このエントリーをはてなブックマークに追加

気になるアイツが、今シーズン人気沸騰の予感。スプリットボードがクールでアツい!

From ワンダーフォーゲル編集部
道具・装備 2017年11月30日

各地からの雪の便りを聞くかぎり、スノーシーズンの滑りだしは上々。雪山大好きのみなさん、もう初歩き、初滑りは済ませましたか?
さて、ここ数年、バックカントリースキー&スノーボードが盛り上がりを見せていますが、ぱかっと2つに割れるスノーボードを見たことはありませんか。その名はスプリットボード。人気急上昇中のアイテムです! どんな道具なのか気になっていたあなたに、かいつまんでご説明いたしましょう。

写真/中西隆弘、小山幸彦 文/五十嵐雅人(編集部)

編集部注:この記事は『山とスキー2018』のスプリットボード企画内の記事と、企画監修者・廣田勇介さんのエッセイの内容をもとに再構成したものです

 

従来の一枚板のスノーボードをソリッドボード、中央で2分割できるものをスプリットボードと呼んで区別する [GENTEMSTICK/スティングレー チョップスティック]

 

スプリットボードが誕生したのは今から20年前のこと。スノーボードを縦半分に割って、歩行可能にしたこの道具は、ごく一部のマニアだけが使用するモノでした。しかし、ここ数年のあいだに改良が加えられたことで、雪山で本当に「使える道具」に進化したのです。

スプリットボード専用のバインディング。歩行モード(スキーモード)と滑走モード(ライドモード)に、芸術的ともいえる美しい動きで対応する [BURTON/ヒッチハイカー]

 

滑走モードから歩行モードへと移行する仕組みはごくシンプル。板の両端のクリップと、中央寄りのフックを開放すれば2分割されます。分割したら左右を入れ替え。入れ替えてカーブのある方を内側にすることで、エッジに乗りやすくなるのです。そしてバインディングを取り付ければ歩行モードに。逆の手順を踏めば滑走モードとなります。

山とスキー2018』より転載

 

スプリットボードは、多くのバックカントリースノーボーダーが感じていた「スキーは移動がラクでいいよね。こっちは板を背負ってスノーシューで大変なのにさ」という思いを解消する道具です。浮力のある板にシールを貼って斜面を登る。スキーヤーだけが享受していた一歩一歩スライドさせて登る楽しみを、自分たちのものにしたのです。

白馬連峰・天狗原の斜面をテレマーカーとともに登る

 

滑降の楽しさは言わずもがな。スノーボードの方がスキーよりも浮力があるぶん、パウダースノーはお手のもの。ソリッドボードではスノーシューを背負っての滑降となりますが、スプリットボードは身軽です。軽さは自由度の高い滑りにもつながります。

パウダースノーをスプリットボードで颯爽と滑走!

 

いいことずくめのようなスプリットボードですが、デメリットもあります。ブーツが軟らかくエッジが効きづらいので、硬い斜面のトラバースは大変です。また、モードの切り替えに時間がかかるので、登ったり降りたりの繰り返しの多いルートでは、同行のスキーヤーを待たせることがあるかもしれません。

モード切り替えにはそれなりに時間がかかるのが難点

 

スキーはそもそも「移動するため」に発明された道具。スノーボードは「遊ぶため」に発明されたオモチャ。両者のいいとこどりをした道具が、スプリットボードといえるでしょう。メリットとデメリットを理解したうえで、新しい雪山の世界へ一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

山とスキー2018』では、バックカントリースキーのビギナー向けに、「基礎知識」「用具の基礎知識と選び方」「歩行技術」について懇切丁寧に紹介。詳細マップ付きのコースガイドもあります。今シーズン注目のスプリットボード企画も要チェック!

 

山とスキー 2018、11月29日発売!

特集は「山スキー入門」、山スキーの基礎知識を知る・学ぶために、はじめての山スキーをドキュメントで紹介。
また、初めての人が最も悩む用具の選び方も、スキーから小物まで詳細に紹介。

その他、遭難事例とリスクマネジメント、全国ビギナー向けコースガイド、話題必至の「デナリ滑降成功!佐々木大輔インタビュー」など、山スキーのすべてがここにあります!

⇒詳しくはこちら!

登山グッズ 雪山・冬山 バックカントリー
同じテーマの記事
ワンダーフォーゲル編集部の「シートゥーサミット参戦記」
「みんな、今年は行くぞ!」という編集長のひと声でシートゥーサミットの妙高・野尻湖大会に参戦! カヤック、自転車、登山で湖から山頂をつなぐ、アウトドアズマンらしい魅力的なイベント。でも私たち、普段は山しか登ってないけど大丈夫?
「一生に一度は見たい」秋の絶景、北アルプス・涸沢に行くなら? おすすめの4プランを紹介
紅葉登山の代名詞的な場所、北アルプス・涸沢。その美しさは、登山愛好者なら一度は訪れるべき場所。そんな紅葉期の涸沢に行くなら、どんなプランで行く? モデルコースを4つ紹介する。
この夏こそ岩稜ルートへ! の前に覚えておこう。岩稜歩きの2大リスクを確認しよう
登山者の憧れ、北アルプスの岩稜ルートでは、技術的にも体力的にも難易度は一気に高まる。そこで、今回は岩稜歩きの2大リスクについて確認しておこう。
あなたはどのルートで行く? 槍ヶ岳をめざす4ルート
どこから見てもわかるトンガリピークの槍ヶ岳。多くの登山者を魅了する槍ヶ岳の魅力の一つが、コースの豊富さ。ここでは主要4ルートとして、槍沢、表銀座、裏銀座、大キレットを紹介します。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2018年9月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す!
小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す! 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 秋山PICK UP ITEM! ファイントラック 
秋山PICK UP ITEM! ファイントラック  寒暖差が激しい秋、低体温症のリスクを軽減するfinetrackのスキンメッシュ。『秋山JOY』連動企画でその秘密を紹介
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定!
優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定! 沢山の方に参加いただいた「飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト」。525点の写真の中から入賞作品を発表!
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。身体のケア、リカバリーはどうしてるの? そのノウハウを訊きました
NEW 分厚いミッドソールのトレッキングシューズ
分厚いミッドソールのトレッキングシューズ 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は「ホカ オネオネ」のミッドカットモデルをインプレ。ミッドソールの推進力に注目!
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!