このエントリーをはてなブックマークに追加

ミレーの「リュック」はアルパインブランドのワザ光る「サースフェー」が人気

「みんなの山道具」ユーザーのおすすめ度調査
道具・装備 2019年02月15日

「ティフォン 50000 ストレッチ」シリーズや「ドライナミックメッシュ」シリーズなど、ウェアでも話題の多いミレーだが、リュック(ザック)でヤマケイオンラインユーザーが使っている製品は何だろうか。この記事では「みんなの山道具」のユーザー投稿から「ミレー」の「リュック」をピックアップした。

文=佐藤慶典

 

サースフェー|愛用者の多い中盤モデルの代表格

opiro772 さんの「みんなの山道具」より

 

ミレー「サースフェー」ユーザーのおすすめ度(みんなの登山道具より)

★★★★★ ふうが さん
バックパック SAAS FEE 30 +5
ミレー(MILLET )
★★★★☆ opiro772 さん
MILLET SAAS FEE 40+5 M
ミレー(MILLET )
★★★★★ こいちゃん さん
バックパック SAAS FEE 30 +5
ミレー(MILLET )

 

1921年にフランスで誕生したアルパインブランド「ミレー(MILLET)」。1950年には、人類史上初となる8000m峰、アンナプルナ登頂をバックパックでサポートしました。

ミレーの中型モデルの代表格と言えば「サースフェー(SAAS FEE)」でしょう。2019年2月現在、30+5L、40+5Lという2つの容量がラインナップされています。

「サースフェー」には、使いやすさ、丈夫さ、背負い心地など、一般登山の中型バックパックに必要な要素が高い次元でバランスよく盛り込まれています。ウルトラライトやアルパインクライミングなど、特定の登山スタイルに特化したモデルではないため、誰にでも使いやすいのも特長です。

また、「サースフェー」に限らずミレーの製品は、本格アルパインブランドならではの、目に見えない部分にまでこだわった作り込みがなされています。それゆえ、初心者から中級者はもちろん、登山ガイドなどのプロフェッショナルな人にも愛用者が多くいます。

例えば、ヒップベルトには独自のパッドが使用されています。通気性を備えながらも、保水しない立体構造のフォームと、クッション性と疎水性のあるEVAを2層にして使用することで、高いフィッティングを実現するとともに、経年劣化によるヘタリを抑制しています。加えて、高い通気性で蒸れを防ぎ、仮に濡れても、素早く乾くよう設計されています。これは、濡れによる不快感や低体温症のリスクも考慮してのこと。

容量アップする折り畳み式ヒップベルトポケットや、バックパックを背負ったままでも水筒の出し入れがしやすいサイドポケットなど、細部まで使いやすく作られています。

パッキングをしやすくするため、荷室の間口(巾着)部を広くするマイナーチェンジなど、見えない部分にも少しずつ改良が加えられ、さらに進化し続ける「サースフェー」。今後のモデルチェンジから目が離せません。

 

ミレー「サースフェー」で行った山行記録

西穂高岳【単独行】2018
西穂高岳(北アルプス・御嶽山) ふうが さん
2018年07月21日(土)
高妻山周遊
高妻山(上信越) かぉり さん
2018年10月07日(日)
燕岳 - 梅雨の晴れ間とライチョウを満喫 -
(北アルプス・御嶽山) opiro772 さん
2018年06月14日(木)~06月15日(金)

製品情報

ミレー「サースフェー 30+5」

価格
19,500円(税別)
サイズ
M、L
容量
30+5L
重量
1.49kg
カラー
4色

ミレー「サースフェー 40+5」

価格
21,000円(税別)
サイズ
M、L
容量
40+5L
重量
1.54kg
カラー
4色

ミレー「サースフェー 30+5 LD」

価格
19,500円(税別)
サイズ
S
容量
30+5L
重量
1.45kg
カラー
4色

ミレー「サースフェー 40+5 LD」

価格
21,000円(税別)
サイズ
S
容量
40+5L
重量
1.53kg
カラー
3色

 

クンブ|カメラバッグとしても優れた大容量モデル

nokaori さんの「みんなの山道具」より
★★★★☆ masa さん
クンブ55
ミレー(MILLET )
★★★★☆ nokaori さん
KHUMBU 55+10
ミレー(MILLET )

 

「クンブ(KHUMBU)」は多彩なアイテムを収納できるよう設計された中型モデルです。2019年2月現在、35Lと45Lが用意されています。

登山用バックパックとして、また、旅行や日常使いのバックとして、あらゆるアウトドアシーンに対応しやすいのが特長です。

「クンブ」はガバっと開くファスナー仕様のメイン気室を持っています。雨蓋がないので、荷室に素早くアクセスできます。また、入口がワイドに開くので、荷物が確認しやすく、出し入れがスムーズに行えるのもメリットです。「クンブ35」の場合は、本体上部からサイドポケットの入り口あたりまで、「クンブ45」は、本体の半分くらいまで開くようになっています。サッと一眼レフカメラを取り出して撮影ができるため、カメラザックとして利用する人がいるのもよくわかります。

収納性の高さも「クンブ」ならでは。マチのあるサイドポケットに加え、本体上部に3つのポケット(外ポケット2+内ポケット1)、フロントにタブレットやラップトップPCなどの収納に便利なポケット、容量アップ可能なヒップベルトポケット、ショルダーハーネスにはスマホに適した収納式のポケットも用意されています。また、「クンブ45」には、ボトムアクセスがあり、2気室仕様(1気室としても使用可)となっています。

