このエントリーをはてなブックマークに追加

身の丈に合った登山プランを着実に実行するために――、ソロハイクのプランニングTips

From ワンダーフォーゲル編集部
登山技術 2019年10月01日

自由気ままなに1人で山に登るのは、登山の醍醐味のひとつだ。登山計画を1人で計画して、ひとりで歩く。身の丈に合ったプランを着実に実行し、スキルアップしていくためのプランニング術のTipsには、どんなものがあるだろうか。

文/川原真由美 イラスト/武田侑大

 

どの山に、どのルートで登るかを決め、必要な体力と時間をはかり、事前の情報収集を行なう。プランニングの基本はソロでもグループでも同じだ。

ただ、ソロの場合は、途中で道迷いやケガなどのアクシデントが起こったり、計画どおりに進めなかったりした場合、すべて自分で解決しなければならない。大げさかもしれないが、覚悟をもち、リスクを踏まえたプランニングが必要だ。そこで登山ガイドの木元康晴さんに、ソロハイクのためのプランニング術をうかがった。

 

初めてのソロハイク、どう計画する?

初めてのソロハイクは、想像以上に緊張するもの。ハードでチャレンジングなことは避け、リスクを抑えたルートで“ひとりで歩くこと”を経験したい。万が一の場合はサポートを求められるよう登山者が多く、過去に歩いたことがあるルートならなおベター。

分岐が少ない行程で道迷いをふせぎ、ピストンなら状況を把握しやすく、何かあったときに戻りやすい。ソロで歩くことに慣れながら、いろいろな山域、異なる特徴をもったコースを歩いてみることも大切。環境や気象、足元の状態など、多くの経験を積み重ねて、対応力を上げていきたい。

 

机上登山でコースのプロフィールを知る

コースを知るために木元さんが実践しているのが地形図での机上登山。パソコンで1/25000地形図を出力したら、登山地図をベースに歩くコース、ピーク、鞍部、分岐、水場、隣接する沢、コースに合流する尾根などを書き込んでいく。

さらに、ガイドブックやウェブでの下調べで気になった点、たとえば「高度感があって緊張する」「急な登り500m」「水場が涸れている可能性あり」などを加えてカスタマイズ。進めるうちにリスクが浮かび上がり、アクシデント回避にもなる。地図はバックアップを兼ねて紙とスマートフォンの両方を持つようにしよう。

 

登りたい山と体力のバランスを考える

コースの負荷が体力を超えているのは大きなリスク。無理のない計画を立てるために、自分の体力はきちんと把握しておこう。コースタイムに対してどれくらいの比率で歩いているか、標高差100mを登るのに何分かかるか、数値で知っておくと所要時間を推測しやすい。また、定期的に同じコースを歩くことで現状の体力を確認しておくのもいい。

そして、実際の登山で木元さんがすすめるのが心拍計の活用。心拍数が上がりすぎると疲労を早め、ガクッとペースが落ちることがある。行動中の心拍数は220-年齢×0.75の数値以下を目安にしよう。

 

事前の情報収集で、山行をスムーズに

コースの特徴や注意点を詳しく知りたいときは、取材に基づいて、これから登る人のために書かれた登山のガイドブックがおすすめ。ウェブの山行記録も参考になるが、書き手の主観であることを理解しておく。

下山後の交通情報の収集もぬかりなく。季節によってバスの本数が違う、タクシーを呼べないという場合もある。焦りは事故につながるので、慣れないうちは下山後に使えるバスが1本しかないというコースは避けたい。

また、登山口の最寄り駅で買おうと思ったらコンビニがないという例もあるので、行動食や飲料は早めに用意しておこう。

*  *  *

木元さんによるソロハイクのプランニング術は、発売中のワンダーフォーゲル10月号でさらに詳しく解説。特集「ひとりで山へ」では、登山者を惹きつけるソロの魅力と、リスクへの対処法について考察する。

登山計画 単独行
教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

時間の空いたときに、好きな山へ出かけ、自分のペースで歩ける自由さはソロ山行の醍醐味。
一方で、なにかトラブルに見舞われたときの深刻さは、仲間といるときの比ではありません。ひとりで歩くことの魅力とリスクについて考える特集です。
 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
テント泊登山で守るべきルールとマナー、4ヶ条。登山地ならではの行動と気遣いを!
登山のテント泊には、守るべきルールとマナーがあるのをご存じだろうか。周りに迷惑をかけない、自然をいたわるなど、登山地ならではの行動が求められる。他者と自然を気遣う心をもって、テント泊登山を楽しもう。
桜花のいってきマウンテン~低山おやまぁ発見記~ 『ワンダーフォーゲル』で新連載スタート
山が好きすぎて芸名にもなった、山登り大好き芸人、“ダジャレのスペシャリスト”として名を馳せる、桜花さんの新連載がワンダーフォーゲル6月号からスタート! 初回は栃木県の低山、両崖山&天狗山へ――。
NMB48白間美瑠クライマー化計画! 『ワンダーフォーゲル』で新連載スタート
アイドルグループNMB48のメンバー“みるるん”こと白間美瑠さんが、クライマーをめざして挑戦! ワンダーフォーゲル4月号からスタートする連載第1回目の様子をチラッとご紹介します。
登山中のコンパスの出番とは? 今年こそコンパスを使える登山者になろう!
「最低でも地図とコンパスは持参すべし!」という言葉どおり、登山に地図もコンパスも持っていくけど、山で一度も使ったことがない――、とすっかり宝の持ち腐れな方へ。どんなシチュエーションでコンパスは必要になるのだろうか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年10月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!