このエントリーをはてなブックマークに追加

扱いやすさはダウン以上!? 化繊インサレーションの選び方 -登山の保温着を考える2-

登山道具の買い方・選び方、ショップのスタッフに聞きました!
道具・装備 2019年01月25日

季節を問わず登山のマストアイテムとなる防寒ジャケットには、ダウンと化学繊維(以下、化繊)の中わたがある。それぞれの中わたを使ったアイテムが多彩にそろうが、どれを選べばいいか悩むところ。そこで、前回のダウンジャケットに続き、「化繊インサレーションジャケットの賢い選び方」についてさかいやスポーツ 高橋さんに聞いた。

取材/文=辻 歌

 

化繊のメリット・デメリット

ライターT:前回の「登山の保温着を考える 1」では、登山用ダウンジャケットについてうかがいました。今回は、化繊のインサレーションジャケットについて教えてください!

高橋さん:ダウンジャケットは、保温性とコンパクト性・軽量性のバランスに優れているという話をしました。だけど、雨や雪、汗などで濡れたときに保温性が保てなくなるデメリットも・・・。そこで、濡れるシーンが想定される登山の場合におすすめしたいのが、化繊インサレーションジャケットです。

さかいやスポーツ ウェア館には、化繊のアイテムも多彩にそろう


ライターT:化繊だと、濡れても保温性が保ちやすいのでしょうか。

高橋さん:化繊にはさまざまな種類がありますが、共通しているのは濡れてもロフト(かさ高)を保ちやすいということ。ロフトを確保できることで、保温性が下がりにくくなります。

ライターT:どんな場合に、化繊を選ぶといいのでしょうか?

高橋さん:冬山なら、アイスクライミングのビレイで着用する方や微妙な気象条件で登山をする方。夏山なら、沢登りをする方などでしょうか。水や雪で濡れる可能性が高いエクストリームなアクティビティをする場合は、化繊のほうが向いているでしょう。さらに、ダウンジャケットに封入されている羽毛は、水や汗だけでなく湿気にも注意が必要。湿度の高い時期に長期間の縦走をすると、湿気を帯びたダウンをもとのロフトに復元させるのが難しい場合があります。そんなときはダウンを避け、化繊を選んだほうがいいです。

ライターT:濡れることが想定されるアクティビティなら、化繊を選ぶのがよさそうですね。

高橋さん:あと、ダウンに比べて手入れがラクなのもメリット。ダウンも化繊もできるだけこまめに洗うことで保温性をキープできるので、手入れのしやすさは、よく着用する方ほど大きな利点になると思います。

ライターT:化繊のデメリットはありますか?

高橋さん:ダウンと比較するとかさ張り、重量も重くなるところです。一概には言えませんが、化繊に比べてダウンのほうがボリュームに対しての保温性に優れている。つまり、見た目が同じくらいのボリュームの中わたのジャケットなら、ダウンジャケットのほうが軽く感じ、同じくらいの中わた量のジャケットであればダウンジャケットのほうが暖かく感じるでしょう。持ち歩くのをメインに考えた場合、大きさや重さは重要ですから、多少値段が高くなってもダウンをおすすめする場合が多いです。

 

化繊インサレーションには2タイプがある

ライターT:化繊には具体的にどのような特徴があるのでしょうか。

高橋さん:「登山用ダウンジャケットの賢い選び方(URL)」でお話しましたが、ダウンの基本は着て歩く「行動着」ではなく、行動していないときに着る「保温着」です。それに対し、化繊インサレーションジャケットは「保温着」と「行動着」の2タイプがあります。この2つには明確な用途の違いがあるので、購入時は気を付けてください!

ライターT:そこに気を付けないと、せっかくのインサレーションジャケットが実力を発揮できないままですよね・・・。

高橋さん:寒い時期の「行動着」として作られているアイテムは、汗などがこもらないように中わたや生地の通気性が高いことが特徴。それを「保温着」として着てしまうと、通気性がありすぎて保温性が足りないことになりかねない。化繊をダウン代わりの「保温着」として考えているなら、必ず「保温系」の化繊を選ぶことが大切です。

ライターT:「行動着」としての化繊は、ダウン代わりにはならないのですね。

高橋さん:「行動着」として作られている「アクティブインサレーション」と呼ばれるものは、ダウンではなくフリースやソフトシェルの代わりです。だから寒い時期の登山などでこれを選ぶ場合は、「保温着」の役割を果たすダウンジャケットや化繊ジャケットをもう一つ持って行くことになります。

ライターT:本当に役割が違いますね! 「保温着」と「行動着」の見分け方はありますか?