ショルダーハーネスやヒップベルトのパッドは必要十分な厚みがあり、荷物が重くなっても優れた背負い心地を発揮します。ただ、同ブランドの中型モデル「サースフェー」と比べると、パッドはやや薄めです。クッション性という意味では、サースフェーに軍配が上がります。

パッキングや荷物の出し入れのしやすさ、登山だけでなくトラベルやデイリーユースなど、多用途に対応することを優先するなら、「クンブ」を試してみるといいでしょう。

 

ミレー「クンブ」で行った山行記録

御前山 (カタクリの花見登山 境橋~避難小屋~御前山~惣岳山~奥多摩湖)
御前山(関東周辺) 山が好き! さん
2018年04月07日(土)
奈良倉山 (秀麗富嶽十二景5番 鶴峠~奈良倉山~松姫峠~鶴寝山~大マテイ山~小菅の湯)
奈良倉山・鶴寝山・大マテイ山(関東周辺) 山が好き! さん
2018年10月20日(土)
<百名山>赤岳
赤岳・横岳・硫黄岳(八ヶ岳周辺) たけやす さん
2015年09月19日(土)~09月20日(日)

製品情報

ミレー「クンブ 45」

価格
21,000円(税別)
サイズ
U
容量
45L
重量
1.41kg
カラー
3色

ミレー「クンブ 35」

価格
20,000円(税別)
サイズ
S、M
容量
35L
重量
1.25kg
カラー
3色

 

プロライター|軽量、タフなテクニカルバックパック

jcw さんの「みんなの山道具」より
★★★★★ jcw さん
Pro Lighter 30
ミレー(MILLET )
★★★★☆ kokou さん
PROLIGHTER 38+10
ミレー(MILLET )
★★★☆☆ 岳メン さん
Pro Lighter 28
ミレー(MILLET )

 

「プロライター(PROLIGHTER)」は、軽量でタフなバックパックです。2019年2月現在、22L、25L、30+10L、38+10L、60+20Lをラインナップしています(他に、ロールトップ式の「プロライター サミット(PROLIGHTER SUMMIT)」という派生モデルもあり)。22Lモデルは雨蓋なしのファスナー式ですが、他はすべて雨蓋式となっています。

ここでは「プロライター」の「30+10」「38+10」「60+20」について取り上げます。同モデルは、アルパインクライミングやバックカントリーなど、無雪期だけでなく、冬期にも対応したテクニカルバックパックです。生地には、引き裂きに強い「3ラインハニカムナイロン」と、摩擦に強い「コドラナイロン1000D」を適材適所に採用し、軽量化と強靭性を両立しています。また、背面にはX型にフレームを配した「X-LIGHTER BACK」を搭載し、通気性と快適性を確保しています。クライミングハーネスと干渉しにくい「ハイウエストベルト」は、取り外すことも可能です。

構造は1気室と、とてもシンプルです。雨蓋ポケットやアックスホルダー、スキーも搭載可能なサイドコンプレッションは装備しますが、サイドポケットやヒップベルトポケットはありません(「60+20」にはサイドポケットあり)。シンプルな構造をいかにして使いこなすかがカギです。

ショルダーハーネスやヒップベルトの厚みは、同ブランドの「サースフェー」や「クンブ」に比べると、薄い設計です。クッション性に頼らずにバックパックを背負える体力が必要となるでしょう。

 

ミレー「プロライター」で行った山行記録

160716_焼岳
焼岳(北アルプス・御嶽山) FUN さん
2016年07月16日(土)
巻機山 周回縦走 (割引沢→天狗尾根→井戸尾根)
巻機山、割引岳、牛ヶ岳(上信越) よしを さん
2015年10月18日(日)

製品情報

ミレー「プロライター 30+10」

価格
19,000円(税別)
サイズ
U
容量
38+10L
重量
1.25kg
カラー
3色

ミレー「プロライター 38+10」

価格
21,000円(税別)
サイズ
U
容量
30+10L
重量
1.180kg
カラー
3色

ミレー「プロライター 60+20」

価格
31,000円(税別)
サイズ
U
容量
38+10L
重量
1.42kg
カラー
1色

※掲載した情報は、2019年2月現在のものです

同じテーマの記事
キーン(KEEN)の登山靴はタウンユースとして愛用する人も。その魅力とは?
今回はキーン(KEEN)の「靴」をピックアップ。デザインが気に入り、登山で履かなくなってからもタウンユースとして愛用する人多し。ヤマケイオンライン「みんなの山道具」のユーザー投稿から、利用シーンやエピソードを紹介する。
「ファイントラック(finetrack)」のツェルトやテント。「ツエルト2ロング」「カミナドーム」など「みんなの山道具」に投稿された人気アイテムをチェック! 
ブランドごとの名品、名アイテムを、「みんなの山道具」に寄せられたユーザー投稿から探る。今回は「ファイントラック(finetrack)」のツェルトとテントをピックアップ。テントブランドとしては若いファイントラック、果たしてみんなの評価は!?
「プロモンテ(PURO MONTE)」の人気テントは? プロモンテ VLシリーズのユーザー投稿をチェック!
日本の山の事情を配慮し、より軽量に・よりコンパクトな山岳テントを目指してスタートしたのが「プロモンテ(PURO MONTE)」。かつてはダンロップのテントとして登山界を席巻し、人気を博したモデル。 「みんなの山道具」に投稿された「プロモンテ」のテントから分析する。
ダンロップ「テント」、80年代ビンテージものを使っている登山者も…!?
ユーザー投稿の中には30年以上前のテントも・・・? 今回はダンロップ「テント」をピックアップ。ヤマケイオンライン「みんなの山道具」のユーザー投稿から、実際に使われている登山道具を調べた。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年10月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!