このエントリーをはてなブックマークに追加

登山靴に合わせた靴下とインソールの選び方 トレイルランニング・ファストパッキング編-

登山道具の買い方・選び方、ショップのスタッフに聞きました!
道具・装備 2018年12月26日

山歩きに慣れてくると、自分らしいスタイルで山を楽しみたくなる人もいるだろう。極限まで装備を軽量化して山を駆け抜けたい人や、軽量の装備で軽快に山を歩きたい人、そんなスタイルを目指す登山者はどんな登山靴、靴下、インソールを選ぶといいのか。さかいやスポーツ 斎藤さんにトレイルランニング、ファストパッキングに適した足元の装備について聞いてみた。

取材/文=辻 歌

トレイルランニング・ファストパッキングに適した靴の特徴

ライターT:近年のブームでもあるトレイルランニングやファストパッキング。ハイキングやトレッキングといった登山とは、装備が変わってきますよね。

 

さかいやスポーツ シューズ館の「トレランシューズ」コーナー


斎藤さん:未舗装の山野を走るのが、トレイルランニング。山を歩くのではなく走るから、できるだけ身軽な装備が求められます。ファストパッキングは、装備を軽量化することでより長く、より早く移動することを目的とする登山スタイルのことです。この2つは異なるアクティビティですが、共通しているのは、装備を極限まで減らすという点。もちろん単純にモノの量を減らすだけでなく、そのアクティビティに合った機能に絞り込んで装備を厳選するということです。

ライターT:靴だと、どのような特徴がありますか?

斎藤さん:トレイルランニングには専用の靴、いわゆる「トレランシューズ」があります。走ることを前提に作られているから、ランニングシューズと同様にローカットで軽量。山道などの不安定な未舗装路に対応できるようソールが丈夫で、滑りにくいようグリップ力が強いのが特徴です。防水性を備えたモデルもありますが、基本的には防水対応でないものが多いというのも特筆すべきところでしょうか。なぜなら、登山に比べて運動量が増えるぶん発汗量が多いので、靴の通気性を良くしてムレにくくするという考え方だから。防水性を高めて濡れることを嫌うより、濡れたらどんどん乾かして快適性を維持するのです。

インソール一体型のトレイルランニングシューズ。こちらのタイプはインソールの交換不可


ライターT:雨だと濡れてしまうけれど、乾くのは早いですよね。

斎藤さん:防水仕様でない靴は防水透湿性素材(メンブレン)がないぶん通気性が高いから、そもそも汗で靴の中が濡れにくいんです。それに加え、シューズの構造などが保水しにくくなっているため、たとえ濡れてもすばやく乾くというわけです。

ライターT:「ファストパッキング」のスタイルに、トレイルランニングシューズを取り入れている人が多い気がします。

斎藤さん:装備全体の軽量化を考えると、足元も軽いトレイルランニングシューズにするのは合理的。山道に対応できるソールなどが採用されているので山歩きもしやすく、「ファストパッキング」を目指す人だけでなく、低山のハイカーでも多く見かけるようになりました。

 

トレイルランニングシューズを履くときに選びたい靴下

トレイルランニングシューズに合う靴下も多彩にそろう


ライターT:トレイルランニングシューズを履くときにおすすめの靴下を教えてください。

斎藤さん:靴の速乾性を損なわないために、靴下にも速乾機能があるといいでしょう。特に走るなど運動量の多いシーンでは、速乾性の高い化学繊維がベースの靴下が乾きやすくて快適。また、天然繊維の中でも通気性、吸湿性、放湿性に優れたラミーや和紙繊維を使ったものは、速乾性があり汗の湿気も残さないのでおすすめです。

ライターT:靴下の丈は、どのくらいがいいのでしょう?

斎藤さん:くるぶしが露出していてぶつけると危険なので、くるぶしが隠れるミニクルー丈以上を推奨しています。スニーカーソックスのような浅めのタイプだと、靴の中で靴下がズレてしまうこともあるので、あまりおすすめできません。

ローカットの靴には、くるぶしを覆う丈の靴下を合わせて


ライターT:走らない登山のときにトレイルランニングシューズを履くなら、どのような靴下がいいですか?