高橋さん:化繊はそれ自体にかなり種類が多く、さらに「プリマロフト」などの同ブランドでも何種類もあって・・・。さらに綿の種類が同じでも、ジャケット本体の生地や仕様によって用途が異なることも。だから、相当な知識がないと自分だけで用途を見分けるのは難しいので、そこは専門店のスタッフに聞いてもらうのがいいと思います。

 

「保温着」と「行動着」、それぞれの化繊の特徴

ライターT:「保温着」と「行動着」それぞれの用途を教えてください。

高橋さん:まず「保温着」は、ダウン代わりになるもの。用途はダウンジャケットと同じですが、水濡れに強いため、急な天候変化などに対する安心感があります。ダウンに比べてかさ張るのが一般的ですが、最近では羽毛と遜色ない軽量性と保温性をもつパタゴニアの「マイクロ・パフ」という高品質な化繊も。「マイクロ・パフ」は耐水性があるため濡れてもロフトを維持しやすいので、優秀な化繊のインサレーションジャケットとして多くの登山者に支持されています。

ライターT:「マイクロ・パフ」は、いわゆるウルトラライト系のボリュームですが、もっと保温性がほしいときにおすすめの化繊のインサレーションジャケットはありますか?

高橋さん:羽毛に比べてどうしてもかさ張って重量が増えるので、単純に中わたのボリュームを増やして保温性を高めたアイテムは少なくなっています。ただし、ある程度濡れることを想定して作られるビレイジャケットなどは、化繊を封入した中厚手や厚手のタイプも多い。基本的に、表地に耐水性の高い生地を使っているから雪や雨でも対応できます。

ビレイジャケットは、ダウンと化繊をミックスしたものも多い。


ライターT:「行動着」としての化繊のジャケットとは、どのようなものなのでしょう?

高橋さん:こちらは、フリースやセーターの役割を担うものです。低温下で行動するときでも、ゴアテックスのようなオーバージャケットを着ると、どうしてもムレてしまうことがあるでしょう? そんなシーンでは、フリースやセーターといった中間着だけで歩きたい人が多かった。でも中間着だけだと、冬山なら雪がついてしまったり、風が強いとスースーしてしまったり・・・。そこで、中わた自体はフリースのような通気性のあるものを用いて、はっ水性や防風性を備えた表地が付いたものが登場したわけです。

ライターT:「アウター機能を備えたフリース」というイメージですね。

高橋さん:「フリースとウィンドブレーカーを1枚にした」というのが化繊の「行動着」である「アクティブインサレーション」の発想に近いのでは。中には、ソフトシェルに保温性をもたせたようなものもあります。共通点は、中わたに通気性があり、表地・裏地にも透湿性を備えていること。だから着たまま歩いていても汗がこもらず、汗冷えを軽減できます。快適な通気性を感じられつつも、行動が止まっているときには程よい保温性もキープ。さらに、生地にはっ水性があり、雪が表面に付着しにくいことが特色として挙げられます。

裏地を省いて、より透湿性を高めたモデルもある


ライターT:使い方としては、中間着なのですよね?

高橋さん:用途の考え方はフリースと同じですから、中間着ですね。寒くなったり、雨や雪などが降ってきたりしたらアウターを重ねて、外気をシャットアウトすることで保温性を確保できる。だから近ごろは、フリースやセーターを買い替える人の選択肢になっています。フリースよりもアウターとして重宝し、天候がよければこれ1枚でもOKというのが魅力です。

 

タイプ別・おすすめ化繊ジャケット

ライターT:化繊を使った「保温着」と「行動着」、それぞれのおすすめインサレーションジャケットを教えてください。

高橋さん:ではまず「保温着」の、薄手タイプと厚手タイプを紹介しましょう。この厚みの違いは、「登山の保温着を考える 1」のダウンジャケットと同じ考え方なので参考にしてください。

製品情報

パタゴニア「マイクロ・パフ・フーディ」

サイズ
XS、S、M、L、XL、XXL
素材
<表地>パーテックス クァンタム リップストップ(ナイロン100%) 
<中わた>プルマフィル(ポリエステル100%)
 <裏地>パーテックス  クァンタム リップストップ(ナイロン100%)
本体価格
37,000円(税別)

 

高橋さん:「保温着」の薄手タイプでは、なかなかこれを上回るものがない・・・と言われる逸品。羽毛のような構造の特殊な化繊で、ダウンジャケットのように非常に軽くて暖かい。表地は、はっ水加工されています。余分なパーツは極力省かれていて、左ポケットに本体を収納できるパッカブルタイプです。

