このエントリーをはてなブックマークに追加

登山初心者でも分かる! 服装選びの基本 2 -シーン別おすすめレイヤリング-

登山道具の買い方・選び方、ショップのスタッフに聞きました!
道具・装備 2019年04月12日

春から秋は、初心者でも登山にチャレンジしやすいシーズン。ただし、たとえ気軽に登れる山だといっても自然に向き合うかぎり、さまざまなリスクに備えた服装や装備の心がけが必要だ。そこで、登山における服装選び方の基本として第1回目の「レイヤリングの重要性」に続き、挑む山の標高や滞在日数に応じたおすすめのレイヤリングを、さかいやスポーツ 高橋さんに聞いた。

 

 

日帰りトレッキングでのレイヤリング

ライターT:前回「服装選びの基本1」では、レイヤリングの基本と、こまめな脱ぎ着の重要性について教えてもらいました。今回は、さらに具体的なアドバイスをお願いします!

高橋さん:登山は通常の生活より運動量が増えて汗をかきやすく、また突然の雨といった天候の変化に大きく影響を受けます。そのため、衣服を重ねて着て、状況に合わせて脱ぎ着することが大切だと第1回目の「レイヤリングの重要性」でお伝えしましたね。基本的なレイヤード(重ね着)の考え方は、標高の高い低いに関係なく同じです。ただ、泊まりがけの登山になるとプラスしておきたいアイテムも。また、たとえ夏でも標高が高いと寒くなる場合があるので、選ぶアイテムの厚みを変える必要もあります。

ライターT:ではまずは、春・夏・秋という比較的、気候が安定したシーズンに、日帰りで低山トレッキングに行くときのおすすめを教えてください。

日帰り登山でのおすすめコーディネート


高橋さん:ベースレイヤーには、吸汗速乾性のあるアンダーウェアもしくは、同じような機能を持ったTシャツやカットソーを着ましょう。標高1000m以下の低山で日帰りの場合は、吸汗速乾性のあるTシャツやカットソーだけでもOKです。パンツは、乾きやすくアクティブな動きを妨げない素材やデザインのものを選んでください。行動中に寒いようなら、薄手のフリースなど通気性や速乾性を備えたミッドレイヤーを重ねます。保温着としてダウンジャケットを携行していても、ダウンは雨や汗で濡れると機能を発揮できないので、歩いているときには着ないでくださいね!

ミレーの「K ライト グリッド ジャケット」は、オーソドックスなフリース

ザ・ノース・フェイスの「スーパーベントドライジャケット」は、
保温性力がありながら、行動中にも快適に着やすいミッドレイヤー


ライターT:雨が降ってきたり、ミッドレイヤーを着ても寒かったりしたときは、どうすればよいですか?

高橋さん:雨や風から身を守るためのジャケットを重ねます。雨が降ってきた場合に備えて、登山には必ずレインウェアといった雨具を持っていきましょう。風でひんやりと感じるときは、薄手でも風のあたりをやわらげてくれるウインドブレーカーがおすすめです。

レイヤリングのイメージ。詳しくは「レイヤリングの重要性」で

 

1泊以上の登山や長期縦走には、これをプラス

ライターT:日帰りではなく、山小屋やテントに泊まる登山をするときにプラスしたほうがいいアイテムは何ですか?

高橋さん:基本のレイヤリングは同じですが、ベースレイヤーには、生地が薄すぎないものや長袖を選ぶと寒暖差に対応しやすいでしょう。長袖のトップスは、袖のまくり上げで体感温度を調整しやすのがメリット。また、肌が露出しすぎないためケガや日焼け対策にもなります。

ハーフジップタイプで衣服内の温度調節がしやすいベースレイヤー、
マムートの「パフォーマンス ドライ ジップ ロングスリーブ」


高橋さん:それに加えて、1泊以上の登山の場合は、保温着を忘れないことが大切。しかも、なるべく保温性能の高いものがよく、「夏場にダウンジャケットを持っていくこと」も大げさではありません。標高が高い山は麓よりも気温が低く、特に朝晩は冷え込みます。また、天候の変化などでもぐっと冷えることがあるので、ザックのなかに忍ばせておくと安心です。

ウエスタンマウンテニアリングの「フラッシュジャケット」は、
軽量コンパクトなダウンジャケット


ライターT:ほかは、日帰りと同じで大丈夫でしょうか?

