このエントリーをはてなブックマークに追加

グレゴリーのバックパック、ユーザーの一番人気は、やはり「バルトロ」

「みんなの山道具」ユーザーのおすすめ度調査
道具・装備 2018年12月12日

ヤマケイオンラインのユーザーが実際に使っている登山用品を投稿するコーナー「みんなの山道具」。この記事ではユーザー投稿を登山ブランドごとにピックアップし、人気順(投稿数順)にギアをまとめた。今回は「グレゴリーのバックパック」について紹介する。

文=佐藤慶典

関連コンテンツ

できるだけシンプルなデザインを選ぼう! 失敗しない中型ザック選び

山小屋泊デビューにもピッタリ! 軽快に山を歩けるザック

「バルトロ」&「ディバ」|多くの登山者を魅了する背負い心地

 

ユーザーのおすすめ度「みんなの登山道具」

男性用の「バルトロ(BALTORO)」、女性用の「ディバ(DEVA)」シリーズは、グレゴリーの数あるラインナップの中でも最上位に位置する大型バックパックです。

グレゴリーのこれまで培ってきたノウハウとテクノロジーを注ぎ込んだブランドの顔とも言える存在で、2008年の誕生以来、その機能性や耐久性、そして他に類を見ない優れたフィッティング性能により、多くの登山者を魅了してきました。

2018年12月現在の「バルトロ」のラインナップは、65L、75L、85L、「ディバ」は60L、70L、80L(ほかに「バルトロ95 PRO」もあり)となっていますが、過去には「バルトロ 55」、「ディバ 50」という中型に近いモデルもありました。

ただ、「バルトロ」と「ディバ」は、快適性を重視したハーネス類やサスペンションシステムなどを搭載したモデルです。ある程度荷物を背負ってこそ、真価が発揮される、いわゆるUL(ウルトラライト)とは対極にあるバックパックです。その意味で、55Lや50Lはラインナップから姿を消したのかもしれません。

発売から10年を迎え、2018年にフルモデルチェンジした「バルトロ」と「ディバ」は、デザイン面の変更により、使い勝手の向上や軽量化が達成されています。

大きな変更点はフロントのポケット。前モデルは縦ファスナーのフロントポケットを装備していましたが、現行モデルでは、上部から荷物が出し入れできるシンプルなストレッチニットのポケットへ変更され、直感的に使いやすくなりました。

また、全体のシルエットがややスリムになったことで、腕を振りやすくなりました。さらに、小物を分別収納できる仕切りで分けられた「ダブル・バレル」ポケットを採用するなど、使い勝手がアップしています。

前モデルのバルトロで好評だった背面の「レスポンスA3サスペンション」はそのままに、「蒸れを軽減してほしい」というユーザーの声に応え、バックパネルを肉抜きした「マトリクス換気型バックパネル」を搭載。ハーネス類もメッシュ素材に変更するなどし、約10%の軽量化を達成しています。給水リザーバー(ハイドレーションバッグ)兼用のサブザック付き。

「ハイドレーション兼用のサブザックは、例えば前穂高岳で紀美子平から山頂を往復する時のようなアタックザックを想定するが、テント場での水運び、バスや鉄道での移動時に手元に置きたい貴重品や小物類、小型カメラ、本や飲み物などを入れるのにちょうど良い」

やまっち さんの「みんなの山道具」より

食材も携行したテント泊やアルプス縦走、雪山登山など、中型のバックパックでは対応しきれない山行へとステップアップする際に、ぜひ試してもらいたいモデルのひとつです。

価格もトップレベルですが、ハイエンドモデルならではのサイズ調整機構により、オーダーメイドしたような抜群の背負い心地が得られます。この「バルトロ」と「ディバ」を基準に、フィッティングや使い勝手、動きやすさ、価格などをチェックすると、大型バックパック選びがしやすくなるでしょう。

「バルトロ」&「ディバ」で行った山行記録

製品情報

グレゴリー「バルトロ65」

価格
39,000円(税別)
サイズ
S、M、L(税別)
容量
65L(M)
カラー
3色

グレゴリー「ディバ60」

価格位
39,000円(税別)
サイズ
XS、S、M
容量
60L(M)
重量
2.05kg(M)
カラー
3色

「ズール」&「ジェイド」|シンプルに進化した人気モデル

 

ユーザーのおすすめ度「みんなの登山道具」

2015年までは「ゼット(Z)」、「ジェイド(J)」の名称でリリースされていたベストセラーモデル。2016年から設計を一新し、「ズール(ZULU)」「ジェイド(JADE)」として展開されています。

やや頭でっかちにもに見えた外観からシンプルでスマートな外観になり、デザイン的に特徴的だったフロントの縦ファスナーポケットを大型メッシュポケットに変更するなどの大幅なリニューアルには、賛否両論ありました。

グレゴリーのバックパックでは珍しい、バックパックの背面が弧を描き、パック背面と背中に空気が通る層を設けたベンチレーションタイプです。ズールは30L、35L、40L、55L、ジェイドは28L、33L、38L、53Lと細かいラインナップとなっています。

改良された背面構造「クロスフローDTSサスペンション」が、ユーザーの背中とパック背面に隙間を作り、その隙間を空気が循環することで背中の蒸れが抑制され、快適な背負い心地が持続するよう設計されています。

また、このサスペンションシステムでは、荷重がダイレクトに肩や腰へ伝えられるため、パックが体と一体化しやすく、ブレのない、安定した歩行も可能になります。

「病後の体力回復のため、登山を始める事にしたので、山ザックをはじめて買いました。
色々背負ってみた感じでは、グレゴリーとカリマーがしっくりしたのと、背面メッシュが欲しくなり、ズールが出たのもあり即決です。ウエストベルトは思った以上に楽に感じ、背面メッシュは涼しくて、凄く満足です」

