このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな段差が楽になる! 股関節を使った重心移動のポイント

理論がわかれば山の歩き方が変わる!
登山技術 2019年04月25日

登山道を歩いていて大きな段差のある箇所では、体への負担も大きくなる。その負担を最小限にするのがスムーズな重心移動だが、その鍵を握るものの1つが「股関節」だ。今回は股関節の運動に着目して、自然な重心移動の習得について説明する。

 

こんにちは、登山ガイドの野中です。前々回で登りの重心移動、前回は下りでの重心移動について解説しました。

段差が連続するような山道は、登るのが大変なうえに下る際にも着地の衝撃が大きくなり、誰もが負担を感じるシチュエーションです。このような時に、片足で体重を支えている軸足の足首が上手く使えることが重心移動に大きく影響します。

★省エネ歩行で膝が笑わない・痛めない~ 下りでの重心移動のポイント

特に下りでは一歩一歩の動きが早くなるため、歩きながら自分自身の動きを確認するのが難しくなります。そのため、日常生活で家や駅の階段を下る際などでは、ゆっくりと足首を動かして歩くことで、理想的な下り方を身につけやすくなります。

今回は足首関節と同様に、歩行時に重要な役割を果たしている「股関節」の動きについて解説したいと思います。

 

自分自身の体重を味方にする

これまで説明をしないまま「重心移動」という言葉を使ってきましたが、そもそも「重心移動」とは何でしょうか? 登山においてどんな働きがあるのかを含め、ここで確認しておきたいと思います。

近年は登山装備の軽量化が進んでいるため、「荷物が軽いと楽になる」ことへの理解と関心が高まっていると感じています。これは荷物に限ったことではなく、自分自身の体重も軽い方が、登山時の負荷は軽くなります。

この重さによる負荷の差とは別に、登山者の姿勢と体の動きによって、重心移動の仕方が違ってきます。重心移動による負荷の違いは、荷物や体重の重さによる負荷の差とは異なり数値化が出来ないために、その差を実感しにくい側面がありますが、重心移動が出来ていないと負荷が多くなり、重心移動が上手いと負荷が少なくなります。

すなわち、姿勢や体の動き次第で、自分自身の体重・荷重が敵になったり味方になったりすると言えるでしょう。もう少し詳しく説明すると、登りの時は前に踏み出した足の上に早く重心移動が出来ていると、最低限の負荷で自分自身の体を持ち上げることが出来ます。下りの時は後ろで踏ん張っている足に出来るだけ重心を残し続けることで、最低限の負荷で着地の衝撃を吸収し、スピードを制御して歩くことが出来るのです。

 

スムーズな重心移動の鍵を握る股関節の動き

「重心移動を意識して山を歩いたことがない」という方もいるかもしれませんが、実は多くの人が無意識に重心移動を調整して歩いています。その証拠に、急登を登っている時や、登りで疲れて来た時に、自然に上半身が前かがみ姿勢になったことはありませんか?

苦しくなると姿勢が曲がって前かがみになり下を向いて歩きがちになる。ポールをより遠くに突こうとして腕が伸びる傾向もある


前かがみ姿勢になると、前に踏み出した足の上に頭部のみ移動し、ポールを持っていると突く位置が遠くなり、腕が伸びます。これは無意識に背骨を曲げて胸から上の上半身の部分的な体重移動させているのです(右写真)。

しかし、前かがみ姿勢になるとその分だけお尻が後ろに下がり腰が引けた状態になるため、体幹部の体重が移動せず、必要以上に力を使う効率の悪い歩行姿勢となります。

★前回記事:膝を前に・足首を柔軟に――、山を効率よく登れる「重心移動」のコツ

ここで重要な点は、この状態は体が上手く動かせないための代償として起こっているということです。その上手く動かせていない部分こそ、既に取り上げた足首関節と今日のテーマである股関節なのです。

 