高橋さん:パンツは、生地が厚めのものを選ぶと、強風時や岩稜帯などでも安心感があります。

膝とヒップに耐摩耗パッチを配して強度を高めた
マウンテンハードウェアの「ダブルドラゴンパンツ」


高橋さん:アンダーウェアや靴下の替えは、最低でも1セット以上必要です。臭いが気になる・・・だけでなく、着ているものが濡れたのに乾かせないといった事態が起きたときのエマージェンシーアイテムとして重要なのです。なぜなら濡れて体が冷えてしまった場合、アンダーウェアが濡れたまま防寒着を着ても体は暖かくなりにくいから。全部の衣服を着替えられなくても、せめて肌に直接触れているアンダーウェアだけでも乾いたものにすると、体が発熱しやすくなります。

高橋さん:あと忘れがちなのは、帽子やグローブです。山で長時間にわたって日焼けすると体の疲れにつながるので、日除けの帽子はマスト。キャップでもいいですが、ぐるりとツバのあるハットタイプのほうが耳まわりもカバーしやすいです。また、登山中は転倒して手の平をケガする人がとても多く、そのリスクを軽減するためにグローブが役立ち、さらにつけることで防寒の役割も。また、鎖場や岩場ではグローブをつけていると安定しやすいです。

紫外線カット機能に優れたアークテリクスの「シンソロ ハット」


ライターT:長期縦走であるといいアイテムは?

高橋さん:基本的には、標高が高い山と同じですが・・・あえていうなら、ベースレイヤーにメリノウール素材を選ぶと、荷物を減らせます。

ライターT:「登山用アンダーウェアの選び方 2 -メリノウール-」で、メリノウールには天然の抗菌作用があって、防臭もできるとおっしゃっていましたね。長期縦走で何日か着続けても、臭いにくいとも!

メリノウールのアンダーウェアでおすすめは、
スマートウールの「メリノ150ベースレイヤーショートスリーブ」


高橋さん:そうです。臭わないから「着続けられる」とはいえ、濡れたときのために予備がもう1枚必要ですが、2枚あればOKという考え方もできますね。化学繊維(化繊)のアンダーウェアはどうしても臭いやすく、それを何枚も持ち歩くならメリノウールで枚数を減らしたほうが荷物も減る・・・ということです。

標高の高い山や縦走登山でのおすすめレイヤリング(商品名は下記)

 

残雪期のレイヤリングで気をつけること


ライターT:では、次のステップに進んだとして。たとえばゴールデンウィークに日本アルプスなど標高の高い山に行くと、まだ雪が残っていることが多いですよね。春・夏・秋のレイヤリングと雪山でのレイヤリングはかなり違うと思いますが、残雪期はどちらの服装をすればよいでしょうか?

高橋さん:ベースレイヤーやミッドレイヤーの基本はどの季節でもあまり変わりませんが、より保温性が高いものを選んでください。アウターは、できれば雪山を想定して作られたものを選びましょう!

