このエントリーをはてなブックマークに追加

アッパームスタン入域、慧海が滞在した村ツァーランへの道

大昔にヒマラヤを越えた僧侶、河口慧海の足跡をたどる
ガイド・記録 2019年05月21日

河口慧海の足跡を辿って、2年ぶりにアッパームスタンへと足を踏み入れた稲葉香さん。カリガンダキを北へ、かつてチベットとインドとの塩の交易路として栄えた道を歩く。今回は、カグベニからチレまでの道について。

★前回記事:カリガンダキを越えて、ムスタンとドルポの境目カグベニを目指す

 

稲葉さんが実際に使った地図、左端のカグベニからチレへと北上する

 

8月25日、カグベニからチレまでの道のり

ムスタンとドルポの県境となるカグベニ。アッパームスタン(ムスタン北部、ローマンタンに通じるルート)への入域地点で、ここから先は特別な許可証が必要になる。エージェントの手違いで間違った許可証が発行されていたのだが、交渉の末、なんとか計画日数分の許可証を手に入れ、無事アッパームスタンに足を踏み入れることができた。

ここには、河口慧海が10ヶ月滞在していた村、ツァーランがある。私たちは次の目的地に向けて歩き出した。「お邪魔させていただきます」と、その土地の人々と大地に挨拶し、神々に祈る。そして、カリガンダキ渓谷沿いを北上。人生2度目のアッパームスタントレッキングに心が躍る。

カリガンダキの上流部は、アンナプルナ連峰とダウラギリ連峰に挟まれ、深くえぐられたような地域になっており、谷床と周囲の山との高度差が6000mほどある場所もある。

高山植物がまだ少し残っていて、荒涼とした大地を歩く私たちを癒してくれる


8月末のカリガンダキ川は水量が多く、前回渡渉した時にはなかった橋が新たに架けられていた。この時期は強烈な風が南から吹くと聞くが、どうだろうか。朝の10時を過ぎた頃には、荒れ狂うような風が、容赦なく吹きすさんでいた。

雨季のカリガンダキの水量は増加し、乾季とは違う顔を見せる

 

西側のドルポ方面を見るとぶあつい雲がかかっていた

 

タンゲ村のリンゴの木、辺境の洞窟群

歩き始めてしばらくして、タンゲという村に到着した。

村を歩いていると突如リンゴの木が出てくる。これは農学者の故・近藤亨氏が栽培を確立させ、広めたリンゴの木のひとつ。ネパールに詳しい人ならご存知だろう。こんな乾燥した大地で、よくリンゴ栽培を成功させたものだ。

乾燥した大地に根付く、リンゴの木


タンゲを越え、かつてチベットとインドとの塩の交易路として栄えた「塩の道」を歩く。どんどんと北上していくと、まるで大聖堂のような岩壁が見えてきた。

高くそびえる岩壁


そこには、住居として使われていた洞窟が数えきれないほどあり、クライミングしないと辿りつけないほどの高い場所にあるものも多い。この辺りの洞窟の謎を登山家と考古学者たちのチームが調査し、2012年に『ナショナルジオグラフィック』で「ムスタン王国 謎の洞窟群」として発表。その発見に世界が注目した。

 

慧海が通った道、カグベニ〜ムクチナート〜サマル

慧海はこの道を通った際、カグベニから東にあるムクチナートへ行き、巡礼した後、カリガンダキまで戻り、ツァーランまで馬を使ったそうだ。その際、カリガンダキの河川敷で野宿し、北西の村サマルまで一気に移動している。

ムクチナートにある「チュミク・ギャツァ(百の泉)」


私は、今回の旅ではサマルまでは歩かず、途中にある村チレで一泊することにした。過去に慧海ルートとして、2004年はムクチナートまで歩き、2014年に初めてムスタンに入った。今は、チベット国境まで車道が開通してしまったこのルート。だから全然感覚が違うだろうし、整備されたトレイルがなかった当時とは景色も違うが、彼が見ていた風景を少しでも味わいたかったのだ。

慧海は『チベット旅行記』(講談社学術文庫)に自らの記録を残している。1958年に川喜田二郎氏をリーダーとする西北ネパール学術探検隊が調査した結果、慧海の旅行記は正確で鋭い観察記録であったことが報告されている。

しかし、私には古典を読み解くことが難しかった。そこで調べ尽くした結果たどり着いたのが、故・大西保氏のブログ『台風日記』だったのだ。何度もネパールを調査する大西氏の記録は、専門家ではない私でも、現地の様子を面白いほど想像することができた。

私はネパールを歩く際、現場で『チベット旅行記』、『河口慧海日記』、『台風日記』を何度も読み返した。それでも理解するには時間がかかる世界だったが、何度もドルポに通うことで、やっと、少しずつ彼らの見てきた世界が分かってきた。そんな感覚を覚えるたびに、行けば行くほど奥が深い世界だと思うのである。

記録・ルポ 海外
教えてくれた人

稲葉 香(いなば かおり)

登山家、写真家。ネパール・ヒマラヤなど広く踏査、登山、撮影をしている。特に河口慧海の歩いた道を調査。大阪千早赤阪村にドルポBCを設営し、山岳図書を集積している。ヒマラヤ関連のイベントを開催するなど、その活動は多岐に渡る。 http://www.dolpo-hair.info/dolpobc.html

同じテーマの記事
巨大なマニ壁のあるゲミ、そして、グランドキャニオンのようなダークマーを経て、ツァーランへ
今から100年以上も前に、標高5000m以上あるヒマラヤ奥地の峠をいくつもこえた僧侶、河口慧海。その足跡を辿って、稲葉 香さんらが歩いた2016年の記録。シャンボチェからスタートし、河口慧海が10ヶ月を過ごしたというツァーランに向けて歩く。
アッパームスタンにて。ガイドブックに載っていない天然の仏塔を訪れる
今から100年以上も前に、標高5000m以上あるヒマラヤ奥地の峠をいくつもこえた僧侶、河口慧海。その足跡を辿って、稲葉 香さんらが歩いた2016年の記録。今回はチレからシャンボチェまでの途中に立ち寄った、ガイドブックにも載っていない場所の話。
はるか遠くに見える慧海が歩いた山。カリガンダキを越えて、ムスタンとドルポの県境へ
100年以上も前に日本人として初めてチベットへの入国を果たした僧侶、河口慧海。その足跡を辿って、稲葉香さんらが歩いた2016年の記録を追う。今回は、ドルポの入域地点、ジョムソンからドルポとムスタンの県境、カグベニまでの旅を紹介する。
河口慧海ゆかりの地ボダナートからジョムソンへ行く
100年以上も前に仏典を求めて日本人として初めてチベットに潜入した僧侶、河口慧海。その足跡を辿って日本を発った稲葉香さん率いる遠征隊は、カトマンズからアッパームスタンに向けて進む。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2019年10月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!