製品情報

ザ・ノース・フェイス「エクスペディショントランゴパーカ」

サイズ
S、M、L、XL
素材
<表地>30D ゴアテックス サーミアム リップストップ インサレーテッド シェル(2層)(表
本体価格
68,000円(税別)

 

高橋さん:アルピニストのために作られた、ビレイ時などに重宝する「保温着」の厚手タイプ。生地には優れた防風性のある素材をメインに、肩まわりには補強素材を配して強度を高めています。中わたには、濡れに強いプリマロフトを採用。口元までカバーするヘルメット対応のフード形状は、ビレイジャケットの多くに共通する仕様です。

高橋さん:次に、「行動着」としての化繊ジャケットを。こちらはフリースと同様に運動量が多いシーンでの着用を想定しているので、薄手タイプや中厚手タイプが中心となります。

製品情報

フーディニ「ウィスプジャケット」

サイズ
XS、S、M、L、XL、XXL
素材
<表地>スピナー リップストップ(ナイロン100%)
<中わた>ポーラテック® アルファ®(ポリエステル100%)
本体価格
36,000円(税別)

 

高橋さん:「行動着」の薄手タイプでおもしろいのが、こちら。フリース製品によく用いられるポーラテック社のポーラテックアルファの裏地を取り除いた、「アルファダイレクト」という化繊が使われています。裏地がないため非常に通気性が高く、「アクティブインサレーション」の理想といえるようなアイテムに仕上がっています。

製品情報

パタゴニア「ナノエア・ジャケット」

サイズ
XS、S、M、L、XL、XXL
素材
<表地>30デニール リップストップ(ナイロン100%)
<中わた>フルレンジ ストレッチ インサレーション(ポリエステル100%)
<裏地>ナイロン100%
本体価格
31,500円(税別)

高橋さん:「行動着」の中厚手タイプは、保温性と伸縮性を備えた化繊を使ったこちらがおすすめ。中間着としての保温力がしっかりありつつ、透湿性が高く絶妙な汗処理をして汗冷えを軽減してくれるアイテムです。行動中に汗をかきやすい方には暑すぎるかもしれませんが、薄手タイプで寒く感じる方には、「行動着」でもこれくらいの保温性があるものを選んでみてください。

 

教えてくれた人

高橋 典孝(さかいやスポーツ ウェア館)

山の世界で働いて20年のベテラン。ウェアに関する知識はオタク級だが山道具も大好き!!
ゆったりオートキャンプからガッツリ登山まで何でもこなすが特に最近は、トレイルランニング、テンカラ釣りに没頭中。

さかいやスポーツ

創業以来、約60年にわたり神田神保町で全国の登山家やアウトドアマンに愛されている登山用品店。ウェア、シューズ、ギアなど品目別の専門館を6店舗展開。ウェアや道具に詳しいスタッフが丁寧に解説してくれるので、ビギナーでも安心。

住所/東京都千代田区神田神保町2-48
TEL/03-3262-0432
営業時間/11:00~20:00
アクセス/神保町駅A4出口より徒歩6分、JR中央・総武線水道橋駅東口より徒歩8分

同じテーマの記事
「防災グッズ」としての登山用品 4 -長期の避難生活への備え-
最終回は「長期の避難生活への備え」について。災害への備えを考え、「防災グッズ」の視点で登山用品を紹介する連載の4回目。前回に引き続き、さかいやスポーツ 斎藤さんに聞いた。
登山初心者でも分かる! 服装選びの基本 3 -山での必須&便利アイテム-
初めての人でも登山にチャレンジしやすい春から秋。気候が比較的に安定しているシーズンとはいえ、いざ山に行くときに、単に「動きやすい服装で!」という考え方はNGだ。天気は変わりやすいし、平地では考えられないほどの風が吹くことも・・・そんな山の自然環境によるリスクを軽減するためにも、登山に適した服装を選びたい。そこで、服装選びの基本の3回目は「山での必須&便利アイテム」について、さかいやスポーツ 高橋さんに聞いた。
「防災グッズ」としての登山用品 3 -ウェア・シューズ・避難用品-
災害への備えを考え、「防災グッズ」の視点で登山用品を紹介する連載の3回目。今回は「シューズ・ウェア・避難用品」について。前回に引き続き、さかいやスポーツ 斎藤さんに聞いた。
極寒地で使われている防寒システム「VBL」は冬山での悩みを解決するか
冬季登山で汗の処理は命にかかわる問題、濡れた衣類を着たまま寒さにさらされると体温が奪われ、死につながることも。この問題を解決すべく開発されたのが、防寒システム「VBL」。保温はされるが、逆にデメリットも・・・。今回はそんなVBL製品をご紹介。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年5月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」のモニターを5名募集します!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。たくさんのご応募ありがとうございました