ザ・ノース・フェイスの「ジップインバーサミッドジャケット」など、
中厚手で保温性の高いフリースがあると重宝する


ライターT:残雪期なら、手持ちのレインウェアで代用・・・という考え方もありますよね。

高橋さん:レインウェアでもダメではないけれど、雪があるのなら、ハードシェルといった雪山用ウェアの着用をおすすめしています。なぜなら、基本的にレインウェアはザックに入れて携行することがメインですが、雪山用ハードシェルは着て行動することがメイン。だから、厚めのミッドレイヤーと重ねたりグローブを装着したりしても動きやすいデザインだし、ヘルメットをつけたままフードが被れる形状になっている・・・など、雪山に必要な機能を備えています。さらに、同じゴアテックスなどの防水透湿素材でも、一般的なレインウェアに比べて厚めの生地を使用していることが大半で、厚みがあるぶん防寒性能も高まります。また、生地表面がザラザラした風合いのものが多く、万が一、雪上で滑落した際に摩擦を起こしやすくし、落下スピードを多少軽減させる役割があります。

ライターT:素材だけでなく、ディテールも雪山用になっていると。

高橋さん:アイゼンやピッケルで破損しにくいよう、部分的に補強生地が使われるなど、レインウェアにはない仕様になっていることが多いですね。

ライターT:残雪期といえども雪山は雪山。気を抜かず、雪山用のレイヤリングを考えることが大切だと肝に銘じます!

 

今回のおすすめ商品

ミッドレイヤー:ザ・ノース・フェイス「スーパーベントドライジャケット」

 

価格
18,000円(税別)
重量
330g

 

ジャケット:ブラックダイヤモンド「アルパインスタートフーディー」

 

価格
18,000円(税別)
重量
194g

 

パンツ:マウンテンハードウェア「ダブルドラゴンパンツ」

 

価格
16,500円(税別)
重量
470g

 


次回は「登山初心者でも分かる! 服装選びの基本 3」として、雨具の重要性や、登山におけるレイヤリングで、あると便利なアイテムなどをご紹介します。

 

教えてくれた人

高橋 典孝(さかいやスポーツ ウェア館)

山の世界で働いて20年のベテラン。ウェアに関する知識はオタク級だが山道具も大好き!!
ゆったりオートキャンプからガッツリ登山まで何でもこなすが特に最近は、トレイルランニング、テンカラ釣りに没頭中。

さかいやスポーツ

創業以来、約60年にわたり神田神保町で全国の登山家やアウトドアマンに愛されている登山用品店。ウェア、シューズ、ギアなど品目別の専門館を6店舗展開。ウェアや道具に詳しいスタッフが丁寧に解説してくれるので、ビギナーでも安心。

住所/東京都千代田区神田神保町2-48
TEL/03-3262-0432
営業時間/11:00~20:00
アクセス/神保町駅A4出口より徒歩6分、JR中央・総武線水道橋駅東口より徒歩8分

同じテーマの記事
「防災グッズ」としての登山用品 4 -長期の避難生活への備え-
最終回は「長期の避難生活への備え」について。災害への備えを考え、「防災グッズ」の視点で登山用品を紹介する連載の4回目。前回に引き続き、さかいやスポーツ 斎藤さんに聞いた。
登山初心者でも分かる! 服装選びの基本 3 -山での必須&便利アイテム-
初めての人でも登山にチャレンジしやすい春から秋。気候が比較的に安定しているシーズンとはいえ、いざ山に行くときに、単に「動きやすい服装で!」という考え方はNGだ。天気は変わりやすいし、平地では考えられないほどの風が吹くことも・・・そんな山の自然環境によるリスクを軽減するためにも、登山に適した服装を選びたい。そこで、服装選びの基本の3回目は「山での必須&便利アイテム」について、さかいやスポーツ 高橋さんに聞いた。
「防災グッズ」としての登山用品 3 -ウェア・シューズ・避難用品-
災害への備えを考え、「防災グッズ」の視点で登山用品を紹介する連載の3回目。今回は「シューズ・ウェア・避難用品」について。前回に引き続き、さかいやスポーツ 斎藤さんに聞いた。
極寒地で使われている防寒システム「VBL」は冬山での悩みを解決するか
冬季登山で汗の処理は命にかかわる問題、濡れた衣類を着たまま寒さにさらされると体温が奪われ、死につながることも。この問題を解決すべく開発されたのが、防寒システム「VBL」。保温はされるが、逆にデメリットも・・・。今回はそんなVBL製品をご紹介。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...