このエントリーをはてなブックマークに追加

アッパームスタンにて。ガイドブックに載っていない天然の仏塔を訪れる

大昔にヒマラヤを越えた僧侶、河口慧海の足跡をたどる
ガイド・記録 2019年07月22日

今から100年以上も前に、標高5000m以上あるヒマラヤ奥地の峠をいくつもこえた僧侶、河口慧海。その足跡を辿って、稲葉 香さんらが歩いた2016年の記録。今回はチレからシャンボチェまでの途中に立ち寄った、ガイドブックにも載っていない場所の話。

チレからランチュン・チョルテンへ

この日は、「ランチュン・チョルテン」というムスタンでも名高い巡礼道に立ち寄った。河口慧海のチベット旅行記には出てこない場所だ。それは天然の仏塔で、ドーム型の鍾乳洞である。2014年に来た時、とても印象が良かったから、一緒に来たメンバーにはぜひ見て欲しいと思ってコースに入れたのだった。この場所はガイドブックには載っていない場所で、高野山大学文学部密教学科教授の奥山直司氏の著書「ムスタン曼荼羅の旅」でその存在を知った。


チレからは、車道とトレッキングルートと大きく二つに分かれることになり、この巡礼地(ランチュン・チョルテン)へ入るには、深い渓谷を下ることになる。慧海の時代には現在の車道がなかったから、この巡礼道を歩いていたのだろうか? でもチベット旅行記には一言も書かれていない。

朝、今にも雨が降り出しそうな分厚い雲がかかっていたが、ムスタンでは本来雨は少ない。以前に来た時には気付かなかった水路があり、そこには貴重な水の流れができていた。それを見ながら進んで行くと、西側に深い谷を挟んで村が見える。ここは、以前は畑だけで、村はなかったらしい。この村へは、大きな立派な橋ができ上がっていて、今では容易に行けるようになっていた。

谷を挟んだ対岸に村が見え、橋がかかっていた


しかし、私たちは橋を渡らず、そのまま山肌を削って作られた道をどんどん進んで行く。石を重ねて作られた階段になっている。

アッパームスタンでは、午前10時を過ぎると強烈な風が吹きはじめる。以前、夕方に通過した時、強風に吹っ飛ばされそうになったことがある。ここは道幅が狭いから早めに通過した方が無難だ。ここを登りきると峠に出る。天気が良ければニルギリ(標高7061m)が綺麗見えるはずだが、この時は雲がかかっていてその姿を見ることができなかった。

ここからサマル村は目の前だ。

山肌を削って作られた道を進む


サマルとは、チベット語で「赤土」という意味だ。村は、ポプラの林に囲まれていて、かつては、ゾン(城砦)があったというが、今は跡形もない。ここでランチタイムの休憩をとった。ダルバートは、言うまでもなく美味しい!

2014年に訪れた時にはここで一泊し、早朝、峠からは神々しいヒマールを遠望したこと覚えている。ニルギリ(標高7061m)、ティリチョピーク(7134m)、カトゥカン(6484m)、ヤカワカン(6482m)、そして、トロンパス(5415m)が見えるが、今回は雲で見られなかった。峠までは長いアップダウンが続くので、休憩を取りながら歩いた。

神々しいヒマールの山並み(2014年撮影)

深い谷を下ってたどり着いた先に、神聖な洞窟があった

途中、カルカ(放牧地)を通り過ぎて、登りきると峠に出る。そして、ここからがいよいよ「ランチュン・チョルテン」に至る道だ。深い谷に入るように、ひたすら下る。

ランチュン・チョルテンに至る道。ひたすら下る


途中、巨人の顔のような岩が出てきたり、絶壁の高みに洞窟が両側に出てきたりするので、それらの景色を堪能してさらに下ってゆく。沢まで降りたら対岸に渡り、しばらくするとタルチョが一面に靡いているのが見えてきた。

巨人の顔のような奇岩


空気感が変わり、神聖な場所に来たことを感じた。谷底からは登り返しになるので息をきらして洞窟にたどり着いた。中に入ると、自然にできた仏塔に目を奪われる。この洞窟のご神体は天然のチョルテン、巨大な鍾乳石だ。

鍾乳洞の中に入り、その景色に圧倒された


2014年の訪問時に出会った、ここを管理していた若夫婦の写真を持ってきたが、この時この場所を守っていたのは一人のチベット人男性だった。

彼は、世界中の聖地を周っていて6ヶ月目になるとのこと。その彼に洞内を案内してもらう。

自然にできたターラ菩薩、パドマサンバヴァ(注1)などの像がある(詳しくは『ムスタン・曼荼羅の旅』(奥山直司 著/中央公論新社を参照)。


彼の説明を聞きながら、岩に目をこらすと確かにそれが仏の顔や体に見えてくる。これらの像はたとえ壊されてもまた同じ形が岩の中から現れるという。色々質問を重ねていると、かなり関心が高いと感じたのか、「もう一つ、上に洞窟があるよ」と話してくれた。

