるようになったら、今度は両方をつかって深呼吸してみましょう。胸郭もお腹も膨らませながら大きく息を吸い、胸郭もお腹もへこましながら大きく息を吐きます。これも3回繰り返します。慣れてきたら、立った状態、座った状態で行っても大丈夫です。また吐くときに口をすぼめるとより抵抗が加わるため、腹横筋に意識がしやすくなります。

呼吸は腹式、胸式、どちらが正しいというものではありません。併用して、たくさんの呼吸筋を動員させて、活性化させましょう。

日頃から呼吸筋を意識して歩くことで、体幹が強化され、登山の時に安定した姿勢で歩くことが出来るようになります。

登山ボディをリセット&メンテナンスして、次回も安全登山を心がけましょう。

ボディケア トレーニング
教えてくれた人

いきいき登山ガイド・ヤッホー!!さん

本名:芳須勲。横浜市金沢区在住。管理栄養士・健康運動指導士・登山ガイドの資格を持ち、中高年登山者の健康づくりを、栄養と運動の両面からサポート。
山ごはん・アウトドア料理を得意とし、災害時における野外炊飯法などの講習会も各地で行なっている。
著書:山登ABC「登山ボディのつくり方」(山と溪谷社)、山登りABC「もっと登れる山の食料計画」(山と溪谷社)など。
⇒ホームページ

同じテーマの記事
登山中にフォームを崩さず歩ける持久力をつける、「プランク」にチャレンジ
長時間の運動となる登山には、持久力は不可欠だ。「持久力」とひとくちに言っても、さまざまな持久力がある。今回は、フォームを崩さず歩ける持久力をつけるために、「プランク」というエクササイズを紹介する。
最近、足が上がらなくなってきたという人は必見! 筋トレの怖~い「落とし穴」
本格的な登山シーズンを目前に、少しでも筋力を上げておきたい! と考えている人は多いでしょう。しかし、闇雲にトレーニングをしても逆効果になることがあります。筋トレの前に、準備すべきストレッチについて考えてみましょう。
バランスディスク&ランジ&踏み台昇降で、登山に必要な体幹・足首・バランス能力を強化しよう
本格的な登山シーズンを控え、少し身体を鍛えなければ・・・、と思っているなら、今回紹介するエクササイズは効果的だ。筋力に加え、バランス能力も強化でき、不整地を歩くために必要な効果が得られるからだ。
バランス感覚の強化はオイシイこといっぱい。登山中の転倒の予防だけではなく、筋肉や関節への負荷を軽減
長い時間、不整地で歩き続ける必要がある登山では、バランス感覚は大切な要素となる。そのバランス感覚を高めるために、「バランスディスク」を使ってエクササイズしてみよう!
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年8月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...