このエントリーをはてなブックマークに追加

身の丈に合った登山プランを着実に実行するために――、ソロハイクのプランニングTips

From ワンダーフォーゲル編集部
登山技術 2019年10月01日

自由気ままなに1人で山に登るのは、登山の醍醐味のひとつだ。登山計画を1人で計画して、ひとりで歩く。身の丈に合ったプランを着実に実行し、スキルアップしていくためのプランニング術のTipsには、どんなものがあるだろうか。

文/川原真由美 イラスト/武田侑大

 

どの山に、どのルートで登るかを決め、必要な体力と時間をはかり、事前の情報収集を行なう。プランニングの基本はソロでもグループでも同じだ。

ただ、ソロの場合は、途中で道迷いやケガなどのアクシデントが起こったり、計画どおりに進めなかったりした場合、すべて自分で解決しなければならない。大げさかもしれないが、覚悟をもち、リスクを踏まえたプランニングが必要だ。そこで登山ガイドの木元康晴さんに、ソロハイクのためのプランニング術をうかがった。

 

初めてのソロハイク、どう計画する?

初めてのソロハイクは、想像以上に緊張するもの。ハードでチャレンジングなことは避け、リスクを抑えたルートで“ひとりで歩くこと”を経験したい。万が一の場合はサポートを求められるよう登山者が多く、過去に歩いたことがあるルートならなおベター。

分岐が少ない行程で道迷いをふせぎ、ピストンなら状況を把握しやすく、何かあったときに戻りやすい。ソロで歩くことに慣れながら、いろいろな山域、異なる特徴をもったコースを歩いてみることも大切。環境や気象、足元の状態など、多くの経験を積み重ねて、対応力を上げていきたい。

 

机上登山でコースのプロフィールを知る

コースを知るために木元さんが実践しているのが地形図での机上登山。パソコンで1/25000地形図を出力したら、登山地図をベースに歩くコース、ピーク、鞍部、分岐、水場、隣接する沢、コースに合流する尾根などを書き込んでいく。

さらに、ガイドブックやウェブでの下調べで気になった点、たとえば「高度感があって緊張する」「急な登り500m」「水場が涸れている可能性あり」などを加えてカスタマイズ。進めるうちにリスクが浮かび上がり、アクシデント回避にもなる。地図はバックアップを兼ねて紙とスマートフォンの両方を持つようにしよう。

 

登りたい山と体力のバランスを考える

コースの負荷が体力を超えているのは大きなリスク。無理のない計画を立てるために、自分の体力はきちんと把握しておこう。コースタイムに対してどれくらいの比率で歩いているか、標高差100mを登るのに何分かかるか、数値で知っておくと所要時間を推測しやすい。また、定期的に同じコースを歩くことで現状の体力を確認しておくのもいい。

そして、実際の登山で木元さんがすすめるのが心拍計の活用。心拍数が上がりすぎると疲労を早め、ガクッとペースが落ちることがある。行動中の心拍数は220-年齢×0.75の数値以下を目安にしよう。

 

事前の情報収集で、山行をスムーズに

コースの特徴や注意点を詳しく知りたいときは、取材に基づいて、これから登る人のために書かれた登山のガイドブックがおすすめ。ウェブの山行記録も参考になるが、書き手の主観であることを理解しておく。

下山後の交通情報の収集もぬかりなく。季節によってバスの本数が違う、タクシーを呼べないという場合もある。焦りは事故につながるので、慣れないうちは下山後に使えるバスが1本しかないというコースは避けたい。

また、登山口の最寄り駅で買おうと思ったらコンビニがないという例もあるので、行動食や飲料は早めに用意しておこう。

*  *  *

木元さんによるソロハイクのプランニング術は、発売中のワンダーフォーゲル10月号でさらに詳しく解説。特集「ひとりで山へ」では、登山者を惹きつけるソロの魅力と、リスクへの対処法について考察する。

登山計画 単独行
教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

スリルと展望の岩稜の山は、3000m級の日本アルプスだけにあるわけではない!
まさかと思うようなスリリングな岩稜歩きが楽しめる低山や中級山岳は全国各地に存在。関東・関西近郊をメインに、全国の「岩稜名山」を紹介します。
 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
テント泊でガスストーブを忘れた! お湯が沸かせなくてもカップラーメンは食べられる?
テントを設営してさあ食事!と思ったらガスストーブを忘れた、なんてことは起こりうる自体だ。これはもはや致命的なミス、と思っている方。工夫すれば、なんとか食事にありつける方法もある。
知れば知るほど奥深い!「全国岩稜名山」の魅力とリスク
全国各地に存在する岩稜の名山。北アルプスなど、高山の岩稜の山とは一味違った地方・低山のリスクと、それを押しても行きたくなる魅力について紹介する。
テント泊登山で守るべきルールとマナー、4ヶ条。登山地ならではの行動と気遣いを!
登山のテント泊には、守るべきルールとマナーがあるのをご存じだろうか。周りに迷惑をかけない、自然をいたわるなど、登山地ならではの行動が求められる。他者と自然を気遣う心をもって、テント泊登山を楽しもう。
桜花のいってきマウンテン~低山おやまぁ発見記~ 『ワンダーフォーゲル』で新連載スタート
山が好きすぎて芸名にもなった、山登り大好き芸人、“ダジャレのスペシャリスト”として名を馳せる、桜花さんの新連載がワンダーフォーゲル6月号からスタート! 初回は栃木県の低山、両崖山&天狗山へ――。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月27日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