このエントリーをはてなブックマークに追加

「防災と山道具」。登山経験者なら、いざという時に備えておこう

好日山荘おとな女子登山部 リレー連載
道具・装備 2019年09月30日

登山専門店の好日山荘では、女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」の活動を通して、ブログでの情報発信や、登山イベントなどを行っている。今回のテーマは「防災と山」。山のアイテムが、防災グッズとしても有用だということを踏まえて、好日山荘本社に勤務のあややさんに、登山経験者ならいざという時に備えておきたいアイテムについて、自らの経験も踏まえて、教えてもらいました。

みなさんこんにちは。おとな女子登山部のあややです。9月は「防災月間」ですね。

街を歩いたり、ネットを見ていると、今年は特に様々な企業や販売店が、“防災”をテーマに様々な取り組みをしているように感じます。

「天災は忘れた頃にやってくる」と言いますが、昨今は異常気象が多く、ゲリラ豪雨などもひと昔前よりも頻繁で、自然災害に遭遇する機会が増えたように思います。

 

※9月9日に関東に直撃した台風により、千葉県ほか各地で台風被害に遭われたみなさまに対して、心よりお見舞い申し上げます。

 

私の経験 ――通勤中に大阪北部地震に遭遇――

記憶に新しい2018年の大阪北部地震の際、私はちょうど出勤途中で、神戸市内の駅にいました。「あれ? 何か揺れてる?」と思い、取りあえずサッと身をかがめました。揺れが収まってからは駅員さんからの指示でコンコースに移動しました。

しばらく待機指示が出ましたので、この先断水の可能性もあると判断し、まず駅のお手洗いに行きました。本当に偶然だったのですが、その日は山道具を紹介するラジオ番組に出演するという仕事に行く途中だったので、ザックの中にいくつかの登山道具が入っており、ひとまず持っていた座布団を床に敷き(ベンチは既に満席でした)、待機しました。

細かい話は割愛しますが、結局その日は自宅待機となったので、途中でパンと水を購入し、約1時間の道のりを歩いて帰ることになりました。荷物はザック、足元はスニーカーを履いていたので特段支障なく無事帰宅することができましたが、周りを見てみると、スーツやヒールのある靴でお仕事されている方が多く、その苦労を思うと、自分は恵まれているなと少し申し訳ない気持ちになったのを思い出します。

幸いにも大事には至らなかったエピソードなのですが、冷静に行動できたのは、やはり普段から登山を経験していることが大きかったように思います。災害時は、大雨、強風、道のぬかるみ、停電、交通機関の麻痺等が考えられます。これって、悪天候時の山と少し似ている部分があると思いませんか?

みなさんの中には「何かしなければいけない、何か備えなければいけない」と思いつつも、一体何から準備したらいいのか分からず、結局、何も対策をできていないという方が多いのかもしれません。

防災用品の一例。登山の装備を、いざというときの備えに!


私自身、小学生の時に兵庫県で阪神大震災を経験しましたが、常日頃から情報や知識の収集を行い、必要な物を備蓄し、地域や職場の避難訓練に自主的に参加する・・・なんて、積極的な行動は取っていませんでした。

ということで、今回は登山を通して、もっと気軽な気持ちでの防災準備について考えてみたいと思います。

登山用品は、実は防災用品も兼ねた商品がたくさんあるんです。

 

防災グッズとして用意しておきたい3アイテム

登山を経験すると、水を調達すること、トイレの問題、火を使うこと、は自然と身につくことが多いです。

難しく捉えるのではなく、山に行くのと同じように準備をするのがいいのかなと思います。特にテント泊に慣れておくと、自信がつきます。

最初はキャンプ場で練習するのもあり


これまた昨年の話ですが、7月の西日本集中豪雨の際も、私の住んでいる地域では電気が止まりました。

しかしながら、断水しても携帯トイレがある、ガスが止まってもバーナーがある、電気が止まってもヘッドライトがある、色々あると思うと意外と冷静に受け止め、明るいうちにテント泊装備をまとめました。

では、防災グッズとして、何を用意したら良いのでしょうか?

