このエントリーをはてなブックマークに追加

「防災グッズ」としての登山用品 3 -ウェア・シューズ・避難用品-

登山道具の買い方・選び方、ショップのスタッフに聞きました!
道具・装備 2019年04月23日

災害への備えを考え、「防災グッズ」の視点で登山用品を紹介する連載の3回目。今回は「シューズ・ウェア・避難用品」について。前回に引き続き、さかいやスポーツ 斎藤さんに聞いた。

取材/文=吉澤 英晃

 

 

 

ガラス散乱に地番沈下・・・災害時の備えはトレッキングシューズから

ライターY:前回の「非常時の食料・水対策」に続き、今回は「ウェア・シューズ・避難用品」について聞きたいと思います。まず、災害への備えを考えたとき、登山者なら悪路を歩くためのトレッキングシューズや登山靴が思い浮かぶのではないかと思います。

斎藤さん:そうですね。災害時には様々な路面状況が想定できます。地震が起きた場合は、液状化現象による地盤沈下や地面の隆起による道の崩壊、窓ガラスの破損によるガラスの散乱など・・・。それらに対応するためには、防水性と厚みのある丈夫なソールを備えているシューズが必要でしょう。

そこで登山者にはおなじみの靴の出番だ


斎藤さん:トレッキングシューズは防水性を備えているものが多いですし、もともと舗装されていない道を歩くために作られている靴なので、ソールの厚みや耐久性は十分あります。災害時の悪路にも対応できる靴であることは間違いありません。

ライターY:トレッキングシューズといってもいろいろな種類がありますが、斎藤さんのオススメ商品はありますか?

斎藤さん:歩きやすさを考慮すると、軽いトレッキングシューズがいいでしょう。ローカットモデルならサロモン「XA PRO 3D GTX」など、ミッドカットモデルならメレル「カメレオンストームMID GTX」、アルトラ「ローンピーク4ミッド RSM」といった商品がオススメです。

製品紹介

サロモン「XA PRO 3D GTX」(写真左)

 

本体価格
17,000円(税別)
重量
390g(片足)

 

メレル「カメレオンストームMID GTX」(写真中央)

 

本体価格
17,800円(税別)
重量
448g(片足)

 

アルトラ「ローンピーク4ミッド RSM」(写真右)

 

本体価格
23,000円(税別)
重量
384g(片足)

 


斎藤さん:もう少しオフィスカジュアルに合わせたデザインにしたいのであれば、本革の中山製靴「チロリアンハード」はどうでしょうか。防水性はないですが、防水スプレーなどでコーティングすることはできます。または、ゴアテックスを使用しているアークテリクス「コンシールFL GTX」も比較的ビジネスシーンでも使いやすいデザインです。

製品紹介

アークテリクス「コンシールFL GTX」(写真左)

 

本体価格
22,000円(税別)
重量
350g(片足)

 

中山製靴「チロリアンハード」(写真右)

 

本体価格
35,000円(税別)
重量
650g(片足)

 


ライターY:たしかに、落ち着いたデザインなので、これならビジネスシーンでも履きやすそうですね。ただ、トレッキングシューズって値段が高いものが多いですよね・・・。安いスニーカーじゃダメですか?

斎藤さん:防水性がないのはまだいいとしても、靴底が薄いスニーカーは避けたほうがいいと思います。長時間の歩行に向いていませんし、路面に散らばったガラス片などで足をケガするリスクが上がります。しかし、どうしてもスニーカーを履きたい方もいるでしょうし、普段ハイヒールを履いている方もいるでしょう。そういう人は、履き古したトレッキングシューズを「非常用持ち出し袋」に入れておくといいでしょう。ただし、製品の経年劣化などには十分注意が必要です。収納する前に状態を確認すること。

 

登山用ウェアの機能性は災害時にも役に立つ。着なくなったものを非常用持ち出し袋に

ライターY:さて、次は登山用ウェアについて聞きたいと思います。どのような機能が災害時に役立つでしょうか?