股関節が動くと、自然に「重心移動」がスムーズになる

とても重要な部分なので、股関節を使った歩きのポイントを2点に分けて解説します。文章を読んでから、もう一度、下の写真を見て、体の動きを確認してみてください。

1.前に足を踏み出す時に、踏み出した側の腰と肩を一緒に前方に動かす

2.股関節が動いた分だけ、左半身(左型の腰・左肩のライン)が軸足(前足)に近づいている

お尻から足を上げて踏み出しているので、左足の膝がより前方に移動し、骨盤が前方に回旋することで、左肩も前方に移動するため、重心移動がスムーズになります。

お尻から足を上げるイメージで足を踏み出している


この写真で確認できるように、股関節(腰)を前後に開きながら踏み出すことで、左足の上に左半身の体重を早く移動させることが出来ています。これに加えて、前々回の記事で紹介したように、さらに足首を倒していくことで、より重心移動がスムーズになるのです。

記事連載の都合上、足首関節の使い方について先に説明しましたが、順番としては股関節が先に動くことで、足首関節が動かしやすくなります。

股関節周辺の筋肉が硬い場合、膝を前に出して足首を倒す動きを行いにくく、その分だけ重心移動がしにくくなります。このような一連の動きが出来ない代償行為として、上半身の部分的な体重を移す、姿勢を崩した歩き方になってしまうのです。


股関節は足首関節と同様に、日常生活で使う機会が少なく、可動域が小さくなっていることに自覚しづらい箇所です。また、平坦地や整備された登山道を歩く分には股関節に問題を感じる機会も少ないと思います。

しかし、一歩の幅が大きくなる段差の多い道や、足場が限定される岩場などでは、股関節の可動域が狭い方は大きなハンデを抱えて歩くことになります。骨盤を回旋し、股関節を前後に開ける柔軟性があって始めて、骨盤から下の下半身全体を上手く動かして歩くことが出来るのです。

以下の動画で、股関節が動くことによって自然に「重心移動」が行われる様子を確認してください。

 

柔軟性があってはじめて、3つの関節がバランスをよく使える

歩行には、主に足首関節、膝関節、股関節と3つの関節が関わっています。講習会で参加者の皆さんの柔軟性のテストを行っても、膝関節の可動域に個人差は少ないのに対し、足首関節と股関節の可動域は大きな差があります。

股関節を使って歩くことの重要性がお分かりいただけたでしょうか?


もちろん、慣れないうちは上手く動かせなくて当然ですので、日頃から写真のようにストレッチを行って、股関節を前後に開く柔軟性を上げるようにして見て下さい。

分かりにくかったことやご質問がありましたら是非、メッセ―ジをお寄せ頂ければと思っています。次回は、重心移動にも貢献するもう一つの技術「ベタ足歩行」について解説します。なお「山の歩き方講習会」を定期的に開催しています。詳しくはホームページをご覧ください。

 

歩き方 トレーニング
教えてくれた人

野中径隆(のなか みちたか)

Nature Guide LIS代表。大学3年の夏に「登山の授業」で山の魅力に取りつかれ、以来、登山ガイドの道へ進む。「初心者の方が安心して登山できる」環境づくりを目標に積極的にWeb上で情報を発信するほか、テレビ出演、雑誌、ラジオなど各種メディアでも活躍中。
日本山岳ガイド協会・認定登山ガイド、かながわ山岳ガイド協会所属。
⇒ Nature Guide LISホームページ

同じテーマの記事
左右にバランスを崩さず歩くために必要な2軸歩行。 ――安全に、疲れずに歩くコツ
身体のバランスをとるには、「前後」のバランスのみならず、「左右」にも注意を払う必要がある。今回は「1軸歩行・2軸歩行」の違いを確認し、左右バランスの大切さについて確認する。
正しい姿勢で歩くために――。腰が引け、前屈み姿勢になる原因と対処法
正しい姿勢で歩くことの大切さは理解できていても、そのとおりに歩くのは簡単ではない。今回は、正しい姿勢で歩けない原因と、その修正方法について言及する。
急斜面・段差も、膝に優しく、バランスを崩さず下りられる - シングルポールの使い方
「新・三種の神器」と言われるほど、多くのユーザーが使っているトレッキングポール。さまざまな効果が期待できる道具だが、今ひとつ使い方がわからない、効果を実感できないという人は、ぜひ今回の記事を確認して山で試してみてほしい。
トレッキングポールはどこに突く? 正しい姿勢で歩くためのポールの持ち方/使い方
トレッキングポールを使う登山者は多いと思う。バランス保持はもちろん、脚への負担を減らすためにも有効なポールの使い方をご存じだろうか。今回は正しい姿勢で歩くための、下山中のトレッキングポールの使い方を解説する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月8日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。