ゆれる さんの「みんなの山道具」より

バックパックの背面がアーチを描くタイプは「重心が体から離れやすい」「荷室が寸胴でないためパッキングがしにくい」と言われることもしばしばですが、こと、ズールとジェイドに関しては、その指摘は当てはまりません。

それらのネガティブ要素を最小限に抑える工夫がなされています。重心や使い勝手を考慮し、アーチで生まれる隙間は広すぎず、狭すぎず、最適なスペースに設定されています。

しかも、X型に組み込まれたフレームは、テンションがかかると固くなるため、仮にパックの重量が増したとしても、背中とパック背面とのスペースがつぶれることはありません。

常に背中とパック背面にスペースがあるため、レインウェア着用時の背中の透湿性も確保されています。

グレゴリーの背負い心地のよさはそのままに、背中の快適性を優先したい人におすすめのモデルです。

「ズール」&「ジェイド」で行った山行記録

製品情報

グレゴリー「ZULU 40」

価格
24,000円(税別)
サイズ
S、M、L
容量
40L(M)
背面長
46〜51cm(M)
重量
1.5kg(M)

グレゴリー「JADE 38」

価格
24,000円(税別)
サイズ
XS、S、M
容量
38L(M)
背面長
46〜51cm(M)
重量
1.42kg(M)

「パラゴン」&「メイブン」|軽快に歩きたい人に向けた新モデル

 

ユーザーのおすすめ度「みんなの登山道具」

2017年にグレゴリーのラインナップに加わった「パラゴン(PARAGON)」(男性用)と「メイブン(MAVEN)」(女性用)。

先に紹介したハイエンドモデルの「バルトロ」と「ディバ」は、重厚、豪華といった言葉に象徴されますが、パラゴンとメイブンはライトウェイトにコンセプトを振ったモデルです。

ライトウェイトと言うと「クッション性が犠牲になっている」「フィッティングがいまいち」「使い勝手が悪い」というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、そこは背負い心地のグレゴリー。フィッティングや機能を犠牲にすることなく、バランスよく軽量化が図られています。

「とてもフィット感が良い。ちゃんと腰に荷重が載るザックなので、荷物が軽く感じられる。細部までよく考えられている。汗抜けも良く、重量も軽い」

kazukun さんの「みんなの山道具」より

パラゴンの展開は38L、48L、58L、68L、メイブンは35L、45L、55L、65Lと、中型から大型まで幅広くカバーしています。これらのラインナップの骨格を支えているのが、新開発の「エアロロン・サスペンション」です。アルミフレームと2層構造のフォームが背中にジャストフィットし、フィット感の高いショルダーハーネスとヒップベルトが荷重をしっかり受け止めます。背面やハーネス類は大胆に肉抜きされているため、蒸れが抑制され、軽快な背負い心地を実現します。

フロントとサイドには大きなメッシュのポケット、雨蓋には大小2つのポケット、両ヒップベルトにもポケットを装備。さらに、中型以上のモデルにあるとうれしい、上部以外から荷室にアクセスできるボトムファスナーや、ストックホルダーやサングラスホルダーも付いていて、使い勝手にも優れています。

背面長の展開は2サイズですが、バックパネルの面ファスナーで10cm程度の背面長の無段階調節ができるため、ほとんどの人にフィットするはずです。

「背面長も無段階調節可能なので、妻に貸す時もM/Lサイズでいけた」

山野けいすけ さんの「みんなの山道具」より

「パラゴン」&「メイブン」で行った山行記録

製品情報

グレゴリー「パラゴン48」

価格
26,000円(税別)
サイズ
MD / LG、SM / MD
容量
48L
重量
1.45kg
カラー
3色

グレゴリー「メイブン45」

価格位
26,000円(税別)
サイズ
SM / MD、XS / SM
容量
45L
重量
1.39kg
カラー
3色

※掲載した情報は、2018年12月現在のものです

登山グッズ ザック
同じテーマの記事
「ミレー」のリュックはアルパインブランドのワザ光る「サースフェー」が人気
「ティフォン 50000 ストレッチ」シリーズや「ドライナミックメッシュ」シリーズなど、ウェアでも話題の多いミレーだが、リュック(ザック)でヤマケイオンラインユーザーが使っている製品は何だろうか。この記事では「みんなの山道具」のユーザー投稿から「ミレー」の「リュック」をピックアップした。
サロモン「シューズ」は軽量ミッドカットモデルにユーザーの人気集まる
トレイルランニングシューズや軽量トレッキングブーツのイメージが強いサロモンだが、ヤマケイオンラインのユーザーに人気のシューズは何だろうか。投稿コーナー「みんなの山道具」からユーザーの声をピックアップし、製品について、さかいやスポーツ 斎藤さんに解説してもらった。
スカルパ「登山靴」のユーザー人気は「トリオレ プロ」、どこが魅力?
スカルパの「登山靴」でヤマケイオンラインのユーザーに人気の商品は何だろうか。投稿コーナー「みんなの山道具」からユーザーの声をピックアップし、その製品について、さかいやスポーツ 斎藤さんに解説してもらった。
スポルティバ「登山靴」のユーザー人気は定番の「トランゴ」
スポルティバの「登山靴」でヤマケイオンラインのユーザーに人気の商品は何だろうか。投稿コーナー「みんなの山道具」からユーザーの声をピックアップし、その製品について、さかいやスポーツ 斎藤さんに解説してもらった。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!