普段から使用している日帰り登山に使用するトレッキングシューズ、ザック、レインウェア、グローブ、ヘッドランプなどの基本装備は必須です。その中でも特に大事な装備が3つあります。

 

①ホイッスル

ザックのチェストハーネスについているホイッスル


助けを呼ぶ際、声を出し続けるのは困難です。少しでも早く気付いてもらうにはホイッスルが役立ちます。キーホルダータイプがお勧めで、私もザックの肩ベルトにいつも付けています。軽く吹いても大きな音が出るものを選びましょう。ザックのチェストハーネスがホイッスルになっているザックもあるので、一度自分のザックを確認してみましょう。

 

②ヘッドランプ

ヘルメットと併用する場合も


避難時に明かりは欠かせません。懐中電灯より、両手が自由になるヘッドランプがおすすめです。電池の予備も準備しておきましょう。

暗いとどうしても心理的に不安になってしまいますが、明るいと災害時は絶対的な信頼感があります。

真っ暗な場所で使用する場合を想定し、100ルーメン(明るさの単位)以上のものを選びたいところです。特に登山用のヘッドランプは様々な種類がありますので、分からない場合は販売店スタッフに聞いてみましょう。

 

③モバイルバッテリー

モバイルバッテリーはいつも満タンにして準備


スマホの普及により、普段から持ち歩かれている方も多いかと思います。通話だけでなく、災害状況の確認など、ほとんどのことを携帯電話で確認する時代ですので、必ず用意しておきたいところです。

外気温が寒い場合、スマホの電池は消耗が激しいですし、登山時にGPS機能を使用したりすると電池の消耗が早いので、持っておいて損はないアイテムです。

その他にも、エマージェンシーキット マルチツールがあれば更に安心です。

ポイントは“すぐに取りだせる場所にあるか”どうか。家のどこかにあっても、すぐに取り出せる場所に置いておかなければ意味がありません。家族がいる方は必ず全員で確認しておきましょう。

 

食事、水、トイレはどうする? 避難時にも役立つ登山アイテム

災害時に大事なことのひとつは食料です。

美味しそうな缶詰、日持ちのする乾物、アルファ米、行動食として使用するハイカロリーな栄養バー・・・。山ごはんを作る機会が多い私は、日頃からこういった食料をストックしています。

備蓄するぞ! という気持ちではなく、食料品店をパトロールしながら、美味しそうなものを探しているだけで、山の準備と防災の両面で役に立ちます。まぁ、ただの食いしん坊なんですけど(笑)

最近はフリーズドライも非常に美味しいですね。

アルファ米は水で戻して食べられるものもあるので、火の確保が難しい時は重宝します。たまに日付を確認し、賞味期限が近いものは、ごはんを作るのが面倒な時、お家で食べてしまいましょう。

パッケージがそのまま食器代わりになるタイプも


そして食料以上に意識したいのが、“安全な水”の確保。ライフラインの中でも断水が一番辛いかもしれません。給水支援が始まるまで、自分で何とかしなければならない状況がもし発生したら・・・。

地域によっては湧水や、水場として紹介されているような所があるかもしれませんが、可能であれば煮沸して飲みたいところ。ただし、燃料を使用するのは、手間がかかりますので、そんな時にあると便利なのが「浄水器」です。

北海道に出掛けた際は、エキノコックス対策として浄水器を使用した


池や川から直接ポンプで吸って、ろ過することができますし、浄水しながら直接飲むこともできます。都会では、なかなかそんな場所もないかもしれませんが、万が一の手段として非常時の飲料水確保に有効です。

お手軽なソーヤーミニ。ペットボトルにも装着できるのが魅力。菌類を99%除去


もし、火を使えたなら利便性が格段に上がります。

アウトドアでは手軽に使用できるガスバーナーや、軽量なアルコールストーブなど、様々な種類があります。基本的に腐るものではありませんので、一家に1台、置いておくのも良いと思います。

あたたかい飲み物でホッと一息、1杯の飲み物がきっと心に元気と余裕をもたらしてくれるはずです。

取り扱いが簡単なガスバーナー


比較的燃料の確保が簡単なアルコールストーブ。シンプルな造りは故障も少ない


かなり切実な問題なのがお手洗い。待ったなしにやってくる生理現象は我慢ができません。

以前、「山でのトイレ」に関する記事でも紹介しましたが、断水に備え、携帯トイレは常に常備しておきましょう。

使い方は意外と簡単です。車に積載しておくのも良いかもしれませんね。

一度使ってみることをおすすめします


更にツェルトがあると便利です。

ツェルトとは登山用の簡易テントで、軽くてコンパクトなアイテムです。テントのようにしっかり張らなくても、被るだけでもOKですので、お手洗いの目隠しとして使用したり、着替えたりするのに重宝します。手のひらサイズのものが殆どなので携帯性も抜群です。