斎藤さん:登山用のウェアは、速乾性や防臭性、保温性、ストレッチ性など、高い機能をもったものがほとんどです。これらの機能は、災害時にも間違いなく役立ちます。長く登山を趣味にしている方なら、着なくなった登山ウェアを持っていらっしゃるのではないでしょうか。それらを処分せず、非常用持ち出し袋に入れておくといいでしょう。

ライターY:たしかに、たんすの肥やしになっている登山ウェアを使い回せば経済的ですね。しかし、全ての登山者が登山ウェアを持て余しているとは限りません。最低限これはあると便利! というものがあれば教えてください。

斎藤さん:登山用アンダーウェア、レインウェア、保温着の3アイテムです。

ライターY:たしかに高機能の登山用アンダーウェアは、普段の生活でも活躍するアイテムですね。

斎藤さん:アンダーウェアは、メリノウール系と化学繊維系という、大きく分けて2つの素材の製品に分けられます。それぞれの特徴を知った上で、自分に合ったものを使うといいでしょう。

過去の関連記事:登山用アンダーウェアの選び方 1 -その重要性と化繊のメリット-
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=622

過去の関連記事:登山用アンダーウェアの選び方 2 -メリノウール-
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=629

 

ライターY:優れた速乾性をうたったアンダーウェアは、ファストファッションなどの量販店でも低価格で販売されていますよね。登山用アンダーウェアとの違いはあるのでしょうか?

斎藤さん:価格が安い量販店の商品は肌触りや着心地を良くても、耐久性や保温性といった機能が低くなりがちです。厳しい環境下での使用を想定した登山用アンダーウェアのほうが、製品としての信頼性は高いと言えるでしょう。

ライターY:登山用のアンダーウェアは一般的なアンダーウェアよりも高価ですが、耐久性や機能を考えると普段の生活から登山や災害時にも役立つので、持っておきたいアイテムです。レインウェア、保温着についてはどうですか?

斎藤さん:基本的な選び方は、登山で使う時とあまり変わりません。強いて言うなら、レインウェアはトレイルランニング用といった薄手で軽量のものよりも、多少乱暴な扱いにも耐えられる丈夫なモデルを選ぶといいでしょう。保温着は水に濡れても保温性が低下しにくい化繊綿のモデルがオススメ。フード付きのものであれば、首から上も保温できて、なおいいでしょう。

 

畳める登山用ヘルメットを非常用持ち出し袋にコンパクトに収納

ライターY:では最後は避難用品について。一時避難する際に活用できそうな登山用品はいろいろありますが、今回は、その中からヘルメットとランタンについて聞きたいと思います。

斎藤さん:では、まずヘルメットから。防災用として登山用のヘルメットを使うことを考えると、エーデルワイス「マディーロ」がオススメです。

エーデルワイス「マディーロ」


斎藤さん:これは、登山用としては珍しく折り畳むことができるモデルで、コンパクトに持ち運ぶことができるためバックパックや非常用持ち出し袋に入れたり、持ち運んだりする時もかさばりません。

製品紹介

エーデルリッド「マディーロ」

 

本体価格
12,800円(税別)
重量
390g

 


ライターY:すごい! こんなに小さくなる登山用ヘルメットがあるのですね。

斎藤さん:防災用ヘルメットにも畳めるモデルはありますが、登山やクライミングでも使えて、畳めるヘルメットはマディーロだけだと思います。

 

ランタンはソーラー充電で使い続けられるモデルを

斎藤さん:次はランタンについてご紹介します。ランタンの機能だけを持った商品では、キャリーサン「クールブライト スモール」がオススメです。これはソーラーパネルを使って充電できるので乾電池を用意する必要がありません。災害時に乾電池が手に入りにくい状況になったとしても使い続けることができます。

製品紹介

キャリーサン「クールブライト スモール」

 

本体価格
2,600円(税別)
重量
57g
明るさ
15~30ルーメン

 


