このエントリーをはてなブックマークに追加

万が一、道に迷ってしまったら。その時の行動と、ビバークする決断のタイミング。

太田昭彦部長の「大人のワンゲル部」―リーダーとしての力を身につけよう―
基礎知識 2018年06月06日
登山愛好者として身につけておきたい知識、技術を教えてもらう「大人のワンゲル部」。今回は、ワンゲル部部長で山岳ガイド太田昭彦さんに、山で道に迷ってしまった時の行動について教えてもらう。

皆さん、こんにちは。山岳ガイドの太田昭彦です。いよいよ夏山シーズンが近づいてきましたね。しかし、遭難事故の報道は相変わらず後を絶たずに、とても心が痛みます。そこで今回の大人のワンゲル部は、「万が一、道に迷ってしまったら」をテーマに皆さんと無事に生還する方法を考えてみたいと思います。



道に迷ったと思ったら、来た道を戻ろう

万が一、道に迷ってしまったら、なるべく早い段階で来た道を戻ることが大切です。登りであれば、来た道を下ります。しかし、下山中の道迷いであれば、来た道を登り返すことになるために、迷いが出てくるものです。疲れていると登り返すのが億劫になり、ルートに確信を持てないまま下ってしまうということがよくあります。これは、下山中に道迷いが多い原因です。下れば下るほど、場所が特定できていた道から遠ざかり、迷いこんでしまうからです。

降雨や霧(ガス)がでて視界がわるくなり、道を見失うこともある

道に迷ったと思ったら、心を強くして来た道を戻るように心掛けてください。登ることで周囲の展望が開けて、現在地が確認できる可能性が広がります。



万が一に備えて、早目にビバークの準備をしよう

記憶を辿りながら、頑張って来た道を戻ったけれど、現在地が特定できずに日没が迫ってきた。そんなときは暗い道で無理に行動するよりも、明るいうちにビバークする準備を始める決断も必要です。ビバークをする場所は、安全を確保できる場所である必要があります。落石や転落の危険がなく、雨風を受けにくい場所が適しています。落ち着いて、少しでも安心して過ごせる場所を探しましょう。



ビバークするために携帯しておきたいもの

いざという時に備えて、ツエルトと非常食&水の用意はしておくべきです。単独で行動する場合も、一人用の軽くてコンパクトなツエルトがありますので、お守り代わりにザックに忍ばせておくことをお勧めします。特に雨風が出てきた時に、ツエルトがあるかないかでは、天と地ほどの差が生まれます。ツエルトを張って中で過ごしたり、ツエルトを張るスペースがとれなければ、そのまま被ることができたりもします。非常時は、ツエルトを使って、できるだけ体温の低下を防ぎましょう。

ツエルトがない時にビバークする場合は、できるだけ寒さをしのぐために防寒具や雨具を身にまとい防寒対策としてください。夏場でも夜になると気温が下がるためです。



非常用に食べ物、水は多めに持っておく

非常食は、自分が疲れていても食べられる、軽くてコンパクトな携帯食を探しておき、登山の時は持っていく習慣をつけておくと良いでしょう。予定通り無事に下山できた時は、帰りの電車や車でおやつ代わりに食べれば無駄にはなりません。

最後に水です。僕の場合は350mlのペットボトルの水をいつも予備に持っていて、これは下山するまで飲まないと決めています。要するに非常用の水です。お腹が空いても、ある程度は我慢ができますが、水が飲めないのは非常に辛いです。道迷い中に、水を求めて沢へ向かい、水辺へ降りる途中で転落事故を起こしてしまうケースもありますので、十分な量の水を用意しておくことを心掛けてください。



登山者として登山計画書の提出を!

どうしても戻る方向がわからなくなってしまった時は、携帯電話が繋がるなら、少しでも早く、警察や消防に連絡を入れましょう。現在はGPSでおおよその位置が特定できることもあるようです。

ただ、捜索をする上で重要な手掛かりとなるのは、計画書です。「いつ、誰と、どこから登って、どこに下る予定なのか」を明確にするために登山計画書を提出しておきましょう。携帯が繋がらない状況下でも、予定の日に下山出来なかった時は、家族や友人が警察に捜索を依頼します。その判断ができるのも計画書があってこそでしょう。

ここ数年、年間3千人に近い登山者が山で遭難している。
登山の経験値に関わらず、遭難事故の可能性があることを覚えておいてほしい

登山者の最低限の責任として、計画書を出す、ビバーク用具や非常用の水、食料を持つという意識を高めて欲しいと思います。

セルフレスキュー 危機管理
教えてくれた人

太田 昭彦

1961年、東京生まれ。高校ワンゲル部時代に登山の魅力にはまり、高校卒業後は社会人山岳会に入会。岩・沢・雪とオールラウンドに活躍。ヒマラヤやヨーロッパアルプスの山々にも足跡を記す。登山教室・歩きにすと倶楽部主宰。日本山岳ガイド協会認定・山岳ガイドステージⅠ、埼玉山岳ガイド協会会長。

歩きにすと倶楽部

山岳ガイドの太田昭彦が主宰する会員制の登山教室。30代から70代の会員の方が観音参りなどのウォーキング、高尾山のハイキングから日本アルプスまでの山歩きを自分の体力や経験に応じて楽しんでいる。
http://www.alkinistclub.com/

同じテーマの記事
美しい紅葉に出会うために―。“紅葉の見ごろ”を9月の気温から予測してみよう!
登山愛好者として身につけておきたい知識、技術を教えてもらう「大人のワンゲル部」。今回は、気象予報士の資格をもつ登山ガイドの上村博道さんに“紅葉の見ごろ”を簡単な計算式で予想していた(!)話を伺った。ぜひ参考にして、美しい紅葉に出会う登山をしてほしい。
実はよくある登山靴のトラブル。登山ガイドに教わる、靴底剥がれの対処法&役立つグッズ
山の中で登山靴のソールが剥がれてしまった時の対処法は? 上村ガイドの実体験から学んだ知恵は「テーピングによる補修」だった。その経験談と巻き方を伝授する。
梅雨時期は特にヤマビルの被害の多い時期。知っておこう! 山でのヒル対策、撃退法。
特に梅雨時期は、ヤマビルが活発に活動する時期。登山ガイドの上村博道さんが教える対策方法を参考に、山でのヒルの被害を減らしてほしい。
ゴールデンウィークに、北アルプスで吹雪となった理由を考える。気象予報士から教わる山の天気(1)
登山愛好者として身につけておきたい知識、技術を教えてもらう「大人のワンゲル部」。今回は、気象予報士の資格をもつ登山ガイド上村博道さんに山の天気について教えてもらう。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年10月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
NEW ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは? モニター5名募集!
NEW 透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す!
透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。透湿地が高いミレーの「ティフォン50000」上下を雨の岩菅山でテスト!
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。