変化自在のツェルト。寒さしのぎにも有益


ツェルトはポールと細引き(紐)があれば、より広く建てることができます


テント泊装備(テント、シュラフ、マット)があれば更に快適に過ごせます。

機会があればテント泊をしてみよう


先ほど紹介したツェルトの使い方は、10月26日(土)開催「女性限定 好日山荘・おとな女子登山部アカデミー」で伝授しますので、そういった機会にぜひ楽しく学んでいただければと思います(詳細・申し込みはこちら)。

その他、好日山荘では「登山×防災」をテーマに、特設ページを設けていますので、ぜひご覧ください。(⇒https://www.kojitusanso.jp/pickup/1809emergency/

まずは、普段から山道具に触れることが第一歩。

お子様がいるご家庭でも、やみくもに恐れず、最初は楽しみながら防災用品に触れる機会を持ってみることをお勧めします。

 

*****

最後に、上記のような“モノの備え”は大切ですが、もうひとつ、お金では買えないのが“経験値”です。

特に単独登山の時は、自分自身が取捨選択しながら進むことが多々あります。こういった経験値がいずれ自分の身を守ることに繋がります。自分自身をしっかりと守れるように。登山を通して、自分で判断できる力や応用力を身に付けていきたいものです。

教えてくれた人

あやや(好日山荘おとな女子登山部)

兵庫県生まれ。山ガールブームの波に乗り、好日山荘への転職をきっかけに山にはまる。岩場や鎖場などスリリングな場所が好きだが、最近はのんびり登山も楽しんでいる。どちらかと言うと山ごはんより山スイーツを作るのが得意。好きな山域は九州、東北の静かな山。
2019年現在、好日山荘・営業企画部に所属。主に社内イベントやおとな女子登山部の企画運営を行っている。
⇒おとな女子登山部メンバーはこちら

好日山荘 神戸本店

ハイキングから本格登山までさまざまな登山スタイルに対応するアイテムを取り揃える登山用品店。クライミングジム「グラビティリサーチ」も併設。

所在地/兵庫県神戸市中央区磯上通4-3-10 IPSX EAST 2F
TEL/ 078-265-2045
営業時間/11:00~20:00(1Fショップは11:00~22:00 土日祝11:00~20:30)
アクセス/JR三宮駅より徒歩約10分

同じテーマの記事
雪山を歩いてみよう! ~雪山の楽しさ、装備の紹介と注意点~
登山用品専門店「好日山荘」の女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」に、山のイロハを聞くリレー連載。今回は、いよいよシーズンが始まる雪山について、その魅力と注意すべきポイント、用意したい装備などを、好日山荘銀座店の「るんちゃん」にお話を伺いました。
ステップアップして憧れの山に挑戦しよう! 北アルプス13日縦走までの具体例をご紹介!
今回の好日山荘「おとな女子登山部」リレー連載は「ステップアップして憧れの山に登るには?」がテーマ。なんば店勤務で登山ガイドの資格も持つ「つじまい」さんの体験を交えてのアドバイスを紹介。
山でグルメを制すれば、登山がもっとたのしくなる! 山ごはん、行動食、スイーツ、山小屋のご飯など食べものについて
登山専門店・好日山荘の女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」。登山にどっぷりハマっている女性スタッフに、山のノウハウやおすすめアイテムなどを聞く連載、第7弾は、食欲の秋にぴったりな、山ごはん、山スイーツです!
登山歴20年の私が選ぶ、山でも使えるこだわりアイテム!
登山専門店の好日山荘では、女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」の活動を通して、ブログでの情報発信や、登山イベントなどを行っている。「ヤマケイオンライン」でのリレー連載第5回目となる今回は、好日山荘大宮店のニコさんが、「こだわりアイテムの選び方」を教えてくれた。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年1月19日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?