このエントリーをはてなブックマークに追加

夏山シーズン前に、体力チェック! マイペース登高能力テストと山のグレーディング表で適した山に行こう

山で必ず役立つ! 登山知識の処方箋
登山技術 基礎知識 2018年05月22日

登山の基本は、やはり体力。しっかり長時間歩く力があってこそ、難易度の高い山にトライできるもの。夏山を前にして、今一度自分の「登高能力」を確認し、体力に適した山を「山のグレーディング」から探して欲しい。

 

5月連休が終わり、いよいよ夏山シーズンが始まろうとしています。憧れの山をイメージして夢はふくらむばかりかもしれませんが、山に行く前に体力チェックをしておくことをオススメします。登りたい山があるのは良いことですが、その山に通用する体力がなければ山を楽しむことができないばかりか、事故を起こしてしまったり、最悪の結果を招いてしまったりする可能性もあります。

夏の山は体力が勝負となります。そこで今回は自分の体力がどのくらいあるのか、その体力がどの程度の山に通用するのか。初心者の皆さんが気になることをお伝えします。

自分の体力を客観的に知る方法に「マイペース登高能力テスト」があります。これは鹿屋体育大学の山本正嘉先生が提唱されている方法で、「山と溪谷」の2016年3月号でも紹介されました。

自分にとって少し頑張って登る、でも苦しかったりきつかったりはしないペース、つまりマイペースで山に登った時に1時間でどの位の標高差を登ることができるかで、登山に必要な体力を診断するものです。このテストでは荷物と体に付ける靴や衣服の重量は体重の10%以内で評価するので、ほとんど空身に近い格好となります。

このテストでは1時間で標高差500mを登れたら、8メッツの体力があると診断します。「メッツ」とは運動の強度を表す単位で、安静時を1としています。つまり8メッツとは、安静時の8倍の強い運動に耐える体力があるという意味です。標高差400mなら7メッツ、300mなら6メッツとなります。

全国の山のグレーディング表ははこちらから確認しよう

 

8メッツの体力がある人は、「山のグレーディング表」で、技術的難易度C・D・Eの山に登っても体力的なリスクは少ないと考えられます。7メッツの人は技術的難易度A・Bの山が体力に見合っているため、より難易度の高いC・D・Eの山に登った時は、体力に起因するトラブルが起きるかもしれません。

★関連記事:山のグレーディングで難易度確認を! セルフレスキューの第一歩は、「自分の力量にあった山選び」

体力に起因するトラブルというのは、単純に疲れて動けなくなること以外に、疲れから集中力を欠いて転んだり、標識を見落として道に迷ったりすることも含まれます。長野県の山で近年増えているのは、心筋梗塞などの心臓や循環器系の病気でなくなってしまうケースです。これも体力不足が要因となっている可能性があります。つまり体力勝負の夏山で、自分の体力以上の山に行くと様々なリスクが高くなることを示しています。

 

「単調な登りの山」で登山体力をテストしよう

マイペース登高能力テストは、できるだけ単調な登りが500m以上続くルートならどこでもできます。例えば丹沢の塔ノ岳の大倉尾根などはオススメで、昔から「ヒマラヤに行くなら2時間で登れないといけない」と言われてきました。標高差は1,200mあるので、2.5時間で登れたら8メッツ、3時間なら7メッツの体力があります。

六甲山で、芦屋口から登るルートでは、毎年3月に“六甲タイムトライアル“が行われています。また長野県山岳総合センターでは、5月27日に、松本市郊外の美ヶ原で、「登山体力セルフチェック in 美ヶ原」を行いますので興味のある方は是非ご参加ください。

 

今年も夏山を思いっきり楽しもうと思っている人、シーズン前に是非このテストをやってみて下さい。でも、テストを頑張りすぎて体を壊すことだけはないようにしましょう!

なお、マイペース登高能力テストで診断できるのは、晴天の一般登山道を登る時の体力です。荒天時や積雪期、バリエーションルートでは、更に強い体力と、様々な技術や知識、経験・判断力などが必要となります。

 

トレーニング ボディケア
教えてくれた人

長野県山岳総合センター

長野県大町市にある長野県立の施設。「安全で楽しい登山」の普及啓発を主目的に、「安全登山講座」と動植物・地形地質をはじめ山の自然を総合的に学べる「野外活動講座」を、年間約60講習開催。講習参加者のうち、長野県外の方が約6割を占める。

⇒長野県山岳総合センター

同じテーマの記事
冬本番、備えは大丈夫? 近年の雪山遭難事故の傾向から考える、雪山との付き合い方
雪山でしか行けない場所、雪山でしか楽しめない登山――。雪山は登山者のテリトリーは大きく広げる。しかし夏山と比較すれば、そのリスクも大きい。雪の性格を知り、安全登山を心がけよう。
始めましたか?「冬山に向けての準備」。雪が降る前から始まる冬山登山の計画
秋が少しずつ深まり、標高の高い山で初雪や初氷の声が聞こえてくる時期だ。冬の足音が少しずつ聞こえてきた今から、冬山の計画を立てておこう。冬山登山は、雪が降る前から始まっているからだ。
登山における判断能力とは? リスクとハザードの認識と自分の能力を知り、的確な登山行動を!
遭難事故のニュースが絶えない夏山シーズン、その原因はどんなところにあるのか? 登山中の安全を確保するために必要な「判断能力」について今回は説明する。
上手な水分摂取が、安全登山のカギ! 飲み方、摂取量、タイミングなど、熱中症にならない水分補給法
夏山で特に注意が必要なのが「熱中症」や「脱水症状」。山は平地以上に熱中症のリスクが高い場所。水分の取り方をはじめ、摂取量、水を飲むタイミングや予防策など、登山中の水の取り方について指南。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年3月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル 
小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル  通気性を重視したグレゴリーの「ズール(ZULU)」がアップデート。背面やポケットなど、小雀陣二さんがチェックしました!
NEW カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット
軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット マーモットからこの春に登場する「サンダージャケット」は、90年代のモデルを元に、最新の素材・技術で復刻! 詳しくはこちら
NEW 週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅
週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅 香港が「トレイル天国」って知ってましたか? たった3日間の休みで海外トレッキングを堪能できる香港の山旅、その魅力を紹介!
NEW MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!
MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!	高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今月は、ラチェット式で着脱便利、登り下りも良好なMSRのスノーシューを湯ノ丸山で試す...
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!