このエントリーをはてなブックマークに追加

アッパームスタン入域、慧海が滞在した村ツァーランへの道

大昔にヒマラヤを越えた僧侶、河口慧海の足跡をたどる
ガイド・記録 2019年05月21日

河口慧海の足跡を辿って、2年ぶりにアッパームスタンへと足を踏み入れた稲葉香さん。カリガンダキを北へ、かつてチベットとインドとの塩の交易路として栄えた道を歩く。今回は、カグベニからチレまでの道について。

★前回記事:カリガンダキを越えて、ムスタンとドルポの境目カグベニを目指す

 

稲葉さんが実際に使った地図、左端のカグベニからチレへと北上する

 

8月25日、カグベニからチレまでの道のり

ムスタンとドルポの県境となるカグベニ。アッパームスタン(ムスタン北部、ローマンタンに通じるルート)への入域地点で、ここから先は特別な許可証が必要になる。エージェントの手違いで間違った許可証が発行されていたのだが、交渉の末、なんとか計画日数分の許可証を手に入れ、無事アッパームスタンに足を踏み入れることができた。

ここには、河口慧海が10ヶ月滞在していた村、ツァーランがある。私たちは次の目的地に向けて歩き出した。「お邪魔させていただきます」と、その土地の人々と大地に挨拶し、神々に祈る。そして、カリガンダキ渓谷沿いを北上。人生2度目のアッパームスタントレッキングに心が躍る。

カリガンダキの上流部は、アンナプルナ連峰とダウラギリ連峰に挟まれ、深くえぐられたような地域になっており、谷床と周囲の山との高度差が6000mほどある場所もある。

高山植物がまだ少し残っていて、荒涼とした大地を歩く私たちを癒してくれる


8月末のカリガンダキ川は水量が多く、前回渡渉した時にはなかった橋が新たに架けられていた。この時期は強烈な風が南から吹くと聞くが、どうだろうか。朝の10時を過ぎた頃には、荒れ狂うような風が、容赦なく吹きすさんでいた。

雨季のカリガンダキの水量は増加し、乾季とは違う顔を見せる

 

西側のドルポ方面を見るとぶあつい雲がかかっていた

 

タンゲ村のリンゴの木、辺境の洞窟群

歩き始めてしばらくして、タンゲという村に到着した。

村を歩いていると突如リンゴの木が出てくる。これは農学者の故・近藤亨氏が栽培を確立させ、広めたリンゴの木のひとつ。ネパールに詳しい人ならご存知だろう。こんな乾燥した大地で、よくリンゴ栽培を成功させたものだ。

乾燥した大地に根付く、リンゴの木


タンゲを越え、かつてチベットとインドとの塩の交易路として栄えた「塩の道」を歩く。どんどんと北上していくと、まるで大聖堂のような岩壁が見えてきた。

高くそびえる岩壁


そこには、住居として使われていた洞窟が数えきれないほどあり、クライミングしないと辿りつけないほどの高い場所にあるものも多い。この辺りの洞窟の謎を登山家と考古学者たちのチームが調査し、2012年に『ナショナルジオグラフィック』で「ムスタン王国 謎の洞窟群」として発表。その発見に世界が注目した。

 

慧海が通った道、カグベニ〜ムクチナート〜サマル

慧海はこの道を通った際、カグベニから東にあるムクチナートへ行き、巡礼した後、カリガンダキまで戻り、ツァーランまで馬を使ったそうだ。その際、カリガンダキの河川敷で野宿し、北西の村サマルまで一気に移動している。

ムクチナートにある「チュミク・ギャツァ(百の泉)」


私は、今回の旅ではサマルまでは歩かず、途中にある村チレで一泊することにした。過去に慧海ルートとして、2004年はムクチナートまで歩き、2014年に初めてムスタンに入った。今は、チベット国境まで車道が開通してしまったこのルート。だから全然感覚が違うだろうし、整備されたトレイルがなかった当時とは景色も違うが、彼が見ていた風景を少しでも味わいたかったのだ。

慧海は『チベット旅行記』(講談社学術文庫)に自らの記録を残している。1958年に川喜田二郎氏をリーダーとする西北ネパール学術探検隊が調査した結果、慧海の旅行記は正確で鋭い観察記録であったことが報告されている。

しかし、私には古典を読み解くことが難しかった。そこで調べ尽くした結果たどり着いたのが、故・大西保氏のブログ『台風日記』だったのだ。何度もネパールを調査する大西氏の記録は、専門家ではない私でも、現地の様子を面白いほど想像することができた。

私はネパールを歩く際、現場で『チベット旅行記』、『河口慧海日記』、『台風日記』を何度も読み返した。それでも理解するには時間がかかる世界だったが、何度もドルポに通うことで、やっと、少しずつ彼らの見てきた世界が分かってきた。そんな感覚を覚えるたびに、行けば行くほど奥が深い世界だと思うのである。

記録・ルポ 海外
教えてくれた人

稲葉 香(いなば かおり)

登山家、写真家。ネパール・ヒマラヤなど広く踏査、登山、撮影をしている。特に河口慧海の歩いた道を調査。大阪千早赤阪村にドルポBCを設営し、山岳図書を集積している。ヒマラヤ関連のイベントを開催するなど、その活動は多岐に渡る。 http://www.dolpo-hair.info/dolpobc.html

同じテーマの記事
はるか遠くに見える慧海が歩いた山。カリガンダキを越えて、ムスタンとドルポの県境へ
100年以上も前に日本人として初めてチベットへの入国を果たした僧侶、河口慧海。その足跡を辿って、稲葉香さんらが歩いた2016年の記録を追う。今回は、ドルポの入域地点、ジョムソンからドルポとムスタンの県境、カグベニまでの旅を紹介する。
河口慧海ゆかりの地ボダナートからジョムソンへ行く
100年以上も前に仏典を求めて日本人として初めてチベットに潜入した僧侶、河口慧海。その足跡を辿って日本を発った稲葉香さん率いる遠征隊は、カトマンズからアッパームスタンに向けて進む。
ネパール・カトマンズで運命の再会
日本人として初めてチベットに潜入した僧侶・河口慧海の足跡を辿って、ネパール・ヒマラヤなどを歩く女性登山家・写真家の稲葉 香さん。2016年8月17日に大阪を発ち、無事“荷物とともに”カトマンズに到着。前回の遠征では大変な目にあったそうです。一体何が…?
私がヒマラヤ最奥の聖地ドルポと「慧海ルート」を歩く理由
今から100年以上も前に、仏典を求めて日本人として初めてチベットに潜入した僧侶、河口慧海。彼は鎖国状態だった当時のチベットに入国するために、ヒマラヤ奥地の標高5,000以上もある峠をいくつも越えた冒険家でもある。そんな慧海の足跡を辿ってネパール・ヒマラヤなどを広く踏査・登山・撮影し、慧海の歩いた道を調査する女性がいる。登山家・写真家の稲葉 香さんだ。この連載では、2016年に歩いた「慧海ルート」の記録を掲載したいと思う。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2019年6月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...