斎藤さん:走るほどスピードが早くなく、運動量も少ない場合、そこまで速乾性を求めないならウール混の靴下もおすすめ。「ハイキング・トレッキング編」でご紹介したように、ウールは吸湿性に優れているからムレにくく、さらに靴に通気性があるぶん快適です。

ライターT:トレイルランニングをする場合、防水機能は諦めることができるかもしれませんが、登山だとちょっとツラいこともありますよね・・・。

斎藤さん:ランナーは運動量が多いし発汗量も多いので、基本は濡れたら濡れっぱなしで乾くのを待つことができるけど、ハイカーはなかなかそういう訳にもいかないから、対策は考えておいたほうがいいでしょう。そこで試してほしいのが、防水ソックスです。防水フィルムが入っているから少しゴワッとした肌触りですが、以前の防水ソックスより格段に履き心地がよくなっています。どしゃぶりの雨の中にいると冷たく感じて「濡れているんじゃない?」と思うけれど濡れてないんですよ。私は、軽量化した装備で山へ行くとき、必ず防水ソックスを持って行きます。

靴の中が濡れても足を濡らさないようにできる防水ソックス


ライターT:防水ソックスを履くタイミングは? 最初から履いていくのですか?

斎藤さん:私は、雨が降ってから履き替えることが多いです。雨の降り方や目的地までの距離によりますが、レインウェアのパンツを穿くのと同時に靴下も履き替えます。レインウェアのジャケットだけ羽織るくらいの多少の雨なら、我慢することもありますね・・・。

 

トレイルランニングシューズはインソールで軽快さアップ

ライターT:次に、トレイルランニングシューズに適したインソールについても教えてください。

★インソール選びの基本は過去記事「ハイキング・トレッキング編」で

斎藤さん:トレイルランニングをする方は、アクティビティの距離と時間が長いぶん、インソールにこだわることが多いです。「タイムを上げる」「レースで完走する」など目標があると、できるだけ体のダメージが軽減できて、パフォーマンスが低下しにくいものを・・・と考えるようです。体のバランスが悪いと足にダメージを受けすいので、バランスを改善する対策としてインソールをプラスするのがおすすめです。

ライターT:インソールの選び方は、「ハイキング・トレッキング編」と異なるのでしょうか?

斎藤さん:選び方の基本は同じです。あえて言うなら、登山靴に比べてトレイルランニングシューズは靴本体とインソールの組み合わせに工夫を凝らされていることが多いから、インソールを交換するときは必ず靴との相性を考えてほしいということ。良いインソールに替えたつもりでも、正しい組み合わせでないと、逆効果で痛みが出たり体のバランスが悪くなったりします。

アーチの高さに合わせて3タイプから選べるインソール


ライターT:こだわり派におすすめのインソールは?

斎藤さん:一人一人の足の形や特徴に合わせてカスタマイズできるインソールがあります。平らなものを足の形に合わせて成型していく、「補正系」をさらにパーソナルな形に仕上げたものです。

ライターT:どのような機能があるのでしょうか?

斎藤さん:「補正系」の考え方と基本は一緒で、土踏まずを含めたアーチ自体を正しく支えることで、体の負担を減らすという機能です。足裏部分に補強材が入っていて、その補強材で土踏まずを中心としたアーチを支え、人が持っているべき3つのアーチをしっかり支え上げることで足が立体的になります。本来、人間はカカトからではなく、つま先から着地するように体の構造ができている。つま先が地面に着いたときにアーチがちゃんと伸び上がれば、アーチがクッションのような役割を果たして着地の衝撃を吸収できます。このアーチ構造をサポートできるのが「補正系」のインソールです。

「補正系」インソール選びは、プロの意見を参考にして


ライターT:そのアーチ部分の形状を、自分の足に合ったように作れるのがカスタマイズのインソールなんですね。

斎藤さん:そうです。体に合ったアーチ部分のサポートにより、身体のバランス向上につながり、足裏の負担軽減だけではなく下肢全体の疲労軽減も期待できます。

 