斎藤さん:ランタンにプラスアルファの機能があるものを選ぶとすれば、ブラックダイヤモンド「アポロ」といった充電式ランタンがあると便利でしょう。このアイテムは本体の充電用ソケットの他に、蓄えた電気をスマートフォンといった小型電子機器に送ることができるUSBソケットを備えています。災害に関する情報収集やコンパス、地図、GPS機能など、スマートフォンを普段以上に使う可能性が高いので、バッテリーとしても使えるのは頼もしいです。

製品紹介

ブラックダイヤモンド「アポロ」

 

本体価格
7,100円(税別)
重量
350g
明るさ
225ルーメン

 


ライターY:アポロでスマートフォンをどのくらい充電できるのでしょうか?

斎藤さん:アポロは、2,600mAh(ミリアンペアアワー)のバッテリー容量があり、それをランタンと給電に振り分けることができます。ランタンのみの使用で電池寿命は90時間(低照度の場合)。ランタンで電池の30〜40%使うとして、残りを他の電子機器の充電に使うとしましょう。

ライターY:はい。

斎藤さん:スマートフォンのバッテリー容量は機種によって異なりますが、平均すると2,400mAhほど。そうすると、そのうちの65〜75%にあたる1,560〜1,820mAhぐらい充電することができる計算になります。

ライターY:なるほど、モバイルバッテリーとは別に、こういったバッテリーにもなるアイテムを持っていれば、より安心ですね。さて、次回、最終回。「テント泊装備で長期の避難生活に備える」というテーマでお送りしようと思います! 斎藤さん、今回もありがとうございました。

 

教えてくれた人

斎藤 勇一(さかいやスポーツシューズ館)

アウトドア、ヤマの業界で25年超の経験を持つ長老的存在(笑)。
シューズ系の売り場に長く在籍し、さまざまな登山者の足元を見続けたせいで、その人の姿勢や歩き方から身体のクセなどを見抜くイヤらしいヤツ。
アウトドアスポーツ全般をこなすが、最近はイマドキ流行りの軽量装備で一人テント泊登山を楽しむ。

さかいやスポーツ

創業以来、約60年にわたり神田神保町で全国の登山家やアウトドアマンに愛されている登山用品店。ウェア、シューズ、ギアなど品目別の専門館を6店舗展開。ウェアや道具に詳しいスタッフが丁寧に解説してくれるので、ビギナーでも安心。

住所/東京都千代田区神田神保町2-48
TEL/03-3262-0432
営業時間/11:00~20:00
アクセス/神保町駅A4出口より徒歩6分、JR中央・総武線水道橋駅東口より徒歩8分

同じテーマの記事
ザックのベルトやヒモの正しい扱い方、知ってます? ザックの選び方・使い方を基本から学ぼう!
どんなスタイルでも登山には欠かせないザック。その選び方についてカモシカスポーツ山の店・本店の横井さんにうかがうシリーズ第3弾。今回は「正しい背負い方と、ザックに付いているパーツの役割」、実は知らないことがあるザックの秘密に迫る。
中型・大型ザックを選ぶポイントは? 容量が大きくなれば、機能も選ぶポイントも増えてくる
登山道具の必需品であるザック。さまざまなサイズやデザインがずらりと並び、初心者はどれを手に取っていいか迷うところ。今回は、登山での汎用性が高い中型ザックと、テント泊にも挑める大型ザックの特徴や機能について聞いた。
ザックの選び方をもう一度、基本から――。山行スタイル別にサイズ選択を行おう!
登山の「三種の神器」とも言われるザック。山行スタイルや用途に合わせて選ぶ必要がある、ザックの基本的な考え方を伺った。1回目は、「登る山や期間に合わせてどんなザックを選ぶといいか」について探る。
登山中の膝・腰の不安を解消! サポートタイツ&グッズで登山を「サポート」しよう!
サポートタイツは膝痛などを文字通りサポートする「サポート機能」、疲労の軽減などの効果のある「着圧/コンプレッション機能」など、文字通り身体をサポートする。その視点をさらに広げると、登山者の体の安全をサポートするグッズはいろいろあることに気づく。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年12月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!