そこは未だ外国人を案内したことはなく、道もついていなかったが、ちょうど2週間前に村人総出で作った道が完成したばかりだという。時間に余裕がなかったが、せっかくなので案内してもらった。

最初に見た鍾乳洞とは違って、タルチョはあったが、それだけで、仏像や祭壇のようなものはなかった。その洞窟には、様々な言い伝えがある。ある石の間にわずかなすき間があり、そこを通り抜けられた人は信仰心が強いという。私たちは、ああでもない、こうでもないと必死になって、足がつりそうになりつつ、あらゆる角度からチャレンジした末、なんとか通り抜けることができた。

次に示されたものは、太い石柱。これに両手を回して右手と左手の指先を触れることができた人は、天国にいる親といつでも再会できるという。メンバー全員がチャレンジし、大いに盛り上がる。私も必死に抱きつくが、指先は届かなかった。

私は、チベット人の彼に「次はどこへ行くの?」と聞くと、「ドルポに行く」と言っていた。「ドルポのどこへ?」と聞くと、「シェー ゴンパだ」と。私達もまた、このムスタンの旅を終えたらドルポへと向かう。

またどこかで会えたらいいねと、最後にみんなで記念写真を撮った。写真を見るとみんなとてもいい笑顔だ。結局、滞在は2時間を超え、今日のその日の宿泊地、シャンボチェに着いた時は、18時を回っていた。

(注1):パドマサンバヴァは、8世紀後半にチベットに密教をもたらしたとされる人物

稲葉香さんの「ドルポ越冬プロジェクト」、クラウドファンディングでサポーター募集

過去4回、ドルポを旅した稲葉さんだが、厳冬期のドルポは見たことがない。氷点下20~30℃にもなるドルポで、現地の人たちとともに、ひと冬を過ごしたい! この「ドルポ越冬プロジェクト」では、クラウドファンディングでサポーターを募集中! 

⇒詳しくはこちら

稲葉香さんが自費出版で2冊の本を出版

『Mustang and Dolpo Expedition 2016 河口慧海の足跡を追う。ムスタン&ドルポ500キロ踏破』

(46ページ・写真付き) 1500円

2016年に河口慧海の足跡を忠実に辿り、慧海が越境したであろう峠クン・ラまで歩き、国境からは、アッパードルポからロードルポをできるだけ村を経由して横断し約60日間で500km以上を歩いた時の報告書を、編集したもの。

『未知踏進 稲葉香の道』

(14ページ・写真付き) 1000円

18歳でリウマチ発症、24歳で仕事を辞め、ベトナムの旅へ。ベトナム戦争の傷痕に衝撃を受け。28歳では植村直己に傾倒してアラスカへ。30歳で河口慧海を知り、河口慧海を追う旅が始まった。流れるように旅に生きる稲葉さんの記録。

⇒詳しくはこちら

記録・ルポ 海外
教えてくれた人

稲葉 香(いなば かおり)

登山家、写真家。ネパール・ヒマラヤなど広く踏査、登山、撮影をしている。特に河口慧海の歩いた道を調査。大阪千早赤阪村にドルポBCを設営し、山岳図書を集積している。ヒマラヤ関連のイベントを開催するなど、その活動は多岐に渡る。 http://www.dolpo-hair.info/dolpobc.html

同じテーマの記事
慧海が10ヶ月滞在していた村、ツァーランで、私が確かめたかったこと
今から100年以上も前に、標高5000m以上あるヒマラヤ奥地の峠をいくつもこえた僧侶、河口慧海。その足跡を辿る稲葉香さんは、慧海が10ヶ月もの長期にわたって滞在したツァーランという村へ入った。そこで見たものは?
巨大なマニ壁のあるゲミ、そして、グランドキャニオンのようなダークマーを経て、ツァーランへ
今から100年以上も前に、標高5000m以上あるヒマラヤ奥地の峠をいくつもこえた僧侶、河口慧海。その足跡を辿って、稲葉 香さんらが歩いた2016年の記録。シャンボチェからスタートし、河口慧海が10ヶ月を過ごしたというツァーランに向けて歩く。
アッパームスタン入域、慧海が滞在した村ツァーランへの道
河口慧海の足跡を辿って、2年ぶりにアッパームスタンへと足を踏み入れた稲葉香さん。カリガンダキを北へ、かつてチベットとインドとの塩の交易路として栄えた道を歩く。今回は、カグベニからチレまでの道について。
はるか遠くに見える慧海が歩いた山。カリガンダキを越えて、ムスタンとドルポの県境へ
100年以上も前に日本人として初めてチベットへの入国を果たした僧侶、河口慧海。その足跡を辿って、稲葉香さんらが歩いた2016年の記録を追う。今回は、ドルポの入域地点、ジョムソンからドルポとムスタンの県境、カグベニまでの旅を紹介する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。