トレイルランニング・ファストパッキングにおすすめの足元コーディネート

ライターT:トレイルランニング・ファストパッキングにおすすめの、靴・靴下・インソールの3点セットを教えてください。

斎藤さん:トレイルランニングシューズの中でも、とても軽くてグリップ力に優れた靴です。足裏感覚が強く、クッション性もすごくいい。軽快に履きやすい靴だから、合わせるインソールも重量が軽いことが大切に。さらに、テクニカルなトレイルやレースのようなシビアな条件で使え、どんなタイプの足にも合わせられるインソールとなると、ランニング用の薄いカスタムソールがおすすめです。そして、非防水で通気性に優れた靴に合わせ、速乾性を高めるためにはラミーの繊維を使った靴下を。こちらは、すごく薄いけれどフィット感が高くて履きやすいのが魅力です。

 

製品情報

トレイルランニングシューズ ホカ オネオネ「エボ ジョーズ」

サイズ:25.0~29.0cm
重量:204g(27.0cm片足)
本体価格:18,000円(税別)

靴下 インナー・ファクト「ラウンド型 ミドル丈」

サイズ:S(22.0〜24.0cm)、M(25.0〜27.0cm)、L(28.0〜30.0cm)
素材:ラミー、ナイロン、ポリウレタン、ポリエステル
本体価格:2,200円(税別)

インソール シダス「カスタムランライト」

本体価格:10,900円(税別)
※カスタム加工料金は別途、5,000~10,000円


3回に分けてさかいやスポーツ シューズ館 斎藤さんに教わったように、登山のスタイルや靴のタイプによって靴下やインソールをきちんと使い分けたほうが、快適でパフォーマンスも向上します。装備によるストレスなく山を楽しむために、足まわりを今一度、見直してみましょう。

 

教えてくれた人

斎藤 勇一(さかいやスポーツシューズ館)

アウトドア、ヤマの業界で25年超の経験を持つ長老的存在(笑)。
シューズ系の売り場に長く在籍し、さまざまな登山者の足元を見続けたせいで、その人の姿勢や歩き方から身体のクセなどを見抜くイヤらしいヤツ。
アウトドアスポーツ全般をこなすが、最近はイマドキ流行りの軽量装備で一人テント泊登山を楽しむ。

さかいやスポーツ

創業以来、約60年にわたり神田神保町で全国の登山家やアウトドアマンに愛されている登山用品店。ウェア、シューズ、ギアなど品目別の専門館を6店舗展開。ウェアや道具に詳しいスタッフが丁寧に解説してくれるので、ビギナーでも安心。

住所/東京都千代田区神田神保町2-48
TEL/03-3262-0432
営業時間/11:00~20:00
アクセス/神保町駅A4出口より徒歩6分、JR中央・総武線水道橋駅東口より徒歩8分

同じテーマの記事
「防災グッズ」としての登山用品 4 -長期の避難生活への備え-
最終回は「長期の避難生活への備え」について。災害への備えを考え、「防災グッズ」の視点で登山用品を紹介する連載の4回目。前回に引き続き、さかいやスポーツ 斎藤さんに聞いた。
登山初心者でも分かる! 服装選びの基本 3 -山での必須&便利アイテム-
初めての人でも登山にチャレンジしやすい春から秋。気候が比較的に安定しているシーズンとはいえ、いざ山に行くときに、単に「動きやすい服装で!」という考え方はNGだ。天気は変わりやすいし、平地では考えられないほどの風が吹くことも・・・そんな山の自然環境によるリスクを軽減するためにも、登山に適した服装を選びたい。そこで、服装選びの基本の3回目は「山での必須&便利アイテム」について、さかいやスポーツ 高橋さんに聞いた。
「防災グッズ」としての登山用品 3 -ウェア・シューズ・避難用品-
災害への備えを考え、「防災グッズ」の視点で登山用品を紹介する連載の3回目。今回は「シューズ・ウェア・避難用品」について。前回に引き続き、さかいやスポーツ 斎藤さんに聞いた。
極寒地で使われている防寒システム「VBL」は冬山での悩みを解決するか
冬季登山で汗の処理は命にかかわる問題、濡れた衣類を着たまま寒さにさらされると体温が奪われ、死につながることも。この問題を解決すべく開発されたのが、防寒システム「VBL」。保温はされるが、逆にデメリットも・・・。今回はそんなVBL製品をご紹介。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...